11月5日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 11月5日の意味・解説 

11月5日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 08:24 UTC 版)

11月5日(じゅういちがついつか)はグレゴリオ暦で年始から309日目(閏年では310日目)にあたり、年末まであと56日ある。




  1. ^ トヨタ企業サイト”. 2013年8月12日閲覧。
  2. ^ サマルコ社鉱滓ダム崩壊事故裁判=15年発生の未曾有の環境破壊事故で刑事訴訟手続き中断” (2017年8月9日). 2019年2月2日閲覧。
  3. ^ トランプ米大統領、訪日 米国の決意強調”. BBC (2017年11月5日). 2017年11月6日閲覧。
  4. ^ サム・シェパードが死去。ライター、カウボーイ、真の意味での愛国主義者”. Yahoo!ニュース (2017年8月1日). 2020年11月13日閲覧。
  5. ^ プロフィール”. 三木プロダクション. 2009年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月21日閲覧。
  6. ^ 安田範さん死去:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年11月7日). 2020年11月5日閲覧。
  7. ^ 国連、11月5日を「世界津波の日」に制定 日本が提案”. 日本経済新聞. 2015年12月12日閲覧。
  8. ^ 11月5日は「津波防災の日」
  9. ^ 日本提案で「世界津波の日」制定へ 国連委で決議 「稲むらの火」ちなみ11月5日
  10. ^ 11月5日が世界津波の日に 日本提案、国連が決議採択
  11. ^ 岸田外相「世界中で津波対策が進むことを希望」 世界津波の日採択
  12. ^ 11月5日を「世界津波の日」に 決議採択
  13. ^ 佐藤寿也の妹の美穂が1990年生まれであるから(コミックス59巻より)。
  14. ^ 満田拓也『Major―Dramatic baseball comic』24巻、小学館、1999年、107頁。ISBN 978-4-09-125504-4
  15. ^ 大場つぐみ小畑健『バクマン。キャラクターブック キャラマン。』集英社、2011年、34頁。ISBN 978-4-08-874849-8
  16. ^ 岸本斉史『NARUTO -ナルト- [秘伝・臨の書] キャラクター オフィシャルデータ BOOK』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2002年、59頁。ISBN 4-08-873288-X
  17. ^ 松江名俊『史上最強の弟子ケンイチ 公式ガイドブック 史上最強の秘伝書』小学館〈少年サンデーコミックス〉、2014年、58頁。ISBN 978-4-09-125016-2
  18. ^ 【イナイレ㊙ネタ】円堂 守8月22日生誕記念!!! 好評発売中の「イレブンライセンス」で、イナズマイレブンのキャラクター達の誕生日まとめてみた!!”. コロコロオンライン. 小学館. p. 2 (2019年8月22日). 2021年1月24日閲覧。
  19. ^ ゲーム内のプロフィールより。
  20. ^ 松江名俊『史上最強の弟子ケンイチ 公式ガイドブック 史上最強の秘伝書』小学館〈少年サンデーコミックス〉、2014年、212頁。ISBN 978-4-09-125016-2
  21. ^ 大場つぐみ小畑健『DEATH NOTE/A アニメーション公式解析ガイド』集英社、2007年、6頁。ISBN 978-4-08-874197-0
  22. ^ a b c 大場つぐみ小畑健『DEATH NOTE HOW TO READ 13』集英社、2006年。ISBN 4-08-874095-5
  23. ^ 大場つぐみ小畑健『DEATH NOTE/A アニメーション公式解析ガイド』集英社ジャンプコミックス〉、2007年9月4日、11頁。ISBN 978-4-08-874197-0





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「11月5日」の関連用語

11月5日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



11月5日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの11月5日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS