野槌とは?

の づち 【野槌・野雷

〔「のつち」とも〕
○ 〔野の精霊の意〕 記紀神話で、伊弉諾尊いざなきのみこと)・伊弉冉尊いざなみのみことの子の祖。野椎神つちのかみ)。草野姫かやのひめ)。
まむし)・さそり)の類。 〔新撰字鏡
妖怪一種。 「 -と云は、常にもなきなり/沙石 5
つちの子」に同じ。

野槌

読み方:ノツチ(notsuchi)

ワレモコウ別称
バラ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Sanguisorba officinalis


野槌

読み方:のづち

  1. (一)一種太くして短し(二)転じて身体丈短くして、肥満せる人をいふ。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

野槌

読み方:ノズチ(nozuchi)

分野 徒然草注釈

年代 江戸前

作者 林羅山


野槌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/24 10:14 UTC 版)

野槌(のづち)は、日本に伝わる妖怪野つ霊野椎とも。野の精霊(「野つ霊(ち)」の意)であるとも言われる。


  1. ^ a b c 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社1997年、232頁。ISBN 978-4-88317-283-2
  2. ^ 水木しげる 『妖怪大図鑑II』 講談社〈講談社まんが百科〉、1996年、19頁。ISBN 978-4-06-259041-9
  3. ^ a b c d e f 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、264-265頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  4. ^ 近畿民俗 通巻60・61号 7 信仰俗信”. 怪異・妖怪伝承データベース. 国際日本文化研究センター. 2008年10月8日閲覧。
  5. ^ 林宏. “近畿民俗 通巻44号 奥吉野の蛇と民俗”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2008年10月8日閲覧。
  6. ^ 中京民俗 通巻9号 伝説”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2008年10月8日閲覧。
  7. ^ a b 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、160頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  8. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、90頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  9. ^ 【新撰字鏡】”. 平成30-09-11閲覧。
  10. ^ 新撰字鏡. [2 - 国立国会図書館デジタルコレクション]”. 平成30-09-11閲覧。
  11. ^ 新撰字鏡. [2 - 国立国会図書館デジタルコレクション]”. 平成30-09-12閲覧。
  12. ^ 古名録. 第5 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. 平成30-09-11閲覧。
  13. ^ 節用集 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. 平成30-09-11閲覧。
  14. ^ アダム・カバット校注編 『大江戸化物細見』 小学館2000年、44頁。ISBN 978-4-09-362113-7
  15. ^ 伊藤龍平著 『ツチノコの民俗学』 青弓社2008年ISBN 978-4-7872-2029-5


「野槌」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野槌」の関連用語

野槌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野槌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野槌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS