胸腔ドレナージとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 胸腔ドレナージの意味・解説 

胸腔ドレナージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/24 23:24 UTC 版)

胸腔ドレナージ(Chest tube、胸腔ドレーン、胸部カテーテル、肋間ドレーン)は、胸壁を切開し、胸腔にチューブを挿入する医療技術である。主に何らかの疾患によって胸腔内に溜まった余分な空気、体液(胸水、血液、胆汁)、膿胸などの分泌液を体外に排出するための処置として行われる[1]


  1. ^ Noppen, M. (2002). “Manual Aspiration versus Chest Tube Drainage in First Episodes of Primary Spontaneous Pneumothorax: A Multicenter, Prospective, Randomized Pilot Study”. American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine 165 (9): 1240–1244. doi:10.1164/rccm.200111-078OC. ISSN 1073-449X. PMID 11991872. 
  2. ^ “Hepatic hydrothorax is a relative contraindication to chest tube insertion”. The American Journal of Gastroenterology 81 (7): 566–567. (July 1986). PMID 3717119. 
  3. ^ Brunelli, A et al. (2011). “Digital measurements of air leak flow and intrapleural pressures in the immediate postoperative period predict risk of prolonged air leak after pulmonary lobectomy”. Eur J Cardiothorac Surg 39 (4): 584–588. doi:10.1016/j.ejcts.2010.07.025. 
  4. ^ Archived copy”. 2010年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月19日閲覧。
  5. ^ http://www.medgadget.com/2016/08/pleuraflow-pediatric-cardiothoracic-surgery-chest-tubes.html


「胸腔ドレナージ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「胸腔ドレナージ」の関連用語

胸腔ドレナージのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



胸腔ドレナージのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの胸腔ドレナージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS