徒然草とは?

つれずれぐさ【徒然草】


つれづれぐさ【徒然草】

鎌倉時代随筆。2巻。吉田兼好著。元徳2〜元弘元年(1330〜1331)ごろ成立か。随想見聞などを書きつづった全244段(一説では243段)からなる無常観に基づく人生観世相観・風雅思想などがみられ、枕草子とともに随筆文学双璧(そうへき)とされる。


つれづれぐさ【徒然草】

鎌倉末期随筆。二巻。卜部吉田兼好著。題名は序段冒頭の語による。主要部分は元弘元年一三三一)頃の執筆か。全二四四段から成り作者随想見聞などを順不同に述べる。無常観根ざす鋭い人生観世相観、美意識特長とし、おおむね短文ながら含蓄ある名文として知られる。「枕草子とともに古典随筆双璧とされる。


徒然草

読み方:ツレズレグサ(tsurezuregusa)

鎌倉時代随筆吉田兼好著。


つれづれぐさ 【徒然草】

二巻。吉田兼好著。序段共二四四章段からなる随筆集仏教思想基調としている。→ 兼好

徒然草〈上下/〉

主名称: 徒然草〈上下/〉
指定番号 2287
枝番 00
指定年月日 1974.06.08(昭和49.06.08)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 永享三年三月卯月正徹書写奥書
員数 2冊
時代区分 室町
年代 1431
検索年代
解説文:  吉田兼好の作として著名な随筆集筆者室町時代東福寺禅僧であり、歌人で知られた清巖正徹である。奥書によれば、正徹三本校合したもので、本文特徴見せ消ち注記があること、各段区切り本文流布本異同があって徒然草の原形研究注目されることなどで徒然草の現存最古写本として貴重である。

徒然草

作者清水義範

収載図書日本文学全集
出版社実業之日本社
刊行年月1992.10

収載図書普及版 日本文学全集 第1集
出版社集英社
刊行年月1996.2
シリーズ名集英社文庫


徒然草

読み方:ツレズレグサ(tsurezuregusa)

分野 随筆

年代 鎌倉後期

作者 卜部兼好


徒然草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 06:09 UTC 版)

徒然草』(つれづれぐさ)は、吉田兼好(兼好法師、兼好、卜部兼好)が書いたとされる随筆清少納言枕草子』、鴨長明方丈記』とならび日本三大随筆の一つと評価されている。


  1. ^ 川瀬一馬校注『徒然草』解説(講談社文庫、p310)。
  2. ^ 前掲書。五味文彦『増補「徒然草」の歴史学』(角川ソフィア文庫、2014年、p308)も1330年を画期と捉えている。
  3. ^ 表記は久保田淳校注、新日本古典文学大系『方丈記 徒然草』岩波書店、1989年により、一部改変。
  4. ^ 「徒然」『日本国語大辞典』第二版(オンライン版)、2000‐2002年
  5. ^ 久保田淳校注、新日本古典文学大系『方丈記 徒然草』岩波書店、1989年
  6. ^ 廣田哲通「徒然草常縁本系統の一考察 - 章段配列を中心に -」『文学史研究』13、1972年
  7. ^ 他の「上杉屏風源氏物語」「洛中洛外図屏風上杉本」などと区別するため。
  8. ^ 「徒然草屏風の研究」(島内裕子、2006年)
  9. ^ 三木紀人「徒然草研究史」(『徒然草講座3』有精堂、1974年。p32)。内海弘蔵「兼好が趣味論としての徒然草」[1](『徒然草評釈』1911年)。
  10. ^ 『モオツァルト・無常という事』新潮文庫、1961年、p64-65。
  11. ^ 加藤周一『日本文学史序説(上)』p371
  12. ^ 身もフタもない日本文学史・67頁
  13. ^ 身もフタもない日本文学史・68頁


「徒然草」の続きの解説一覧



徒然草と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徒然草」の関連用語

徒然草のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徒然草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徒然草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS