水木しげるとは?

みずき‐しげる〔みづき‐〕【水木しげる】

[1922~2015漫画家大阪生まれ幼少時鳥取県境港移り育つ。本名、武良(むら)茂。妖怪漫画第一人者として長年わたって活躍代表作ゲゲゲの鬼太郎(きたろう)」では日本古来民間伝承を描き、さまざまな地方妖怪紹介した。戦争体験を生かした「昭和史」でも知られる。他に「のんのんばあとオレ」「悪魔くん」「河童の三平」など。平成22年2010文化功労者


水木しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 22:30 UTC 版)

水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年[注 1]3月8日 - 2015年11月30日[1])は、日本漫画家。本名は武良 茂(むら しげる)。




注釈

  1. ^ 永らく1924年生れと公表していた。
  2. ^ 水木が境港に戻った年齢は、「2歳ぐらいのとき」[6]、または「生後1ヵ月」[7][8]となっている。
  3. ^ 第二次世界大戦中の1943年に4年制へ短縮され、戦後の1949年に新制中学校・新制高校に統合されて廃止となった。
  4. ^ 学制改革後の新制中学校の3年間と新制高校の2年間を合わせた課程に相当。
  5. ^ のち砂原国立加古川病院名誉院長。なお、名前の「勝巳」表記は誤り。
  6. ^ 『ラバウル戦記』では、機銃掃射ではなく原住民ゲリラの襲撃としている。
  7. ^ 他にいた決死隊の仲間は、機銃掃射に当たり、死亡した。
  8. ^ 実写版『悪魔くん』のプロデューサーによると、水木は「自分」という一人称を使うことが印象深いとコメントしていた。妻によると、「漫画家・水木しげる」を演じるために使っているようで、家族に見せる顔と、ファン・編集者らに見せる顔は違うという[74]
  9. ^ 他方、手塚の長男の手塚眞は水木漫画の愛読者で、後年の監督作品『妖怪天国』につながっている。
  10. ^ 水木の存命中に、生前墓として建てられた。
  11. ^ 平成22年7月吉日・鳥取県境港市長中村勝治
  12. ^ エンドロールでの表記は『傷痍軍人 (水木しげる)』。
  13. ^ 1980年代後半までは、一般書店でも購入できた。現在は古本市場で高値を生んでいる。

出典

  1. ^ a b “漫画家の水木しげるさん死去93歳 「ゲゲゲの鬼太郎」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年11月30日). オリジナルの2015年11月30日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2015-1130-1315-21/www.asahi.com/articles/ASHCZ45BRHCZUCLV002.html 2015年11月30日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 水木 2007, p. 33.
  3. ^ a b c d e 足立 2010, p. 70.
  4. ^ a b c d 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 583頁)
  5. ^ “水木しげるさん死去 妖怪物で新分野 神戸・阪神間で下積み”. 神戸新聞. (2015年11月30日). オリジナルの2015年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/55zuZ 
  6. ^ 水木 2007.
  7. ^ 水木 2002.
  8. ^ a b 足立 2010.
  9. ^ 水木 2007, pp. 43-44.
  10. ^ a b 水木 2007, p. 48.
  11. ^ 水木 2007, p. 50.
  12. ^ 第1章 検討の視点:文部科学省
  13. ^ a b c d 水木 2007, p. 55.
  14. ^ a b 水木 2007, p. 56.
  15. ^ 水木 2007, p. 57.
  16. ^ a b 水木 2007, p. 58.
  17. ^ a b c 水木 2007, p. 59.
  18. ^ a b c 水木 2005, p. 480.
  19. ^ a b 水木 2007, p. 61.
  20. ^ 水木 2002, p. 18.
  21. ^ 水木 2007, p. 64.
  22. ^ a b 丸木美術館学芸員日誌
  23. ^ a b 水木 2007, p. 65.
  24. ^ 水木しげる『ほんまにオレはアホやろか』新潮社、2002年8月、23頁。ISBN 978-4-10-135731-7
  25. ^ 水木しげる『水木しげるの憑物百怪』学習研究社、1995年、122-123頁。ISBN 978-4-05-400514-3
  26. ^ a b c 水木 2007, p. 68.
  27. ^ a b 水木 2007, p. 69.
  28. ^ 水木 2007, p. 70.
  29. ^ 水木 2007, p. 71.
  30. ^ 水木 2002, pp. 68-70.
  31. ^ a b c 水木 2007, p. 77.
  32. ^ 水木 2007, p. 7.
  33. ^ 水木 2007, p. 76.
  34. ^ 水木 2007, p. 79.
  35. ^ a b 水木 2007, p. 81.
  36. ^ a b c d 水木 2007, p. 8.
  37. ^ 水木 1994, p. 15.
  38. ^ 水木 2002, p. 84.
  39. ^ 水木 2007, p. 85.
  40. ^ a b c 水木 2007, p. 86.
  41. ^ 水木しげるさん証言 漫画で伝え続ける戦争体験”. 戦争証言アーカイブス. NHK. 2018年11月1日閲覧。
  42. ^ 水木 1994, pp. 141-153.
  43. ^ 水木 2007, p. 96.
  44. ^ a b 水木 2007, p. 97.
  45. ^ 水木 2007, pp. 98-99.
  46. ^ 水木 2007, pp. 100-101.
  47. ^ a b 水木 2007, pp. 102-103.
  48. ^ 水木 2007, p. 104.
  49. ^ 水木 2007, pp. 109-110.
  50. ^ 水木 1994, p. 225.
  51. ^ 水木 2007, p. 113.
  52. ^ 水木 2007, p. 114.
  53. ^ a b c 水木 2007, pp. 116-118.
  54. ^ 水木 2007, pp. 119-120.
  55. ^ 水木 2007, p. 120.
  56. ^ 水木 2007, p. 124.
  57. ^ 水木 2007, p. 125.
  58. ^ a b 水木 2007, pp. 126-127.
  59. ^ a b 水木 2007, p. 131.
  60. ^ a b c 水木 2007, pp. 134-135.
  61. ^ 水木 2007, p. 136.
  62. ^ 水木 2007, p. 137.
  63. ^ 布枝 2008, p. 30.
  64. ^ 布枝 2008, p. 39.
  65. ^ 建築マップ 「灘町後藤家」”. 米子建築塾.Web. 2015年11月30日閲覧。
  66. ^ 水木 2007, p. 144.
  67. ^ 水木 2007, p. 149.
  68. ^ 水木 2007, p. 148.
  69. ^ 水木 2007, p. 150.
  70. ^ 水木 2007, p. 151.
  71. ^ 水木しげる 『ボクの一生はゲゲゲの楽園だ』[要文献特定詳細情報]
  72. ^ 水木 2007, p. 153.
  73. ^ 水木 2007, p. 155.
  74. ^ a b c d e 布枝 2008.
  75. ^ 水木 2007, p. 156.
  76. ^ 水木 2002, pp. 212-213.
  77. ^ 水木 2007, p. 160.
  78. ^ 水木 2007, p. 157.
  79. ^ 水木 2007, pp. 162-163.
  80. ^ a b 水木 2007, p. 166.
  81. ^ 水木悦子 『お父ちゃんと私』 やのまん、2008年3月、p.159-165。
  82. ^ 水木 2007, p. 167.
  83. ^ 『The New York Times』2011年3月20日
  84. ^ 水木しげる:93歳“ご長寿”マンガ家の連載が“突然”最終回 MANTANWEB 2015年11月30日閲覧
  85. ^ a b 「ゲゲゲの鬼太郎」水木しげるさん死去 93歳 スポーツニッポン 2015年11月30日閲覧
  86. ^ a b “水木さんの死因は多臓器不全 事務所が訂正”. 共同通信. (2015年11月30日). オリジナルの2015年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/PKwuU 
  87. ^ “水木しげるさん死去 通夜は自宅近くの寺で 涙声「父ちゃん、父ちゃん」”. 毎日新聞. (2015年12月2日). オリジナルの2016年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/pc4Cm 2016年2月2日閲覧。 
  88. ^ “水木しげるさん 近親者のみで葬儀「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」追悼放送”. 毎日新聞. (2015年12月3日). オリジナルの2015年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151210183743/http://mainichi.jp:80/articles/20151203/spn/00m/200/002000c 2016年2月2日閲覧。 
  89. ^ a b c “水木しげるさんお別れの会に7800人参列 追悼の声続々”. Oricon style. (2016年1月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2066158/full/ 2016年2月2日閲覧。 
  90. ^ a b “水木しげるお別れの会、夫人らが「丸い輪」の向こう側の水木サンを偲ぶ”. コミックナタリー. (2016年1月31日). https://natalie.mu/comic/news/174361 2018年7月9日閲覧。 
  91. ^ 光益公映 (2016年2月17日). “水木しげる先生お別れの会参列記 一反木綿の握り寿司や目玉おやじのマカロン…「本当にありがとうございました」”. TOCANA. 2019年3月11日閲覧。
  92. ^ “水木しげる「東京アニメアワードフェスティバル2016」アニメ功労部門を受賞”. コミックナタリー. (2016年2月4日). https://natalie.mu/comic/news/174951 2018年7月9日閲覧。 
  93. ^ 水木プロダクション2016年2月19日
  94. ^ オイ鬼太郎!ワシの幸福論を聞いてくれ~未公開 水木しげるの日記~”. クローズアップ現代+. NHK (2017年1月5日). 2018年7月9日閲覧。
  95. ^ “水木しげるさん命日を「ゲゲゲ忌」に 調布市”. 朝日新聞デジタル. (2016年11月10日). https://www.asahi.com/articles/photo/AS20161109003700.html 2020年1月28日閲覧。 
  96. ^ “水木しげるさん命日「ゲゲゲ忌」 鳥取・境港で記念品配布”. サンスポ. (2019年11月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191130/sot19113012190003-n1.html 2020年1月28日閲覧。 
  97. ^ “「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が名古屋に、今後は沖縄&島根にも巡回”. コミックナタリー. (2018年4月8日). https://natalie.mu/comic/news/277095 2018年7月9日閲覧。 
  98. ^ 京極夏彦・宮部みゆき 「妖怪と心の闇をのぞく」『対談集 妖怪大談義』 角川書店〈角川文庫〉、2008年6月。
  99. ^ 小松和彦 「水木しげると現代の妖怪文化」『妖怪まんだら』 世界文化社、2010年7月。
  100. ^ 京極夏彦、多田克己、村上健司『完全復刻 妖怪馬鹿』新潮社、2008年、341-344頁。ISBN 978-4-10-135351-7
  101. ^ a b c d 水木 2007, p. 39.
  102. ^ 足立 2010, p. 331.
  103. ^ 梅本浩 『ビルマ航空戦:日米英の資料を対照して描いた「隼」の戦闘記録』下巻 大日本絵画、2002年12月。[要ページ番号]
  104. ^ 2004年8月28日放送『NHK土曜インタビュー』より
  105. ^ “水木しげるさん出征前の手記…戦争へ20歳の苦悩”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年7月6日). オリジナルの2015年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150713054836/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150702-OYT8T50048.html 2015年7月12日閲覧。 
  106. ^ 水木 2004, pp. 20-21.
  107. ^ “【ゲゲゲ】水木しげる先生(90歳)はハンバーガーが大好きだった! マクドナルドもフレッシュネスも食べまくる(笑)”. exciteニュース. (2013年3月4日). https://www.excite.co.jp/News/net_clm/20130304/Rocketnews24_300494.html 2018年7月9日閲覧。 
  108. ^ “漫画家水木しげる先生が92歳にして『とんかつマックバーガー』にチャレンジ! そして「がいにうまい!」と完食”. ロケットニュース24. (2014年12月2日). https://rocketnews24.com/2014/12/02/516652/ 2018年7月9日閲覧。 
  109. ^ ワールド・ミステリー・ツアー 東欧篇[要文献特定詳細情報]
  110. ^ 水木ほか 2002, pp. 90-98.
  111. ^ 水木 2005, pp. 109-113.
  112. ^ 布枝 2008, pp. 166-168.
  113. ^ 足立 2010, pp. 410-411.
  114. ^ 「箱入りじいさん」の94年。(その6)および(その7)
  115. ^ 水木ほか 2002, p. 182.
  116. ^ “向井理さん、つげ義春さん…悼む声続々 水木さん死去”. 朝日新聞. (2015年11月30日). オリジナルの2015年11月30日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2015-1130-2145-11/www.asahi.com/articles/ASHCZ5K6YHCZUCLV012.html 
  117. ^ 呉智英、梅原猛『水木しげる―鬼太郎、戦争、そして人生』新潮社、2015年、64頁。ISBN 978-4-10-602261-6
  118. ^ a b 「実はコスモポリタンだった水木サン」空前絶後の大全集、秘められた裏側を初めて語る!”. クーリエ・ジャポン. 講談社 (2018年5月15日). 2018年7月9日閲覧。
  119. ^ 「忍法秘話」掲載作品〔全〕
  120. ^ 『THE ART OF 新書版コミックス サンコミックス編』(まんだらけ)P.12,P97
  121. ^ お詫びと訂正のお知らせ”. 水木しげる漫画大全集. 講談社 (2013年9月10日). 2018年7月9日閲覧。
  122. ^ 「水木画のひみつ 水木しげるにとって「引用」とはなにか?」『アックス』第109号、青林工藝舎、2016年2月、 66-73頁。
  123. ^ 水木悦子赤塚りえ子手塚るみ子『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』文藝春秋、2010年、19頁。ISBN 978-4-16-372050-0
  124. ^ 水木悦子『ゲゲゲの娘日記』KADOKAWA、2017年、120-121頁。ISBN 978-4-04-106355-2
  125. ^ 日本海新聞[要文献特定詳細情報]
  126. ^ 「水木しげるさんを名誉市民に」名誉市民顕彰式が開催される 調布市公式サイト(2018年1月19日閲覧)。
  127. ^ 調布市「ゲゲゲの鬼太郎」第6期聖地巡礼マップVOL.1発行(2018年9月17日閲覧)。
  128. ^ プレスリリース (2016年11月9日発表) ゲゲゲ忌 調布市公式サイト
  129. ^ 「ゲゲゲ忌」調布市名誉市民・水木しげるさん追悼|調布市”. 調布市. 2016年11月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月3日閲覧。
  130. ^ ゲゲゲギャラリー 調布市文化・コミュニティ振興財団(2018年1月19日閲覧)
  131. ^ 調布市ミニバス(コミュニティバス) 調布市公式サイト
  132. ^ a b 沿線おでかけ情報 ゲゲゲ散策マップ 調布駅周辺コース 京王グループ公式サイト
  133. ^ 調布駅など3駅で「ゲゲゲ記念切符」-京王電鉄が5,000セット販売 2010年09月10日 調布経済新聞
  134. ^ 調布市深大寺 鬼太郎茶屋 妖怪舎
  135. ^ 水木 2007, p. 73.
  136. ^ 山口信二 『水木しげる貸本漫画のすべて』 やのまん、2007年5月。
  137. ^ 水木 2007, pp. 138-139.
  138. ^ 第43回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2019年3月21日閲覧。
  139. ^ 水木 2007, pp. 37-38.
  140. ^ a b c 水木 2007, p. 37.
  141. ^ 水木 2005, p. 479.
  142. ^ 水木 2002, pp. 14-16.
  143. ^ 『境港市史 上巻』(昭和61年)370頁
  144. ^ 水木 2007, p. 222.
  145. ^ 水木 2007, p. 36.
  146. ^ 『境港市史 下巻』1986年(昭和61年) 788頁
  147. ^ 水木 2002, pp. 104-107,201-203.
  148. ^ 水木 1999, pp. 14-15.
  149. ^ a b 水木 2007, p. 201.
  150. ^ 水木 2005, p. 492.
  151. ^ 水木 2007, p. 47.
  152. ^ 足立 2010, p. 72.
  153. ^ a b c 水木 2007, p. 35.
  154. ^ 水木 1999, pp. 15-16.
  155. ^ 水木 2007, p. 213.
  156. ^ 水木 2007, p. 212.
  157. ^ 水木 2005, p. 497.
  158. ^ 水木 2002, pp. 250-251.
  159. ^ Web NDL Authorities
  160. ^ 水木プロダクションtwitter告知 2017年11月27日
  161. ^ Web NDL Authorities
  162. ^ a b 足立 2010, p. 73.
  163. ^ a b 米子商工会議所・米子商業史編纂特別委員会 『米子商業史』 米子商工会議所・米子市商店街連合会、1990年、76頁。
  164. ^ 米子市(編) 『米子自治史』 米子市、1939年、27頁。
  165. ^ 水木 2007, p. 199.
  166. ^ 水木 2007, p. 200.
  167. ^ 日本海新聞2004年9月2日 23面
  168. ^ 水木 2002, pp. 108-112,203-205,360-362.
  169. ^ 『ガロ』1994年9月号
  170. ^ 矢口高雄 『9で割れ!』[要文献特定詳細情報]





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水木しげる」の関連用語

水木しげるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水木しげるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水木しげる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS