寄生虫とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > 寄生虫の意味・解説 

きせい‐ちゅう【寄生虫】

読み方:きせいちゅう

寄生生活をする小動物体内寄生する回虫蟯虫(ぎょうちゅう)・肺吸虫条虫などの内部寄生虫と、体表寄生するノミ・シラミ・ダニなどの外部寄生虫があるが、前者をさすことが多い。

自分で働かず他人に依存して生活している者。「業界の—」

「寄生虫」に似た言葉

寄生虫

「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  子のう菌類  実験動物  寄生生物  寄生虫  寒帯針葉樹林  尿素排出動物  岩狸類

寄生虫

作者アーサー・C.クラーク

収載図書明日にとどく
出版社早川書房
刊行年月1986.4
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


寄生虫

作者清水一行

収載図書寄生虫
出版社徳間書店
刊行年月1988.11
シリーズ名徳間文庫

収載図書寄生虫
出版社青樹社
刊行年月1999.6
シリーズ名青樹社文庫


寄生虫

作者小池真理子

収載図書会いたかった人
出版社祥伝社
刊行年月1991.10
シリーズ名ノン・ポシェット


寄生虫

読み方:きせいちゅう

  1. 他人に依りて利を得、又は衣食するものを罵る詞。
  2. 独立心がなくて他人力に拠して生活を為す人のことをいふ。生物学上の寄生虫の意味から起つたもの。
  3. 独立心がなく常に他人力に依頼して生活をする人のことをいふ。
  4. 他人力にたよつて生活する者のこと。

分類 俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

寄生虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 04:59 UTC 版)

寄生虫(きせいちゅう)とは、寄生生物のうち動物分類されるものを指す。寄生動物とも。


[脚注の使い方]
  1. ^ くらしの衛生Vol.43 寄生虫”. 東京都食品環境指導センター (2001年3月). 2021年10月30日閲覧。
  2. ^ 富山市史編纂委員会編 『富山市史 第三巻』p642 1960年 富山市
  3. ^ 今月の薬用植物 2001年4月 せんだん(Melia azedarach 熊本大学薬学部


「寄生虫」の続きの解説一覧

寄生虫(The Parasite)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 02:22 UTC 版)

明日にとどく」の記事における「寄生虫(The Parasite)」の解説

AとB2人の男話し合っていた。精神治療を受けている男Aは、何かにとりつかれているみたいだと言う2人分カクテル作ったときに、なぜだか分からない3人分を作ってしまい、他の誰かがいる気配がしたとも言う。それはAの脳のなかに、何年前からいるように感じるらしい。Aはそれを「オメガ」と呼んだある日、Aはピストル自殺しようとした。Bはやめてくれと懇願したが、Aはためらわず引き金引いたその瞬間、Bはオメガ実在していると確信した。そしてオメガ新し宿主探していることを知った

※この「寄生虫(The Parasite)」の解説は、「明日にとどく」の解説の一部です。
「寄生虫(The Parasite)」を含む「明日にとどく」の記事については、「明日にとどく」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「寄生虫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

寄生虫

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 23:34 UTC 版)

名詞

   (きせいちゅう)

  1. 寄生生物の内、動物寄生して生活する小動物総称寄生動物
  2. 比喩自分で働かず他人に依存しながら生活する者。

関連語

語義1

「寄生虫」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



寄生虫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

寄生虫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寄生虫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寄生虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの明日にとどく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの寄生虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS