広島大学とは?

広島大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 16:34 UTC 版)

広島大学(ひろしまだいがく、英語: Hiroshima University)は、広島県東広島市鏡山1丁目3-2に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称広大(ひろだい)。




  1. ^ 到達目標型教育プログラム 「HiPROSPECTS(R)」 | 広島大学
  2. ^ 平成31年4月 大学院2研究科を新設(統合生命科学研究科と医系科学研究科)” (日本語). www.hiroshima-u.ac.jp. 2019年4月2日閲覧。
  3. ^ 平成31年4月 大学院2研究科を新設(統合生命科学研究科と医系科学研究科)” (日本語). www.hiroshima-u.ac.jp. 2019年4月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 歴代学長 - 広島大学
  5. ^ 井内慶次郎 (2002年). “講演 広島大学の思い出 (PDF)”. 広島大学史紀要. pp. 24/25. 2017年10月30日閲覧。
  6. ^ 広島大学長からのメッセージ
  7. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、地域文化、社会文化、人間文化、言語文化、行動科学、スポーツ科学、生命科学、数理情報科学、総合物理、自然環境科学がある。
  8. ^ 広島大学総合科学部細則によると、人間探究領域、自然探究領域、社会探究領域という教育領域で構成される。
  9. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、哲学・思想文化学、歴史学、地理学・考古学・文化財学、日本・中国文学語学、欧米文学語学・言語学がある。
  10. ^ 広島大学文学部細則の別表「専門教育科目」によると、専門科目は、西洋哲学、インド哲学、倫理学、中国思想文化学という専門分野に分かれており、 学生は志望する分野の科目を一定単位取得しなければならない。
  11. ^ 広島大学文学部細則の別表「専門教育科目」によると、専門科目は、日本史学、東洋史学、西洋史学という専門分野に分かれており、 学生は志望する分野の科目を一定単位取得しなければならない。
  12. ^ 広島大学文学部細則の別表「専門教育科目」によると、専門科目は、地理学、考古学、文化財学という専門分野に分かれており、 学生は志望する分野の科目を一定単位取得しなければならない。
  13. ^ 広島大学文学部細則の別表「専門教育科目」によると、専門科目は、日本文学語学、中国文学語学という専門分野に分かれており、 学生は志望する分野の科目を一定単位取得しなければならない。
  14. ^ 広島大学文学部細則の別表「専門教育科目」によると、専門科目は、英米文学語学、ドイツ文学語学、フランス文学語学、言語学という専門分野に分かれており、 学生は志望する分野の科目を一定単位取得しなければならない。
  15. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、学校教育学、科学文化教育学、言語文化教育学、生涯活動教育学、人間形成基礎学がある
  16. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、法学、政治学、社会学がある。
  17. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、理論・計量経済学、歴史経済科学、経済政策、応用経済学、経営・情報がある。
  18. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、数学のみ。
  19. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、物理科学のみ。
  20. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、化学のみ。
  21. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、生物科学のみ。
  22. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、地球惑星システム学のみ。
  23. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、医学のみ。
  24. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、看護学、理学療法学、作業療法学がある。
  25. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、歯学のみ。
  26. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、口腔保健学、口腔工学がある。
  27. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、薬学のみ。
  28. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、薬科学のみ。
  29. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、機械システム工学系、電気・電子・システム・情報系、化学・バイオ・プロセス系、建設・環境系がある。
  30. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、学科目は、生物圏環境学、海洋生物生産学、動物生産科学、食品科学、生物機能開発学がある。
  31. ^ 広島大、大学院を再編 AIやIoT人材を育成” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年4月2日閲覧。
  32. ^ 部門、領域、分野は、2016年度総合科学研究科案内による。なお、「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、行動科学講座、人間文化研究講座、環境自然科学講座、社会文明研究講座、地域研究講座、情報システム研究講座(協力講座)がある。
  33. ^ 各プログラムには複数の部門の研究者が参加。学生も参加して学位を取ることができる。
  34. ^ 講座、教育研究分野、専門分野は、2015年度版の文学研究科案内による。なお、広島大学大学院文学研究科細則では、教育研究分野のみ定められており、講座と専門分野に関する記載はない。
  35. ^ 一部の専攻・専修には、教育研究を中心にすえたプログラムと、学校教育における教育実践を中心にすえた教職高度化プログラムがある。
  36. ^ 学習開発学講座、初等カリキュラム開発講座、教育実践研究開発講座(協力講座)がある。
  37. ^ 教職高度化プログラム。
  38. ^ 特別支援教育学講座、学校教育相談実践講座(協力講座)がある。
  39. ^ 自然システム教育学講座、数学教育学講座、技術・情報教育学講座、社会認識教育学講座がある。
  40. ^ 教職高度化プログラム。
  41. ^ 教職高度化プログラム。
  42. ^ 教職高度化プログラム。
  43. ^ 国語文化教育学講座、英語文化教育学講座、日本語教育学講座がある。
  44. ^ 教職高度化プログラム。
  45. ^ 教職高度化プログラム。
  46. ^ 健康スポーツ科学講座、人間生活教育学講座、音楽文化教育学講座、造形芸術教育学講座がある。
  47. ^ 教職高度化プログラム。
  48. ^ 教育学講座、幼児教育学講座(協力講座)がある。
  49. ^ 教職高度化プログラム。
  50. ^ 心理学講座、幼児心理学講座(協力講座)、臨床心理学講座(協力講座)がある。
  51. ^ 高等教育内容・方法研究講座(協力講座)がある。
  52. ^ 学習開発学講座、初等カリキュラム開発講座、教育実践研究開発講座(協力講座)、特別支援教育学講座、学校教育相談実践講座(協力講座)がある。
  53. ^ 自然システム教育学講座、数学教育学講座、技術・情報教育学講座、社会認識教育学講座、国語文化教育学講座、英語文化教育学講座、日本語教育学講座、健康スポーツ科学講座、人間生活教育学講座、音楽文化教育学講座、造形芸術教育学講座がある。
  54. ^ 教育学講座、幼児教育学講座(協力講座)、心理学講座、幼児心理学講座(協力講座)、臨床心理学講座(協力講座)、高等教育内容・方法研究講座(協力講座)がある。
  55. ^ 履修プログラムは、広島大学大学院社会科学研究科細則による。
  56. ^ 政策法務講座、政策動態講座がある。
  57. ^ 経済分析講座、公共政策講座、比較経済システム講座がある。
  58. ^ 組織・経営講座、会計・情報講座、地域・交渉講座がある。
  59. ^ 講座、研究分野は、2015年10月および2016年4月入学生用の博士前期課程学生募集要項、2016年4月入学生用の博士後期課程学生募集要項による。
  60. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則によると、協力講座。
  61. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、協力講座。
  62. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、協力講座。
  63. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、協力講座。
  64. ^ 「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」によると、地球惑星システム学講座がある。
  65. ^ 2015年度版の研究科案内パンフレットによると、教育研究分野には、物性理論、磁性・低温物理学、ビーム・高エネルギー物理学、量子光物性、エネルギー機能物性、ナノ物理化学がある。
  66. ^ 研究グループには、固体電子論、計算物理学、電子相関物理学、磁性物理学、低温物理学、高エネルギー物理学、ビーム物理学、加速器物理学、量子多体物性、量子光学物性、量子機能材料科学がある。
  67. ^ 自然科学研究支援開発センター(低温・機器分析部門)、先進機能物質研究センターの教員で構成される協力講座
  68. ^ 2015年度版の研究科案内パンフレットによると、教育研究分野には、細胞機能化学、分子生命化学、代謝変換制御学、細胞物質化学、生命分子情報学、細胞工学、細胞生物学、染色体機能学、細胞代謝生化学、細胞代謝遺伝学、半導体・バイオ融合プロジェクトがある。
  69. ^ 研究グループには、細胞機能化学、分子生命化学、代謝変換制御学、細胞物質化学、生命分子情報学、細胞工学、細胞生物学がある。
  70. ^ 自然科学研究支援開発センター(遺伝子実験部門)、酒類総合研究所産業技術総合研究所の教員で構成される協力講座。自然科学研究支援開発センター(遺伝子実験部門)の教員が「染色体機能学」、酒類総合研究所の教員が「細胞代謝遺伝学」と「細胞代謝生化学」、産業技術総合研究所の教員が「バイオマス変換化学」という名の研究グループで活動している。
  71. ^ 2015年度版の研究科案内パンフレットによると、教育研究分野には、量子半導体工学、極微細デバイス工学、先端集積システム工学、ナノデバイス工学、ナノプロセス工学、知能集積回路工学、マイクロ・ナノ流体工学、光導波路集積デバイス工学、バイオ MEMS、トランジスタモデリングがある。
  72. ^ 研究グループには、量子半導体工学、極微細デバイス工学、先端集積システム工学がある。
  73. ^ ナノデバイス・バイオ融合科学研究所の教員で構成される協力講座。4研究グループ(ナノデバイス工学、ナノプロセス工学、知能集積回路工学、ナノバイオ電磁工学)がある。
  74. ^ 教員組織は医歯薬保健学研究院と呼ばれ、基礎生命科学部門、応用生命科学部門、統合健康科学部門がある。
  75. ^ 医歯薬保健学研究科のホームページによると、担当する研究室には、解剖学および発生生物学、統合バイオ、心臓血管生理医学、神経生理学、分子細胞情報学、医化学、神経薬理学、分子病理学、病理学、ウイルス学、疫学・疾病制御学、公衆衛生学、法医学、免疫学、消化器・代謝内科学、分子内科学、脳神経内科学、精神神経医科学、小児科学、外科学、消化器・移植外科学、脳神経外科学、整形外科学、皮膚科学、腎泌尿器科学、視覚病態学、耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学、放射線診断学、放射線腫瘍学、産科婦人科学、麻酔蘇生学、循環器内科学、救急医学がある。また、大学病院の協力講座、自然科学研究支援開発センターの協力講座、理化学研究所の連携講座も担当。なお、「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」には、これら協力講座と連携講座について記載がない。
  76. ^ 医歯薬保健学研究科のホームページによると、担当する研究室には、生体材料学、生体分子機能学、口腔細胞生物学、細菌学、口腔生理学、細胞分子薬理学、口腔顎顔面病理病態学、歯周病態学、分子口腔医学・顎顔面外科学、粘膜免疫学、健康増進歯学、歯科放射線学、硬組織代謝生物学、歯科麻酔学、口腔外科学、先端歯科補綴学、歯科矯正学、小児歯科学、国際歯科医学連携開発学がある。また、大学病院の協力講座と、博士課程教育リーディングプログラムの客員教授も担当。なお、「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」には、協力講座について記載がない。
  77. ^ 医歯薬保健学研究科のホームページによると、担当する研究室には、生理化学、生体機能分子動態学、細胞分子生物学、臨床薬物治療学、病態解析治療学、治療薬効学がある。また、大学病院の協力講座も担当。なお、「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」には、これら協力講座について記載がない。
  78. ^ 医歯薬保健学研究科のホームページによると、担当する研究室には、細胞修復制御、放射線細胞応答、疾患モデル解析、放射線ゲノム疾患、ゲノム障害病理、がん分子病態、分子発がん制御、幹細胞機能学、放射線医療開発、血液・腫瘍内科、腫瘍外科、分子疫学、計量生物、線量測定・評価がある。また、放射線影響研究所の連携講座、放射線医学総合研究所の連携講座も担当。なお、「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」には、これら連携講座について記載がない。
  79. ^ 医歯薬保健学研究科のホームページによると、担当する研究室には、遺伝子制御科学、生薬学、医薬分子機能科学、創薬合成化学、薬効解析科学、医療薬剤学がある。
  80. ^ 保健学専攻のホームページによると、研究室には、健康開発科学、健康情報学、基礎看護開発学、助産・母性看護開発学、小児看護開発学、成人看護開発学、成人健康学、老年・がん看護開発学、精神保健看護開発学、地域・在宅看護開発学、地域・学校看護開発学がある。
  81. ^ 保健学専攻のホームページによると、研究室には、スポーツリハビリテーション学、生体構造学、生体運動・動作解析学、生体機能解析制御科学、生体環境適応科学、運動器機能医科学、生理機能情報科学、作業行動探索科学、身体・生活機能制御科学、精神機能制御科学、上肢機能解析制御科学、老年・地域作業機能制御科学
  82. ^ 医歯薬保健学研究科のホームページによると、研究室には、公衆口腔保健学、口腔発達機能学、口腔保健管理学、生体構造・機能修復学、医療システム・生体材料工学、口腔生物工学がある。
  83. ^ 医学講座、歯学講座、放射線医科学講座がある。
  84. ^ 教員組織は工学研究院と呼ばれ、機械システム・応用力学部門、エネルギー・環境部門、材料・生産加工部門、電気電子システム数理部門、情報部門、物質化学工学部門、社会環境空間部門からなる。
  85. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、材料力学、流体工学、反応気体力学、機械力学、機械設計システム、機械加工システム、生産システムA、生産システムB、制御工学がある。
  86. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、材料物理学、材質制御工学、材料成形工学、材料接合工学、弾塑性工学、材料強度学がある。
  87. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、熱工学、燃焼工学、プラズマ基礎科学、量子エネルギー工学がある。
  88. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、システム最適化論、社会情報学、生産システム工学、数理学、システム基礎論がある。
  89. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、システム制御論、電力・エネルギー工学、生体システム論、ロボティクス、サイバネティクス応用論(連携)がある。
  90. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、コンピュータ・システム、分散システム学、アルゴリズム論、計算数理、ビジュアル情報学、学習工学、計算機基礎学、応用代数学、ディペンダブルシステム論、メディアグラフィックス、応用数理情報、システム数理論、情報計画学がある。
  91. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、熱流体材料工学、高圧流体物性、高分子工学、分離工学、微粒子工学、装置材料工学、グリーンプロセス工学がある。
  92. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、応用有機化学、有機材料化学、機能高分子化学、反応設計化学、分析化学、材料物性化学、無機材料化学、環境触媒化学がある。
  93. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、構造材料工学、土木構造工学、地盤工学がある。
  94. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、地球環境計画学、環境保全工学、水工学、海岸工学がある。
  95. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、構造システム、構造設計、システム安全、輸送・環境システム総合工学、海上輸送システム、輸送・環境システム流体、耐空耐航性能、海洋大気圏システムがある。
  96. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、建築材料学、建築構造力学、建築構造学、建築防災学、建築耐震工学がある。
  97. ^ 「工学研究科2015年度大学院案内」によると、研究室には、建築計画学、建築史・意匠学、建築環境学、建築設計学がある。
  98. ^ 講座、教育科目は、生物圏科学研究科のホームページによる。
  99. ^ 講座、教育科目は、生物圏科学研究科のホームページ生物圏科学研究科のホームページによる。
  100. ^ 酒類総合研究所との連携分野
  101. ^ 講座、教育科目は、生物圏科学研究科のホームページによる。
  102. ^ 産業技術総合研究所中国センターとの連携分野
  103. ^ 農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センターとの連携分野
  104. ^ 海洋研究開発機構との連携分野
  105. ^ 水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所との連携分野
  106. ^ 民事法講座、刑事法講座、公法・基礎法学講座がある。
  107. ^ 2011年度に、文部科学省により博士課程教育リーディングプログラムに認定された。放射線災害復興専門家の育成のためのプログラムで、医学、環境学、工学、理学、社会学、教育学、心理学などの専門家が結集し教育を実施。
  108. ^ 学術院の設置後も「広島大学の講座,学科目,部門,研究部門等及び診療科等規則」は廃止されずに残っている。
  109. ^ 『広島大学学則』による。学則では定められていないが、『広島大学大学院文学研究科・文学部運営内規』によると、研究科に、内海文化研究施設、帝釈峡野外実習施設を置くとしている。
  110. ^ 附属臨海実験所広島大学(2018年12月15日閲覧)。
  111. ^ 附属宮島自然植物実験所広島大学(2018年12月15日閲覧)。
  112. ^ 部門とステーションは、『広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター内規』による。
  113. ^ 内海文化研究施設広島大学(2018年12月15日閲覧)。
  114. ^ 広島大学帝釈峡野外実習施設の竣工式を行いました広島大学(2013年3月28日)2018年12月15日閲覧。
  115. ^ 西条共同研修センター広島大学(2018年12月15日閲覧)。
  116. ^ 広島大学附属学校園の将来構想
  117. ^ 『賀茂学園都市建設基本調査』(昭和50年、建設省都市局・広島県・(株)都市環境研究所)
  118. ^ 土地・建物 | 広島大学
  119. ^ 平成20年度広島大学入学式学長訓示など
  120. ^ 広島大学医学部紹介
  121. ^ 例会講演録16;広島電鉄はこう変わる:路面電車を考える館
  122. ^ 附属小・中・高校は1961年に教養部と交換に翠の現在地へ移転。1982年の統合移転開始時点では既にこれら附属学校は旧東千田キャンパスには無く、残存していた旧附属中・高校校舎の一部はサークル棟および生協・学生食堂など学生厚生施設として1995年の法・経済学部移転完了まで利用されていた。
  123. ^ “広島大学本部跡地について”. 宮本健司・市議会議員後援会. http://www.miyamoto-arc.com/kenji/omoi/bunshou/6hiroshimaatochi.htm 2010年3月20日閲覧。 
  124. ^ 移転か、それとも… 「広島県庁建て替え問題」(2002年3月9日付中国放送Eタウンメールマガジン)
  125. ^ 広島専用スタジアム建設の行方(前編)(日本サポーター協会)
  126. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内 (PDF)
  127. ^ 「アジアの平和と人間の安全保障」プログラムにかかるコンソーシアム協定。日本側は、広島大学、長崎大学、大阪大学、名桜大学。広島大学からは法学部のほか、国際協力研究科が参加。海外からは、チェンマイ大学政治・行政学部のほか、パヤップ大学、シアー・クアラ大学法学部大学院、南洋理工大学S.ラジャラトナム国際学大学院、デ・ラ・サール大学リベラルアーツカレッジ、国立東ティモール大学政治社会学部平和紛争研究大学院、パンナサストラ大学社会科学・国際関係が参加。
  128. ^ “韓国・建陽大と協定 歯科衛生分野を中心に 広島大学歯学部”. 日本歯科新聞 (東京都千代田区: 日本歯科新聞社): p. 10. (2015年7月28日) 
  129. ^ 「アジアの平和と人間の安全保障」プログラムにかかるコンソーシアム協定
  130. ^ 「アジアの平和と人間の安全保障」プログラムにかかるコンソーシアム協定
  131. ^ 「アジアの平和と人間の安全保障」プログラムにかかるコンソーシアム協定
  132. ^ 「アジアの平和と人間の安全保障」プログラムにかかるコンソーシアム協定
  133. ^ 「アジアの平和と人間の安全保障」プログラムにかかるコンソーシアム協定
  134. ^ 「アジアの平和と人間の安全保障」プログラムにかかるコンソーシアム協定
  135. ^ 広島大学「コベルコ建機夢源力共創研究所」を設置しました(2018年4月19日)2018年9月7日閲覧。
  136. ^ アヲハタと研究協力協定を締結しました広島大学(2018年10月9日掲載)2018年12月15日閲覧。
  137. ^ 「広島大と人材育成/バルコム 教育プログラム開発」日経産業新聞』2018年12月14日(自動車・機械面)2018年12月15日閲覧。


「広島大学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広島大学」の関連用語

広島大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



広島大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広島大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS