生理学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 理学 > 生理学の意味・解説 

せいり‐がく【生理学】

読み方:せいりがく

生命現象物理的化学的手法によって研究する学問


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/27 14:44 UTC 版)

生理学(せいりがく、英語: physiology)は、生命現象を機能の側面から研究する学問[1][2]フランス医師・生理学者であるジャン・フェルネルフランス語版英語版によりこの概念が導入された。


  1. ^ 生理学の動向と展望 1.はじめに (平成9年6月20日)”. 日本学術会議 生理学研究連絡委員会 (1997年6月20日). 2002年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。
  2. ^ 各大学の医学系講座における生理学の定義をまとめてある。生物学って?”. 滋賀医科大学第一生理学講座. 2002年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 東洋療法学校協会編 『生理学 第3版』医歯薬出版、2014年、2頁。 
  4. ^ The Society’s history | Physiological Society”. web.archive.org (2017年2月14日). 2021年11月16日閲覧。
  5. ^ Welcome to APS” (英語). Default. 2021年11月16日閲覧。


「生理学」の続きの解説一覧

生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:06 UTC 版)

ラディオドンタ類」の記事における「生理学」の解説

ラディオドンタ類全般的に遊泳性(nektonic)の海棲動物であり、これは更に種類によって活動的な遊泳性遠洋性、pelagic)から穏やかな遊泳底生性(nektobenthic、底生性に近い遊泳性)まで多岐していたと考えられる後述)。各胴節に並んだ setal blades呼吸器として広く認められており、保存状態良い化石見られる皺は表面積増したため、その呼吸効率上げ特徴と考えられるまた、大小の同種由来脱落した硬組織前部付属肢甲皮・歯)の化石群れ発見される例が多く見られることにより、ラディオドンタ類他の一部の節動物例え三葉虫)のように、群れ海底集まって脱皮行ったことも示唆される発生学情報限られているが、少なくともライララパクス幼生成体と同じ肉食性であることと、カンブロラスター甲皮の形は成長段階によって若干異なることが、同種由来化石相違点示される

※この「生理学」の解説は、「ラディオドンタ類」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ラディオドンタ類」の記事については、「ラディオドンタ類」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 15:05 UTC 版)

リンゴ酸」の記事における「生理学」の解説

ラットにおいてリンゴ酸はごく少量しか血液脳関門(BBB)を通過しない示唆されている。 小規模な実験ではクエン酸同様、尿のpH上昇させ尿中クエン酸排出増やすとする報告がある。

※この「生理学」の解説は、「リンゴ酸」の解説の一部です。
「生理学」を含む「リンゴ酸」の記事については、「リンゴ酸」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 14:31 UTC 版)

単球」の記事における「生理学」の解説

単球は、骨髄の単芽球呼ばれる前駆細胞から生産される単芽球は、造血幹細胞から分化する単球血流中で1-3日循環し次いで通常体内組織移動する単球は、血液中白血球3-8%を占める。単球半数は、脾臓の中のred pulp's Cords of Billroth脾臓の中の一部の名称)」でかたまって予備として貯蔵されている。単球いろいろな組織で、異なタイプマクロファージ成熟する単球は、血液含まれる最大の細胞である。 血流から他の組織移動する単球は、組織常在するマクロファージまたは樹状細胞分化するマクロファージ組織異物から保護する役割担っているが、心臓や脳などの重要な器官形成にも重要である考えられている。マクロファージは、大きな平滑をもち、細胞質が広い領域占め異物処理するために多くの小胞細胞内部にもっている単球およびマクロファージ樹状細胞は、免疫系において3つの主要な機能果たす。 食作用抗原提示、およびサイトカイン産生である。 食作用では、微生物および粒子取り込みその物質の消化および破壊をする。 単球は、病原体認識するパターン認識受容体を介して直接微生物結合することに加えて病原体結合する抗体または補体などの中間タンパク質目印食作用ができる。 そのように標識されることをオプソニン化という。単球は、抗体依存性細胞障害細胞毒性使って感染宿主細胞死滅させるともできる。Vacuolization(異物入っている小胞)は、異物食作用取り込んで間もない細胞存在する他の細胞によって産生され多くの因子が、単球走化性その他の機能調節するこれらの因子典型的な例ケモカインである。ケモカインには単球走化性タンパク質-1(monocyte chemotactic protein-1)および単球走化性タンパク質-3(monocyte chemotactic protein-3)(CCL7)などがある。 食作用での消化後に残っている微生物断片は、抗原として役立ち得る。断片MHC分子に取込まれ単球(およびマクロファージおよび樹状細胞)の細胞表面輸送される。この過程抗原提示呼ばれTリンパ球活性化もたらしTリンパ球抗原に対する特異的免疫応答を行う。他の病原体成分は、単球直接活性化することができ、まずは炎症性サイトカインの、そして後に抗炎症性サイトカイン生成もたらす単球によって産生され典型的なサイトカインは、TNFIL-1、およびIL-12である。

※この「生理学」の解説は、「単球」の解説の一部です。
「生理学」を含む「単球」の記事については、「単球」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 00:11 UTC 版)

伝達」の記事における「生理学」の解説

電子・化物質刺激などを生体内受け渡すことシグナル伝達 - 生体内での刺激伝達シナプス関与する物が知られるがそれに限らない電子伝達系

※この「生理学」の解説は、「伝達」の解説の一部です。
「生理学」を含む「伝達」の記事については、「伝達」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/13 15:53 UTC 版)

1,5-アンヒドロ-D-グルシトール」の記事における「生理学」の解説

1,5-AGは殆ど全ての食品含まれ食事によって摂取される。ほぼ100%代謝されること無く血中体組織中に一定量蓄積される血中の1,5-AGは腎臓糸球体濾過され近位尿細管再吸収される。定常状態では、摂取した量と同量の1,5-AGが排出され血中・組織中濃度一定保たれる血糖値が180mg/dLを超えない場合は、この定常状態有る糖尿病患者血糖値が180mg/dLを超えると、腎臓グルコース再吸収できず、尿中に糖が排出されるこの時腎臓中のグルコースが1,5-AGの再吸収競争的に阻害するので、1,5-AGの尿中排泄増加し血中1,5-AG濃度速やかに低下する高血糖状態が是正されると、1,5-AGは再度吸収されるようになり、0.3µg/mL/日の速度正常値に戻る。高血糖(180mg/dL以上)でない状態が2〜4週間継続すると、血中1,5-AG値は正常値に戻る。

※この「生理学」の解説は、「1,5-アンヒドロ-D-グルシトール」の解説の一部です。
「生理学」を含む「1,5-アンヒドロ-D-グルシトール」の記事については、「1,5-アンヒドロ-D-グルシトール」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/04 05:08 UTC 版)

ミード酸」の記事における「生理学」の解説

ヒト他の哺乳類必須脂肪酸(EFA)を必要とするEFA、特にアラキドン酸欠乏すると、身体オレイン酸不飽和化伸長によってミード酸作るそのため、ミード酸EFA欠乏インジケーターとなる。EFA欠乏疑われる脂質吸収不良患者調べたところ、彼らのミード酸血中濃度通常値と比較して1263%であった

※この「生理学」の解説は、「ミード酸」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ミード酸」の記事については、「ミード酸」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/17 16:04 UTC 版)

ビリベルジン」の記事における「生理学」の解説

ビリベルジン基本的にヘム分解に際して中間体で、古い赤血球処理されヘモグロビン分解され後にできる。ヘモグロビンマクロファージによって分解されそのうちヘムはさらにヘムオキシゲナーゼによりFe2+、一酸化炭素ヘムポルフィリン環開環されて直線状4つピロール環連なったテトラピロール一種である緑色ビリベルジン分解される。さらにビリベルジンビリベルジンレダクターゼにより還元され赤褐色の胆汁色素であるビリルビンとなる。草食動物では胆汁色素としてビリベルジンの方が多い。 ヘムオキシゲナーゼによる反応は、次のとおりである。 ヘム + NADPH + H+ + 3 O2ビリベルジン + Fe2+ + CO + NADP+ + H2O ヘム ビリベルジン ビリベルジンビリベルジンレダクターゼBVR)によりビリルビン還元されるビリベルジンレダクターゼBVRビリベルジン -----------------> ビリルビン / | H+ + NADPH NADP+

※この「生理学」の解説は、「ビリベルジン」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ビリベルジン」の記事については、「ビリベルジン」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/05 23:21 UTC 版)

ヘンレ係蹄 (下行脚)」の記事における「生理学」の解説

ヘンレ係蹄下行脚における物質透過率以下の通りである。 物質透過イオン透過率低くナトリウムイオン塩化物イオン透過しにくい。 尿素適度に透過する水分容易に透過する水分ヘンレ係蹄下行脚において容易に再吸収される。 また、髄質部の細胞間液は、濃縮されヘンレ係蹄上行脚による)、髄質部と下行脚との間に大きな浸透圧生じる。このため下行脚で尿は劇的に濃縮される。下行脚における浸透圧は300mOsmol/Lから1400mOsmol/Lまで達する。

※この「生理学」の解説は、「ヘンレ係蹄 (下行脚)」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ヘンレ係蹄 (下行脚)」の記事については、「ヘンレ係蹄 (下行脚)」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 04:06 UTC 版)

睡眠相後退症候群」の記事における「生理学」の解説

詳細は「概日リズム睡眠障害を参照 DSPS体の時間調節機能生体時計障害である。体が日々、睡眠覚醒時計調節する能力弱くなっていることが原因である考えられている。DSPS患者は、通常より長い概日リズム周期を持っているか、または光によって体内時計調節される反応弱くなっているのかもしれない通常の概日リズムを持つ人は、前日に十分睡眠をとれていない場合は、夜になればすぐに眠ることができる。早く眠れば自動的に体内時計前進することになる。これとは対照的にDSPS患者は、たとえ断眠後でも、彼らが普段眠る時刻になるまでは眠ることができない普通の人違ってDSPS患者概日リズムは、断眠によって調節されない研究によって示されたDSPS患者は彼らの体内時計位相一般社会のそれは異なっているため、寝起きすることに困難を感じる。夜間勤務体調合わない通常の人にも同様の症状が現れるDSPS患者メラトニン分泌深部体温最低値など睡眠覚醒サイクル対応する概日リズム指標にも遅れが見られる眠気自発的な目覚めなどの体内時計指標はすべて同じ時間だけ遅れている。非低下血圧型 (Non-dipping blood pressure patterns) (一日血圧変化において、昼間に対する夜間の血圧低下10%未満少ない型)も、社会的に受け入れがたい睡眠覚醒サイクルと同時に見られ場合は、DSPS関係がある多くの場合DSPS患者体内時計の異常の原因は分からないDSPS家族性である傾向があるDSPSにhPer3 (human period 3) 遺伝子関与しているという証拠増えて来ているDSPS非24時間睡眠覚醒症候群頭部外傷後に発生したいくつかの症例報告されている。 DSPS非24時間睡眠覚醒症候群毎日眠る時刻遅れてゆく病。DSPSより重篤で患者衰弱させる)に発達した例もいくつかある。

※この「生理学」の解説は、「睡眠相後退症候群」の解説の一部です。
「生理学」を含む「睡眠相後退症候群」の記事については、「睡眠相後退症候群」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/08 02:49 UTC 版)

遠位尿細管」の記事における「生理学」の解説

カリウムナトリウムカルシウムpH変位には規則性がある。 炭酸水素塩吸収し濾過プロトン水素イオン)を分泌することによってpH調節している。 ナトリウムカリウム濃度は、カリウムイオン吸収ナトリウムイオン分泌によって制御されている。遠位尿細管によるナトリウム吸収は、アルドステロンによって制御されている。アルドステロンは、ナトリウム再吸収増加させる作用を持つ。ナトリウム塩素再吸収は、WNKキナーゼ呼ばれる一群キナーゼによっても触媒される。WNKキナーゼには、WNK1、WNK2、WNK3、WNK4の4つがある。WNK4はアドレナリンβ2レセプター糖質コルチコイドによって制御されている。 カルシウムイオン濃度は、副甲状腺から分泌されるパラトルモンによって制御されている。 遠位尿細管では、アルギニンバソプレシン受容体2(英語版)(AVPR2)も作用する

※この「生理学」の解説は、「遠位尿細管」の解説の一部です。
「生理学」を含む「遠位尿細管」の記事については、「遠位尿細管」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/20 22:17 UTC 版)

ピノレン酸」の記事における「生理学」の解説

近年の研究で、コレシストキニンGLP-1などの食欲減退物質産生促進することによる食欲減退効果見出された。また、肝臓のLDL取込み促進することで、悪玉コレステロール濃度低下させる作用を持つ。

※この「生理学」の解説は、「ピノレン酸」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ピノレン酸」の記事については、「ピノレン酸」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 00:11 UTC 版)

睡眠」の記事における「生理学」の解説

脳の覚醒脳内ヒスタミンにより齎されており、脳内ヒスタミン妨害することで脳は睡眠へと導かれる脳内ヒスタミン妨害する物質には、ATP代謝物アデノシンがある。抗ヒスタミン剤成分一部にも脳内ヒスタミン妨害行い眠気誘発するものがあるまた、プロスタグランジンD2英語版)は、脳内アデノシン量を増やし眠気誘発する睡眠誘発物質アデノシンは、アデノシンデアミナーゼにより代謝されることでイノシンとなるが、脳脊髄中のイノシンの量は不眠バイオマーカー一つとされる。またアデノシンは、アデノシンキナーゼによりアデノシン三リン酸 (ATP)からリン酸一つ貰い受けアデニル酸 (アデノシン一リン酸)へと戻るが、ATP生成補助する物質コエンザイムQ10摂取俗に悪夢増やすと言われている。[要出典] また、ショートスリーパーはDEC2遺伝子変異関係するとされるが、DEC2遺伝子ATP消費による脂質形成 (同化)を抑制するとされる。DEC2は、低酸素態で発現するとされるビタミンB群睡眠影響を与えるとされる。豪アデレード大学実験によればビタミンB6摂取夢の覚えている量を増やす一方ビタミンB6を含むビタミンB複合体摂取夢の覚えている量を増やさない上に睡眠の質を下げ効果があるという結果出ている。 その他、脳内シナプス蛋白質リン酸化進行眠気関係するという説が存在する日中眠気は、アルツハイマー病リスクが高いことを示している可能性がある

※この「生理学」の解説は、「睡眠」の解説の一部です。
「生理学」を含む「睡眠」の記事については、「睡眠」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/17 06:34 UTC 版)

視索上核」の記事における「生理学」の解説

ラット視索上核単一ニューロン活動電気的に記録できる。この神経分泌ニューロン下垂体後葉電気刺激により逆行性活動電位を示すので同定される視索上核同定し神経分泌ニューロン二種類発火パタンを示す。ひとつは相的(phasic)発火パタンをしめすニューロンでこれはバゾプレシン分泌ニューロン分かっているもうひとつ連続的発火パタンを示すニューロンこれらの大部分はオキシトシン分泌ニューロンわかっている。このバゾプレシン分泌ニューロンは、高張食塩水投与する選択的に発火頻度上がるオキシトシン分泌ニューロン乳房内圧上がる直前選択的に発火頻度上がる

※この「生理学」の解説は、「視索上核」の解説の一部です。
「生理学」を含む「視索上核」の記事については、「視索上核」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 06:14 UTC 版)

第VIII因子」の記事における「生理学」の解説

第VIII因子糖タンパク質であり、補因子前駆体である。ヒトにおける血流への放出主要部位は正確に判ってないものの血管糸球体尿細管内皮細胞肝臓の類洞細胞で合成され血流放出される遺伝子異常によって第VIII因子作れいために起こ血友病Aは、肝移植によって回復することが知られている肝細胞移植効果がないが、肝臓の内皮細胞移植効果があるこのように肝臓第VIII因子産生強く関与しているように見えるしかしながら肝臓機能低下すると、一般に肝臓で合成されるタンパク質も量が減ってくるのに対して第VIII因子肝臓病影響を受けない。むしろ、肝臓機能低下した状況下では、第VIII因子血漿中の濃度は、多くの場合上昇している。 第VIII因子は、血中で主にvon Willebrand因子安定な非共有結合性の複合体形成して循環するトロンビン (第IIa因子) による活性化に伴い第VIII因子は第VIIIa因子変換されて、この複合体から解離し、第IXa因子相互作用する。第VIIIa因子は第IXa因子補因子として第X因子活性化関与する第X因子活性化され第Xa因子は、第Va因子補因子としてより多くのトロンビン活性化するトロンビンフィブリノゲンフィブリン切断しフィブリン多量体化し第XIII因子によって架橋されて、これが血球絡め捕ることで血栓形成される活性化されVIII因子von Willebrand因子によって保護されていないので、主に活性化されプロテインCと第IXa因子によるタンパク質分解によって不活性化され、血流中から素早く除去されるこれによって血液凝固反応異常に亢進することを防いでいる。 第VIII因子結合タンパク質である一方欠乏第VIII因子活性増大もたらすことが報告されており、これはプロテインC活性相対的に低下するためと推測されている。

※この「生理学」の解説は、「第VIII因子」の解説の一部です。
「生理学」を含む「第VIII因子」の記事については、「第VIII因子」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 01:33 UTC 版)

ファブリキウス嚢」の記事における「生理学」の解説

骨髄B細胞までの分化決定が行われる哺乳類とは違い鳥類では骨髄分化したB細胞前駆細胞ファブリキウス嚢にてB細胞へと最終分化する少なくともニワトリ Gallus gallus domesticusでは免疫グロブリン遺伝子再構成起こる。その過程遺伝子変換により行われ多様化する遺伝子変換鳥類ウサギなどに特有な免疫グロブリン遺伝子多様性生み出す機構である。 胸腺などとともに一次リンパ系器官中枢リンパ系器官)の一つであり、出生時前や直後に摘除する著し免疫不全引き起こす哺乳類相当する器官骨髄であるとされる

※この「生理学」の解説は、「ファブリキウス嚢」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ファブリキウス嚢」の記事については、「ファブリキウス嚢」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 07:18 UTC 版)

コレステロール」の記事における「生理学」の解説

コレステロール生体の細胞膜必須成分であり、また動脈硬化症危険因子として、ヒトにおけるコレステロールの生理学は注目集めている。 まず、コレステロール含有することでリン脂質より構成される脂質二重膜は、生体膜特有のしなやかさ発現する。そして、コレステロールから代謝産生されステロイドホルモン類は、細胞核内の受容体タンパク質結合して転写因子となり遺伝子の発現制御する複雑な体制を持つ多細胞動物体内では、コレステロール胆汁酸リポタンパク質など輸送分子と共に複合体形成して移送される。そして、どの輸送分子組み合わされているかによって、どの組織からどの組織移送されるのかが制御されている。 コレステロールに関する研究ではコンラート・ブロッホフェオドル・リュネンコレステロールと脂肪代謝の調節機序解明した功績1964年ノーベル生理学・医学賞受賞している。

※この「生理学」の解説は、「コレステロール」の解説の一部です。
「生理学」を含む「コレステロール」の記事については、「コレステロール」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 09:02 UTC 版)

第XIII因子」の記事における「生理学」の解説

ヒト第XIII因子Aサブユニットは主に血小板他の骨髄由来細胞で合成されるBサブユニット肝細胞から血中分泌されるAユニットBユニット血中組み合わせられヘテロ四量体形成する血漿中のヘテロ四量体濃度1448 mg/lで、半減期は9–14日である。 第XIIIa因子によって安定化されていない血栓は5 mol/L尿素溶解するが、安定化された血栓ではこの現象起こらない

※この「生理学」の解説は、「第XIII因子」の解説の一部です。
「生理学」を含む「第XIII因子」の記事については、「第XIII因子」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 06:46 UTC 版)

ソルビトール」の記事における「生理学」の解説

ソルビトールは、動物体内ではグルコースブドウ糖)をアルデヒド基還元によってソルビトールにした上で再度別のヒドロキシ基酸化しケトン基とすることでフルクトース果糖)を生成するポリオール経路)。そのため、精子活動時栄養源として精液中のフルクトース合成する精嚢内にその存在確認されている。 ヒト糖尿病性神経障害原因のひとつが、神経ソルビトール溜まることであると考えられている。アルドース還元酵素によりソルビトール作られるので、「アルドース還元酵素阻害薬」というでこの酵素働き抑えて生成されないようにしている。

※この「生理学」の解説は、「ソルビトール」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ソルビトール」の記事については、「ソルビトール」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 14:23 UTC 版)

第VII因子」の記事における「生理学」の解説

第VII因子主要な役割は、組織因子(第III因子とともに凝血過程開始することである。組織因子血管外に位置し通常血流曝露していない。血管損傷に伴って組織因子血液とそこを循環する第VII因子曝される第VII因子組織因子結合すると、さまざまなプロテアーゼによって第VIIa因子へと活性化される活性化を行うプロテアーゼにはトロンビン(第IIa因子)、第Xa因子、第IXa因子、第XIIa因子があり、そして組織因子-第VIIa因子複合体自身によっても活性化される組織因子-第VIIa因子複合体は、第IX因子第X因子活性化プロテアーゼそれぞれIXa因子第Xa因子)への転換触媒する第VII因子作用は、凝血開始直後に放出される組織因子経路インヒビター英語版)(TFPI)によって阻害される。 第VII因子ビタミンK依存的因子であり、肝臓産生される。

※この「生理学」の解説は、「第VII因子」の解説の一部です。
「生理学」を含む「第VII因子」の記事については、「第VII因子」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 00:16 UTC 版)

糖質コルチコイド」の記事における「生理学」の解説

糖質コルチコイド作用は、大きく分けて免疫系代謝系2つ分類されるまた、糖質コルチコイドは、胎児発育体液恒常性にも重要な役割果たしている。 中枢神経に対して成長ホルモン分泌抑制を、肝臓に対してインスリン様成長因子発現抑制もたらし全身での細胞増殖成長抑制するACTHにより制御され血中濃度には日内変動みられる

※この「生理学」の解説は、「糖質コルチコイド」の解説の一部です。
「生理学」を含む「糖質コルチコイド」の記事については、「糖質コルチコイド」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 09:44 UTC 版)

ペプトン」の記事における「生理学」の解説

生理的には、食事由来タンパク質が胃でペプシンにより消化されものである。これはさらに膵臓分泌される膵液空腸分泌される腸液により、アミノ酸消化される1836年テオドール・シュワン消化酵素ペプシン存在提唱したあと、ペプシンによる化学変化明らかにようとしたLouis Mialheは、1846年ペプシン作用アルブミン動物膜を透過可能な物質変化することを示し、これにalbuminosesあるいはalbumosesと名付けた同じもの1849年にカール・ゴットヘルフ・レーマン(ドイツ語版)がペプトン名付け、さらにFriedrich Wilhelm Kühneとその弟子たちによって、ペプトン化学的に不均質混合物であることが示された

※この「生理学」の解説は、「ペプトン」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ペプトン」の記事については、「ペプトン」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 04:19 UTC 版)

線維症」の記事における「生理学」の解説

線維化は、刺激され線維芽細胞コラーゲングリコサミノグリカンなどの結合組織形成することに関与する点で、瘢痕化プロセスに似ている。このプロセスは、マクロファージなどの免疫細胞線維芽細胞刺激する可溶性因子放出したときに開始される最もよく特徴付けられる線維化促進メディエーターTGF-βであり、これはマクロファージだけでなく、間質呼ばれる表面間の損傷組織によって放出される線維化他の可溶性メディエーターには、CTGF(英語版)、血小板由来成長因子PDGF)、およびインターロイキン-10英語版)(IL-10)が含まれる。これらは、AKT/mTOR経路SMAD経路などのシグナル伝達経路開始し最終的に線維芽細胞増殖活性化つながり細胞外マトリックス周囲の結合組織沈着させる。組織修復のこのプロセス複雑であり、細胞外マトリックスECM)の合成と分解厳密に制御することで、正常な組織構造維持される。このプロセス全体は、必要なものではあるものの、組織損傷重度または反復性である場合創傷治癒反応自体調節に異常が生じた場合には進行性不可逆的な線維化反応引き起こす可能性がある

※この「生理学」の解説は、「線維症」の解説の一部です。
「生理学」を含む「線維症」の記事については、「線維症」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 14:33 UTC 版)

異種移植」の記事における「生理学」の解説

動物臓器用いてヒト臓器生理学的に置き換えるためには、さらに研究必要であるサイズ - 臓器サイズにより、異種移植潜在的なレシピエント範囲制限される寿命 - ほとんどのブタ寿命はおよそ15年だが、現在のところ異種移植それよりも長く使える可能性があるかどうか不明ホルモンタンパク質違い - ヒトブタでは、一部タンパク質分子的相容れないため、重要な調節プロセス機能不全引き起こす可能性がある肝臓は非常に多くのタンパク質産生重要な役割を果たす。この問題により、肝臓の異種移植は、可能性が低いとされ、あまり期待されていない環境 - たとえば、ブタ心臓は、ヒトとは異な解剖学的な環境にあり、異な圧力はたらいている。 温度 - ブタ体温39 であり、ヒト平均体温より2 高い。これが問題となる知見は、現在のところ知られていない

※この「生理学」の解説は、「異種移植」の解説の一部です。
「生理学」を含む「異種移植」の記事については、「異種移植」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 16:06 UTC 版)

視床下部-下垂体-甲状腺軸」の記事における「生理学」の解説

甲状腺恒常性は、ほぼ全ての高等脊椎動物有する多重フィードバックループシステムによって実現されている。この制御正しく機能する事は成長細胞分化生殖知能の発達不可欠である極少数の動物メキシコサンショウウオナマケモノ等)では恒常性損なわれているため甲状腺ホルモン濃度極端に低くこれらの動物代謝個体発生における特殊性要因となっていると考えられる下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンTSHThyroid Stimulating Hormone)は、甲状腺刺激してチロキシンT4)を分泌させる。この時トリヨードチロニンT3)も分泌されるが、T3大部分は肝臓脂肪組織グリア細胞骨格筋などの末梢器官で、循環しているT4からの脱ヨウ素化により生成される。脱ヨウ素化TSHバソプレッシンカテコールアミン等の多くのホルモン神経信号によって制御されている。 T3T4はいずれ下垂体からのTSH分泌抑制しネガティブフィードバック)、結果として全てのホルモン濃度平衡達する。 TSH分泌甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンチロリベリン、Thyroliberin, TRH)によっても制御されており、TRH分泌脳脊髄液中のT4T3によって抑制される長周期フィードバックFeketeLechanループ)。その他のフィードバックループとしては、TSH分泌の超短周期フィードバック制御(Brokken-Wiersinga-Prummelループ)、血漿タンパク結合制御による線形フィードバックループがある。 最近の研究では、ヒトにおいてTSH分泌デヨージナーゼ活性結びつける追加のフィードフォワード(英語版)(予測制御因子存在示唆された。このTSH-T3シャント存在は、甲状腺機能低下症患者デヨージナーゼ活性が高い理由や、極一部患者T3補充療法有効である理由説明するものであるT3サイトカインTSH受容体抗体などの複数求心性シグナルTSH放出制御関与していることは、遊離T4濃度TSHレベルの関係がこれまで提唱されてきた純粋な対数線形関係からずれている理由であると考えられる最近の研究では、グレリン直接またはネガティブフィードバックを介してT4産生刺激に続くTSH抑制引き起こしていることが示唆されている。

※この「生理学」の解説は、「視床下部-下垂体-甲状腺軸」の解説の一部です。
「生理学」を含む「視床下部-下垂体-甲状腺軸」の記事については、「視床下部-下垂体-甲状腺軸」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 22:48 UTC 版)

ゴルゴノプス亜目」の記事における「生理学」の解説

体表に関しては、軟組織であるので化石からの推定難しい。ただし、より古い形質を持つディノケファルス類エステメノスクス化石残されていた皮膚表面には存在しなかった。また、ゴルゴノプス類一部の属(レオントケファルスなど)では吻部骨格表面小さな窪み多数確認されている。これは、洞毛痕跡見られている。しかし、ヒトなど洞毛持たないものを除く全ての哺乳類発生段階において、洞毛後に体毛生じている事から、この段階において体毛獲得していたとは断定出来ない。が、ペルム紀獣弓類が「原毛」というべき構造備えていた可能性指摘されている。 これらの研究推測金子隆一(著)『哺乳類型爬虫類』が詳しいが、本書中には次のような記述がある。「恐らく、(基盤的単弓類体毛有無について)の問題に決着をつけるためには、ペルム紀後期肉食動物糞化石徹底的に調べその内容分析するがもっといい方法だろう。」そして同時に金子氏は、十中八九ゴルゴノプス類のものとされる糞化石(餌食となった生物の骨が噛み砕かれて混ざっている)についても言及し、糞の内容物から犠牲者身元特定するのは難しともしていた。 だが2011年遂にゴルゴノプス類のものとされる糞化石研究報告なされたそこから獲物とされるディキノドン類爬虫類骨片魚類の鱗などが複数見つかっただけに留まらず、何者か体毛らしき痕跡見つかったらしい。これが正しければ当時単弓類中には既に体毛を持つ種類がいたことになる。(系統考えればディキノドン類体毛があった場合、さらに派生的な獣歯類には体毛があったはずである。) ゴルゴノプス G. whaitsi 頭骨 スクトサウルスを襲うイノストランケビア

※この「生理学」の解説は、「ゴルゴノプス亜目」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ゴルゴノプス亜目」の記事については、「ゴルゴノプス亜目」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 16:53 UTC 版)

脂肪組織」の記事における「生理学」の解説

遊離脂肪酸は、リポ蛋白質リパーゼ(LPL)によってリポ蛋白質から「放出され」て、脂肪細胞に入る。そこで、それは、グリセロールとともにエステル化されることによって、トリグリセリドへと再構成される。 脂肪細胞には、トリグリセリド維持における重要な生理的役割インスリン耐性遊離脂肪酸水準決定する役割がある。 腹部脂肪内臓脂肪)では、代謝抑制するという代謝、すなわちインスリン耐性皮下脂肪比して強く誘導する傾向が、近年内分泌機能検討により明らかとなりつつある。これは、内臓肥満耐糖能障害マーカーであり、心血管疾患独立した危険因子(糖尿病高血圧をはじめとして、引き起こされる疾患メタボリックシンドロームと呼ぶ)であることを示唆する脂肪組織より分泌されるホルモン アディポネクチン レジスチン アンギオテンシン PAI-1(血液凝固参照) TNF-α IL-6 レプチン VEGF bFGF ヒト幼児いくつかの動物には、褐色脂肪または褐色脂肪組織呼ばれる特異化した形の脂肪組織があり、主に首の周りと胸郭の大きな血管位置する。 この特異化した組織ミトコンドリアにおける酸化的リン酸化呼吸鎖途中で離す」、具体的にミトコンドリア内膜両側生じた水素イオン濃度勾配ATP生産使わず脱共役剤作用を示す共役タンパクUCP)を通すだけで解消することで、脂肪酸分解し発熱することができる。 この熱発生過程は、寒ささらされても、体を暖める為に震えたり、自らを暖かく保つための他の方法をとる事ができない新生児では重大であるだろう。 この過程薬理学的刺激する試みは、今までのところ、失敗しているが将来減量療法目標であるだろう。

※この「生理学」の解説は、「脂肪組織」の解説の一部です。
「生理学」を含む「脂肪組織」の記事については、「脂肪組織」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/09 23:21 UTC 版)

ストレッサー」の記事における「生理学」の解説

ストレッサー存在する生体各種ストレスホルモン分泌増加させ、ストレッサーに対する防衛機構働かせる。これをストレス反応と呼ぶ。この反応強すぎる適応不全症候群引き起こす原因となる

※この「生理学」の解説は、「ストレッサー」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ストレッサー」の記事については、「ストレッサー」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 02:31 UTC 版)

アネトール」の記事における「生理学」の解説

アネソール咳止め去痰薬)として作用する。弱い抗菌剤としても働く。弱い毒性持ち大量に摂取する有害な作用もたらすこともあるとされるラット用いた実験では、肝臓の再生能力活性化させ、高用量では鎮痙薬としても働くと報告されている。

※この「生理学」の解説は、「アネトール」の解説の一部です。
「生理学」を含む「アネトール」の記事については、「アネトール」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 10:20 UTC 版)

アエロステオン」の記事における「生理学」の解説

アエロステオンの骨にはpneumatisation(空気つまった空間)を持つものがあり、これには含気孔のあいた叉骨腸骨いくつかの腹肋骨含まれており、現在の鳥類似た気嚢による呼吸行っていた可能性示唆される哺乳類行われる肺の収縮による呼吸代わりにこれらの気嚢がふいごのように動き比較硬直した肺に空気出し入れを行う。より詳細については鳥類呼吸器を参照セレノはこの呼吸器体温調節支援するために発達したもので、後から呼吸組み込まれたものだと仮説している

※この「生理学」の解説は、「アエロステオン」の解説の一部です。
「生理学」を含む「アエロステオン」の記事については、「アエロステオン」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 06:02 UTC 版)

プロテインC」の記事における「生理学」の解説

プロテインC活性化は、トロンボモジュリンとEPCRによって強く促進される。EPCRは主に血管内皮細胞血管内側構成する細胞)に存在している。トロンボモジュリン存在活性化を数オーダー加速させ:34、EPCRは活性化20倍加速するこれらの2つ因子いずれも存在しない場合マウスでは過剰な血液凝固のため胎生致死となる:1983:43335。内皮細胞では、APC血液凝固炎症細胞死アポトーシス)の調節主要な役割を果たす:28S。トロンボモジュリンによる強力な活性化促進効果のため、プロテインCトロンビンではなくトロンビン-トロンボモジュリンさらにはトロンビン-トロンボモジュリン-EPCR)によって活性化されると言われることもある:2381。活性型となったAPCはEPCRに結合したまである場合ない場合もあり、EPCRとの親和性前駆体同程度である:3162。 前駆体型のプロテインCは、正常な成人血漿中に65135 IU/dLの濃度範囲存在するAPCレベルこれよりも約2000倍低い:3161。軽度のプロテインC欠乏症20 IU/dL以上通常以下、中等度の欠乏症は1–20 IU/dL、重症欠乏症は1 IU/dL以下または不検出相当するプロテインC濃度生後6ヶ月まで上昇続け平均60 IU/dLのレベルに達するその後小児期は低いままであり、思春期後に成人レベル到達する:1216。APC半減期は約15分である:6823。

※この「生理学」の解説は、「プロテインC」の解説の一部です。
「生理学」を含む「プロテインC」の記事については、「プロテインC」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 19:49 UTC 版)

乏尿」の記事における「生理学」の解説

一般に食事摂取している状態では、1日に600mOsmの溶質尿中排泄する必要がある尿の最大濃縮力は約1,200 - 1,400mOsm/kg・H2Oであることから、これらの溶質排泄するには、最低400mL(600/1400=0.43kg)の尿が必要という計算になる。1日400mL以下の乏尿状態が続くと、溶質の排泄が不十分となり、体内溶質蓄積した状態、高窒素血症となる。尿量病的な減少は、すなわち腎不全状態の発症直結し病態といえる

※この「生理学」の解説は、「乏尿」の解説の一部です。
「生理学」を含む「乏尿」の記事については、「乏尿」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 22:49 UTC 版)

第X因子」の記事における「生理学」の解説

第X因子肝臓ビタミンK依存的に合成される第X因子は、いずれもセリンプロテアーゼである内因系テンナーゼ(intrinsic Xase)または外因系テンナーゼ(extrinsic Xase)によって活性化され第Xa因子となる。内因系テンナーゼとは、第IX因子と、その補因子である第VIII因子などが複合体形成したものである一方外因系テンナーゼとは第VII因子と、その補因子である組織因子複合体形成したものであるしたがって、第X因子外因系と内因系の通経路の開始点である。 第X因子プロトロンビンを2箇所切断する。1箇所はArg-Thrの結合であり、もう1箇所はArg-Ileの結合である。これによりプロトロンビン活性型トロンビンとなる。この過程は、第Xa因子補因子である第Va因子と共にプロトロンビナーゼ複合体形成することで速やかに進行する第Xa因子は、セリンプロテアーゼインヒビターであるプロテインZ依存性プロテアーゼインヒビター(英語)(ZPI)によって不活化される。ZPIの第Xa因子に対する親和性は、プロテインZ(英語)存在下で1000倍以上になるが、第XI因子不活化についてはプロテインZに非依存的である。プロテインZ欠損症においては第Xa因子活性亢進し、血栓形成傾向になる。 第X因子半減期40時間から45時間ほどである。

※この「生理学」の解説は、「第X因子」の解説の一部です。
「生理学」を含む「第X因子」の記事については、「第X因子」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 15:51 UTC 版)

第V因子」の記事における「生理学」の解説

第V因子合成は主に肝臓行われる一本鎖分子として血漿中を循環し血漿中で半減期1236時間である。 第V因子活性化され血小板結合することができ、トロンビンにによって活性化される活性化に際し第V因子2本の鎖(分子量約110000の重鎖と約73000の軽鎖)へと分割され、それらは互いにカルシウムによって非共有結合的に結合している。活性化され第V因子(第Va因子呼ばれる)は、プロトロンビナーゼ複合体のコファクターとして機能する活性化され第X因子第Xa因子)は、細胞膜表面プロトロンビントロンビン変換する際にカルシウムと第Va因子必要とする。 第Va因子は、血液凝固主要な生理学的阻害剤である活性化プロテインCによって分解されるトロンボモジュリン英語版)の存在下では、トロンビンプロテインC活性化して凝固低下させる機能を持つそのため、プロテインC濃度作用トロンビン自身の活性化制限するネガティブフィードバックループの重要な決定因子である。

※この「生理学」の解説は、「第V因子」の解説の一部です。
「生理学」を含む「第V因子」の記事については、「第V因子」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 06:55 UTC 版)

エクステンション」の記事における「生理学」の解説

伸張重力に逆らう方向関節延ば動作

※この「生理学」の解説は、「エクステンション」の解説の一部です。
「生理学」を含む「エクステンション」の記事については、「エクステンション」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 15:24 UTC 版)

リアノジン受容体」の記事における「生理学」の解説

リアノジン受容体(RyR)は、筋収縮にとって不可欠なステップである、筋小胞体小胞体からのカルシウムイオン放出調節する心筋では、筋小胞体からのカルシウム誘発性カルシウム放出主な機構であるが、骨格筋ではジヒドロピリジン受容体電位差駆動L-型カルシウムチャネル英語版))物理的に結合することで活性化引き起こす考えられている。 多くのリアノジン受容体集合してクラスター形成し、そのクラスターからカルシウム放出されると、細胞質基質カルシウム限定された空間限定された時間だけ上昇し、カルシウムスパーク(英語版)として観測されるリアノジン受容体ミトコンドリア近くにあり、RyRからのカルシウム放出心細胞や膵細胞でのATP産生制御している様に見られるリアノジン受容体は、イノシトールトリスリン酸 (IP3) 受容体類似しており、その細胞質基質 側のCa2+刺激されてCa2+細胞質基質中に輸送するそのためポジティブフィードバック機構として働き受容体付近細胞質基質中にある少量のCa2+が、より多くのCa2+放出引き起こすカルシウム誘発性カルシウム放出CICR)。 リアノジン受容体は、神経細胞および筋線維で特に重要である心筋細胞および膵島細胞では、カルシウムイオンと並ぶもう一つセカンドメッセンジャーであるサイクリックADPリボースcyclic ADP-ribose)が受容体活性化する細胞質基質中のCa2+局所的短時間活動は、波のように空間伝わるのでカルシウム波 とも呼ばれ、以下の要素により波が形作られるリアノジン受容体フィードバック機構イノシトールトリスリン酸振動影響ホルモン神経伝達物質細胞膜にあるイノシトールトリスリン酸IP3受容体結合すると,G蛋白質共役受容体RTK英語版を介してホスホリパーゼC活性化してイノシトールトリスリン酸産生され、再びIP3受容体活性化されるという機構

※この「生理学」の解説は、「リアノジン受容体」の解説の一部です。
「生理学」を含む「リアノジン受容体」の記事については、「リアノジン受容体」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 08:20 UTC 版)

アンテオサウルス」の記事における「生理学」の解説

より原始的なディノケファルス類であるエステメノスクス化石何らかの腺らしきもの痕跡発見され事から、アンテオサウルスでは体毛獲得していたという説もある。それに基づきたてがみ持った姿で復元される事もある疑問が残る

※この「生理学」の解説は、「アンテオサウルス」の解説の一部です。
「生理学」を含む「アンテオサウルス」の記事については、「アンテオサウルス」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 21:22 UTC 版)

第IX因子」の記事における「生理学」の解説

第IX因子不活性な酵素前駆体として産生される。シグナルペプチド除去グリコシル化の後、第XIa因子内因系)または第VIIa因子外因系)によって切断され2本鎖が産生される。両者ジスルフィド結合によって連結されている。カルシウムイオン、膜のリン脂質第VIII因子コファクターの存在下で第IXa因子へと活性化され第X因子アルギニン-イソロイシン間の結合加水分解し第Xa因子産生する第IX因子アンチトロンビンによって阻害される。 ヒトマウスでは、第IX因子発現加齢に伴って上昇する第IX因子プロモーター領域変異有するマウスモデルでは年齢依存的な表現型生じる。

※この「生理学」の解説は、「第IX因子」の解説の一部です。
「生理学」を含む「第IX因子」の記事については、「第IX因子」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 06:52 UTC 版)

ヒプナゴジア」の記事における「生理学」の解説

生理学的研究では、自発的な睡眠導入体験という厳密な意味でヒプナゴジア集中する傾向があるこのような経験は特にノンレム睡眠第1段階関連しているが、睡眠前のアルファ波でも発生することがあるデイビスらは、入眠時の夢のようなイメージの短い閃光アルファ波脳波活動低下相関していることを発見した。堀らは、入眠時のヒプナゴジア状態は、覚醒状態睡眠状態どちらとも異なる状態であり、ユニークな電気生理学的行動的主観的な特徴を持つと考えている一方ジェルメーヌらは、自発的に発生するヒプナゴジア幻覚時の脳波パワースペクトルと、レム睡眠リラックスした覚醒状態両方脳波パワースペクトル間に類似性あること実証している。 覚醒から睡眠への移行期イメージを伴う脳波状態の性質をより正確に特定するために、堀らは、アルファ波割合変化ステージ1-3)、20 µV未満抑制波(ステージ4)、シータ波紋(ステージ5)、のこぎり波割合ステージ6-7)、および睡眠紡錘波英語版)の存在ステージ8-9)によって定義される9つ脳波ステージスキーム提案したジェルメーヌニールセンは、自発的なヒプナゴジア幻覚が主に、堀の脳波ステージステージ4脳波平坦化)とステージ5シータ波紋)で起こることを発見した。 "covert-rapid-eye-movement"(隠れたレム仮説は、覚醒-睡眠移行期レム睡眠隠された要素現れるとするものである。これを支持するdiczらは、WST(wakefulness-sleep transition)脳波レム睡眠脳波間には、前者ステージ2睡眠の間よりも類似性が高いことを指摘している。 ヒプナゴジア態では、前頭筋活動低下呼吸パターンの変化指摘されている。 マイクロスリープ(ごく短い時間睡眠状態陥る現象)は、睡眠不足などが原因であり、覚醒状態のいつでも睡眠状態陥り認知障害健忘症引き起こす可能性があるジェームズ・H・オースティン英語版)は著書"Zen and the Brain"(禅と脳)の中で定期的な瞑想が、最初アルファ波段階で、後にシータ波段階で、入眠後の段階ヒプナゴジアプロセス凍結させるという特殊なスキル開発されるという推測表明している。

※この「生理学」の解説は、「ヒプナゴジア」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ヒプナゴジア」の記事については、「ヒプナゴジア」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 02:15 UTC 版)

フェノールフタレイン」の記事における「生理学」の解説

一世紀以上の長きにわたって下剤として使用されてきたが、齧歯類での実験結果り発癌性疑われたため、多くの国で使用中止されている。動物実験から卵巣腫瘍原因となっている可能性疑われたため、過去に下剤としてフェノールフタレインを含む薬物連用していた集団で卵巣腫瘍リスク上昇しているかどうか調査されたが、ヒトでのリスク上昇観察されていないフェノールフタレイントロンビンタプシガルギン抑制することで細胞内のカルシウム量が増加し細胞へのカルシウムカルシウム放出依存性チャンネル英語版)(SOCE)を経由した流入抑制する

※この「生理学」の解説は、「フェノールフタレイン」の解説の一部です。
「生理学」を含む「フェノールフタレイン」の記事については、「フェノールフタレイン」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 09:01 UTC 版)

ヨーロッパシジュウカラ」の記事における「生理学」の解説

ヨーロッパシジュウカラには、寒い環境対応する特別な生理学的適応あること判明している。冬季準備をする際、ヨーロッパシジュウカラ血液発熱量高めることができる。この適応メカニズムは、赤血球におけるミトコンドリア容積および呼吸季節的増加と、ATP産生由来する電子伝達系の脱共役増加である。その結果として、ATP産生使用されであろうエネルギーが熱として放出され血液がより熱を帯びる。冬の食糧不足直面すると、ヨーロッパシジュウカラ熱損失凍傷減らすために末梢血管収縮一種見せる。凍傷熱損失減少は、ヨーロッパシジュウカラ向流血管配置および鳥のクチバシと脚の中や周辺の主要な血管にある末梢血管収縮によって媒介される。このメカニズムが、断熱のない部位(すなわち、クチバシと脚)を周囲の温度に近い状態に保たせる食物制限に応じてヨーロッパシジュウカラクチバシ温度下がり、食物摂取増えるクチバシ温度徐々に正常に戻ったクチバシ血管収縮省エネメカニズム果たすだけでなく、身体中組織から皮膚伝達される熱量減少させ、環境に対して皮膚温度を下げることにより熱損失率を少なくする

※この「生理学」の解説は、「ヨーロッパシジュウカラ」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ヨーロッパシジュウカラ」の記事については、「ヨーロッパシジュウカラ」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 21:04 UTC 版)

昆虫学」の記事における「生理学」の解説

ホルモン並びにフェロモンに関する研究多く昆虫によって行われたホルモンでは特に変態支配するホルモンに関する研究有名である

※この「生理学」の解説は、「昆虫学」の解説の一部です。
「生理学」を含む「昆虫学」の記事については、「昆虫学」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 01:54 UTC 版)

レイノルズ数」の記事における「生理学」の解説

人体における血液循環についてのポアズイユの法則層流依存するレイノルズ数の定義を用いると、流れ速く直径大きく、そして血液密度が高い乱流なりやすいことがわかる。血管直径急激な変化乱流つながりやすく、例えば狭いところが広くなるときがそうである。さらに、可聴乱流聴診器検出されるところでは乱流原因の可能性としてアテローム膨らみ挙げられる

※この「生理学」の解説は、「レイノルズ数」の解説の一部です。
「生理学」を含む「レイノルズ数」の記事については、「レイノルズ数」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 04:33 UTC 版)

哲學大辭書」の記事における「生理学」の解説

永井潜 - 理学士東京帝国大学理科大学助教授。(第壹册、第貳册、第参册、第四册、第五册、第六册、第七册)。

※この「生理学」の解説は、「哲學大辭書」の解説の一部です。
「生理学」を含む「哲學大辭書」の記事については、「哲學大辭書」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 05:58 UTC 版)

ウサギ」の記事における「生理学」の解説

寿命 5–11年稀にそれ以上ネザーランドドワーフで最高年齢13歳記録がある。※ギネス記録18歳10か月体温 ウサギ平均体温3840とかなり高温までが正常範囲39台の体温を正常と判断し対処する必要がある体温上がりすぎる場合は耳を軽く湿らせタオル全身巻いた上からアイスボトルなどで冷やし逆に体温が37.7下の場合温かい布で全身包みカイロなどでその上から温める心拍数 130–325/分 呼吸数 32–60/分 全血液量 5765 mL/kg 血圧 90130 / 6090 mmHg 食物消費量 5–100 g/日(個体大きさによる) 飲水消費量 5–10 ml/日・100 g/日(あるいはそれ以上胃腸通過時4-5時間

※この「生理学」の解説は、「ウサギ」の解説の一部です。
「生理学」を含む「ウサギ」の記事については、「ウサギ」の概要を参照ください。


生理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 00:16 UTC 版)

鉱質コルチコイド」の記事における「生理学」の解説

鉱質コルチコイドという名称は、これらのホルモンミネラル一種であるナトリウム保持関与しているという初期の観察結果由来している。鉱質コルチコイド主な内因性ホルモンアルドステロンであるが、他の多くの内因性ホルモンプロゲステロンデスオキシコルチコステロン等)も鉱質コルチコイド機能を持つアルドステロン腎臓作用しナトリウム能動的再吸収とそれに伴う水の受動的再吸収を担うと共に皮質集合管結合尿細管)の主細胞におけるカリウム能動的分泌と、集合管間在細胞内腔膜におけるプロトンATPアーゼ介したプロトン能動的分泌を行う。その結果血圧上昇し血液量増加するアルドステロンは、副腎皮質の糸球体部で産生されその分泌は主にアンジオテンシンIIによって媒介されるが、副腎皮質刺激ホルモンACTH)や局所的なカリウム濃度によっても影響を受ける

※この「生理学」の解説は、「鉱質コルチコイド」の解説の一部です。
「生理学」を含む「鉱質コルチコイド」の記事については、「鉱質コルチコイド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生理学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生理学

出典:『Wiktionary』 (2021/09/25 02:09 UTC 版)

名詞

  せいりがく

  1. 生命現象生体物質機能的に研究する学問、またはそのような方法論

関連語

翻訳


「生理学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生理学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生理学」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生理学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラディオドンタ類 (改訂履歴)、リンゴ酸 (改訂履歴)、単球 (改訂履歴)、伝達 (改訂履歴)、1,5-アンヒドロ-D-グルシトール (改訂履歴)、ミード酸 (改訂履歴)、ビリベルジン (改訂履歴)、ヘンレ係蹄 (下行脚) (改訂履歴)、睡眠相後退症候群 (改訂履歴)、遠位尿細管 (改訂履歴)、ピノレン酸 (改訂履歴)、睡眠 (改訂履歴)、視索上核 (改訂履歴)、第VIII因子 (改訂履歴)、ファブリキウス嚢 (改訂履歴)、コレステロール (改訂履歴)、第XIII因子 (改訂履歴)、ソルビトール (改訂履歴)、第VII因子 (改訂履歴)、糖質コルチコイド (改訂履歴)、ペプトン (改訂履歴)、線維症 (改訂履歴)、異種移植 (改訂履歴)、視床下部-下垂体-甲状腺軸 (改訂履歴)、ゴルゴノプス亜目 (改訂履歴)、脂肪組織 (改訂履歴)、ストレッサー (改訂履歴)、アネトール (改訂履歴)、アエロステオン (改訂履歴)、プロテインC (改訂履歴)、乏尿 (改訂履歴)、第X因子 (改訂履歴)、第V因子 (改訂履歴)、エクステンション (改訂履歴)、リアノジン受容体 (改訂履歴)、アンテオサウルス (改訂履歴)、第IX因子 (改訂履歴)、ヒプナゴジア (改訂履歴)、フェノールフタレイン (改訂履歴)、ヨーロッパシジュウカラ (改訂履歴)、昆虫学 (改訂履歴)、レイノルズ数 (改訂履歴)、哲學大辭書 (改訂履歴)、ウサギ (改訂履歴)、鉱質コルチコイド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS