熊本大学とは? わかりやすく解説

熊本大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/14 09:56 UTC 版)

熊本大学(くまもとだいがく、英語: Kumamoto University)は、 熊本県熊本市中央区黒髪二丁目39番1号に本部を置く、日本国立大学。略称は熊大(くまだい)。


注釈

  1. ^ 在学生が卒業するまで存続した。
  2. ^ 2003年3月までは南九州・沖縄地域で唯一の薬学教育の拠点であった。

出典

  1. ^ 熊本大学の歴史 熊本大学キャンパスミュージアム(2023年12月29日閲覧)
  2. ^ 学部 教育研究上の目的(学士課程)熊本大学公式サイト(2023年12月29日閲覧)
  3. ^ 熊本大学大学院法曹養成研究科の廃止について”. 熊本大学 (2019年4月1日). 2022年9月3日閲覧。
  4. ^ くまもと水循環・減災研究教育センター 沿岸環境部門(2018年9月8日閲覧)。
  5. ^ 健康長寿代謝制御研究センター(2018年9月8日閲覧)
  6. ^ 合津マリンステーション(2018年9月8日閲覧)
  7. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内 (PDF)
  8. ^ 包括連携協定等 熊本大学(2019年6月22日閲覧)
  9. ^ 「熊本大、熊本市に人材開発拠点 開発ビルに入居」日本経済新聞ニュースサイト(2019年4月17日)2019年6月22日閲覧
  10. ^ 九州・沖縄地区の11国立大学法人が研究力向上を中心とする連携協力に関し、覚書を締結しました 九州大学公式サイト(2023年3月22日)2023年12月29日閲覧
  11. ^ a b 熊大の活動:熊本大学半導体研究教育センター設立(2022年4月~2023年3月)/半導体デジタル研究教育機構の発足/「半導体学部」情報融合学環の創設 東京大学ナノシステム集積センター分室(2023年12月29日閲覧)
  12. ^ 熊本大学と九州大学、半導体で包括連携 人材育成や研究」日本経済新聞ニュースサイト(2023年12月26日)2023年12月29日閲覧



熊本大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/22 06:59 UTC 版)

インストラクショナルデザイン」の記事における「熊本大学」の解説

日本においては長らく養成機関がなかったが、2006年に、熊本大学が大学院社会文化科学研究科の中に教授システム学専攻設置したフロリダ州立大学インストラクショナルデザイン研究した鈴木克明中心にインストラクショナルデザイン理論・モデル適用したeラーニング設計・開発専門家の養成目的としており、この学問領域において唯一学位認定している大学となる(博士前期課程修了で「修士教授システム学)」を授与)。

※この「熊本大学」の解説は、「インストラクショナルデザイン」の解説の一部です。
「熊本大学」を含む「インストラクショナルデザイン」の記事については、「インストラクショナルデザイン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「熊本大学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「熊本大学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「熊本大学」の関連用語

熊本大学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



熊本大学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熊本大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインストラクショナルデザイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS