ノーベル生理学・医学賞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > イベント > > 医学の賞 > ノーベル生理学・医学賞の意味・解説 

ノーベル生理学・医学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/27 00:05 UTC 版)

ノーベル生理学・医学賞(ノーベルせいりがく・いがくしょう、スウェーデン語: Nobelpriset i fysiologi eller medicin)はノーベル賞6部門のうちの一つ。「生理学および医学の分野で最も重要な発見を行った」人物に与えられる。選考はカロリンスカ研究所のノーベル賞委員会が行う。




  1. ^ ノーベル賞のメダル”. アワードプレス. 2017年10月4日閲覧。
  2. ^ 血清療法はベーリングと北里柴三郎により開発された。
  3. ^ マラリア原虫ハマダラカの体内にいることを実証した。
  4. ^ 唾液腺の研究から派生したのがパブロフの犬の実験であり、受賞講演でもパブロフは消化腺の話題より条件反射の話題を取り上げている。
  5. ^ 結核菌を発見し、その病原性を実証した。
  6. ^ カハールが神経のニューロン説を提唱し、ゴルジが開発したゴルジ染色の手法によりそれが実証された。
  7. ^ マラリア原虫を発見した。
  8. ^ メチニコフは白血球食作用を提唱、エールリヒは抗原抗体反応側鎖説を提唱した。
  9. ^ 甲状腺腫瘍について研究を行い、最初の全切除に成功している。
  10. ^ 核酸塩基であるアデニンシトシングアニンチミンウラシルの単離に成功している。
  11. ^ 血管吻合の術法を開発し、イヌ腎移植についての研究を行った。
  12. ^ アナフィラキシー・ショックを発見している。
  13. ^ 三半規管めまいの研究を行っている。
  14. ^ 補体結合反応を発見した。
  15. ^ 後にビタミンB1として知られる。
  16. ^ 後にビタミンAとして知られる。
  17. ^ The 2012 Nobel Prize in Physiology or Medicine - Press Release, Nobelprize.org, (2012-10-08), http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/2012/press.html 
  18. ^ 米3教授にノーベル医学生理学賞 細胞内の物質輸送 産経新聞 2013年10月7日閲覧
  19. ^ a b The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2015”. Nobel Foundation. 2015年10月5日閲覧。
  20. ^ The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2016” (English). Nobel Foundation. 2016年10月3日閲覧。
  21. ^ The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2017、2017年10月2日閲覧。


「ノーベル生理学・医学賞」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノーベル生理学・医学賞」の関連用語

ノーベル生理学・医学賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノーベル生理学・医学賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーベル生理学・医学賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS