神無月とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 神無月の意味・解説 

かみな‐づき【神無月】

かんなづき」に同じ。


かんな‐づき【神無月】

《「かむなづき」とも表記陰暦10月異称かみなしづき。かみさりづき。《 冬》「—ふくら雀ぞ先づ寒き其角」→神在月(かみありづき)

[補説] 語源については、全国から神々出雲大社に集まるため、諸国に神がいなくなる月の意からという俗説古くからいわれている。別に新米で酒をかもす「醸成月(かみなしづき)」、あるいはの鳴らない「無月(かみなしづき)」の意ともいわれるが、「な」は「の」の意で、神を祭る月すなわち「神の月」の意とする説が有力。→神在月(かみありづき)


かむな‐づき【神無月】


神無月

読み方:カンナズキ(kannazuki)

旧暦10月の別称。


かんなづき 【神無月】

神送り

10月:神無月(かんなづき=または、かみなづき)

神無月 神が無くなる(居なくなる)月との意。
この月は全国各地神々出雲一同に会し、各地から神が居なくなることから言われているしています


神無月

作者宮部みゆき

収載図書幻色江戸ごよみ
出版社新人物往来社
刊行年月1994.7

収載図書幻色江戸ごよみ
出版社新潮社
刊行年月1998.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書げんだい時代小説
出版社リブリオ出版
刊行年月2000.12

収載図書江戸夢あかり市井・人小説傑作
出版社学習研究社
刊行年月2003.7
シリーズ名学研M文庫

収載図書親不孝長屋人情時代小説傑作
出版社新潮社
刊行年月2007.7
シリーズ名新潮文庫


神無月

読み方:かみなづき

  1. 陰暦十月のことをいふ。この月には大物主神八百万の神たちを伴ひて天に昇り地上に神が無くなる月であるといふから。万葉集に「神無月しぐれにあへるもみぢばの吹かば散りなむ風のまにまに」とある。「かんなづき」ともいふ。

神無月

読み方:かんなづき

  1. かみなづきの条を見よ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

神無月

読み方:カンナズキ(kannazuki)

陰暦十月異称

季節

分類 時候

月日 十一月前後


神無月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 17:27 UTC 版)

神無月(かみなづき[1]、かんなづき[2](「かむなづき」とも表記される[2])、かみなしづき、かみなかりづき[3])は日本における旧暦10月異称。今日では新暦10月の異称としても用いられる場合も多い。「神無」を「神が不在」と解釈するのは語源俗解である。また、この俗解が基になって更にさまざまな伝承を生じることになった(後述)。


  1. ^ 日本国語大辞典、第5巻、p.136、1976年5月1日発行、第1版第2刷、小学館、ISBN 4095220058
  2. ^ a b 日本国語大辞典、第5巻、p.412、1976年5月1日発行、第1版第2刷、小学館、ISBN 4095220058
  3. ^ a b 日本国語大辞典、第5巻、p.136、1976年5月1日発行、第1版第2刷、小学館、ISBN 978-4167598082
  4. ^ 神々が出雲大社に集まるためというのは、「奥儀抄」などに見える俗説(旺文社古語辞典、第8版、p.332、1994年)。
  5. ^ 神無月の字をあてるようになったのも、平安時代に入ってからだと考えられる。カミナツキの意味については、新米を収穫して酒を造る月だから醸成月(かみなしづき)の意や、神嘗祭(かんなめのまつり)の行われる神嘗月から出ているなどの諸説があるが、まだ決定できない(鈴木棠三:日常語語源辞典、p.80、東京堂出版、1992年、ISBN 978-4490103113
  6. ^ 高島俊男は「月の名で、師走と同じくらい古い民間語源を有するのが『神無月』である。十月には各地の神さまがみな出雲へ行ってしまって不在になるので神無月、という説明で、これも平安時代からある。『かみな月』の意味がわからなくなり、神さまがいないんだろうとこんな字をあてたのである。『大言海』は醸成月(かみなしづき)つまり新酒をつくる月の意だろうと言っている。これも憶測にすぎないが、神さまのいない月よりはマシだろう。」と評している(高島俊男、お言葉ですが・・・(7)漢字語源の筋ちがい、p.88、文藝春秋、2006年6月10日、第1刷、ISBN 4-16-759808-6
  7. ^ 『年中行事事典』西角井正慶、東京堂出版、1958年5月23日、18頁。
  8. ^ 大和田建樹『謡曲通解』、1907年、156頁。
  9. ^ 日本国語大辞典、第5巻、p.120、1976年5月1日発行、第1版第2刷、小学館、ISBN 978-4167598082 、「かみあり‐づき 【神有月・神在月】の項、由阿による『詞林采葉抄-六』(1366成立)などの引用がある。
  10. ^ 長野県佐久市教育委員会『北佐久口碑伝説集 北佐久編 限定復刻版』、1978年11月15日、78頁。
  11. ^ 小倉学、藤島秀隆、辺見じゅん『日本の伝説12 加賀・能登の伝説』角川書店、1976年、81頁。
  12. ^ a b c d e f あるじでえ第18号”. 世田谷区教育委員会. 2020年11月14日閲覧。
  13. ^ 鯰と要石”. 東京都立図書館. 2020年11月14日閲覧。


「神無月」の続きの解説一覧

神無月

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:50 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. 古語雅語十月かんなづき参照



神無月と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神無月」の関連用語

神無月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神無月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神無月 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの神無月 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS