源伴存とは? わかりやすく解説

源伴存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 13:06 UTC 版)

源 伴存(みなもと ともあり、寛政4年(1792年3月 - 安政6年6月18日1859年7月17日))は、江戸時代後期紀州藩本草学者・博物学者・藩医。翠山、翠嶽、紫藤園などと号し、通称十兵衛。畔田 伴存(くろだ ともあり)、畔田 翠山(くろだ すいざん)、畔田 十兵衛などとも。『和州吉野郡群山記』『古名録』をはじめとする博物学の著作を遺した。


  1. ^ 上野[1989: 35]
  2. ^ a b 上野[1989: 39-40]
  3. ^ 杉本[2006: 273]
  4. ^ a b 奈良県史編集委員会[1990: 188]
  5. ^ 上野[1989: 34]、杉本[2006: 280-281]
  6. ^ 上野[1989: 37]
  7. ^ 上野[1989: 217]
  8. ^ 上野[1989: 45]
  9. ^ a b 国史大辞典編集委員会[1984: 966]
  10. ^ 杉本[2006: 273]
  11. ^ a b 奈良県史編集委員会[1990: 189]
  12. ^ a b 上野[1989: 39]
  13. ^ 杉本[2006: 268]
  14. ^ 上野[1989: 32-33]
  15. ^ 熊楠と伴存との間に、紀州における本草学・博物学の系譜を通じての系譜関係が指摘されている。銭谷[1998]、安田忠典(南方熊楠資料研究会) (2001年2月19日). “畔田翠山と熊楠 ~紀州本草学の系譜~”. 南方熊楠に学ぶ』(奈良女子大学大学院人間文化研究科・学術研究交流センター「南方熊楠の学際的研究」プロジェクト). 2008年11月21日閲覧。
  16. ^ 山口[1933]
  17. ^ 指定名は「畔田十兵衛墓」。田辺市教育委員会. “田辺市の指定文化財一覧表”. 2008年11月24日閲覧。
  18. ^ 畔田十兵衛墓/1基”. 和歌山県. 2014年2月14日閲覧。
  19. ^ 上野[1989]


「源伴存」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「源伴存」の関連用語

源伴存のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



源伴存のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの源伴存 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS