輸血とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 輸血 > 輸血の意味・解説 

ゆ けつ [0] 【輸血】

( 名 ) スル
健康な者から採取した血液または血漿赤血球血小板など各種血液成分患者静脈内注入すること。手術外傷による失血貧血白血病一酸化炭素中毒などの治療のために行われる血液型適合していることが必要。 「緊急に-する」

輸血 ( blood transfusion )

治療の目的で、同じ血液型の健康な人の血液患者さんの血管内に注入すること。外傷手術のときだけでなく、貧血衰弱その他、重病状態にある患者さんに対して行われます。また、現在では血液全体の輸血(全血輸血)のケース少なくなっており、多く赤血球血小板血漿など、その患者さんにとって必要な各成分だけを抽出し、必要量だけを輸血する成分輸血一般化しています。供給される血液も、献血時に行われる各種検査によって、肝炎ウイルスエイズウイルスなど感染危険性のある血液除去されており、輸血による新たな病気発生は可能なかぎり阻止されるシステムになっています。まれな血液型や型不適合起こす可能性のある成分などの場合は、あらかじめ本人から必要成分採取し(自家血という)、凍結保存によって輸血時に備え工夫行われています。

輸血

Blood transfusion

【概要】 一度体外出し血液の全成分、あるいは一部分(=成分)を再度血管内に輸注すること。他人の血液の場合同種輸血、自分血液なら自己血輸血という。血液凝固防ぎ保存加えた液が入っているプラスチック製の袋に採取をする。輸血を必要とする患者が、不足している成分を輸血することを成分輸血といい、有効利用につながる。機械を使って特定の成分だけを採取することがある(連続成分採血装置)。  

【詳しく】 輸入血に依存していたことが薬害HIV発生したとの反省にたって、新血液法を施行した。新血液法には安全な血液国内自給政府による需給計画国民協力医療機関適正使用などが規定されている。  輸血の副作用は沢山ある多種類の免疫反応感染症伝播沈着、輸血後宿主移植片病など。技術進歩でかなり安全にはなったが、未知のもの、わかっていても不可避のもの、致死的なものもある。このため安易な輸血を行わず必要不可欠なものに限ることが大切である。また輸血療法にはインフォームド・コンセント(十分な説明納得上で同意)が不可欠である。 

【URL】http://www.yuketsu.gr.jp/

《参照》 供血者検査輸血感染


輸血

【仮名】ゆけつ
原文blood transfusion

血管内に血液または血液製剤投与すること。

輸血、輸液

【仮名】ゆけつ
原文transfusion

血液成分または血液そのもの血流内に注入すること。輸血には他人献血を用いる場合もあれば、本人から事前に採血しておいて、輸血が必要になるまで保管しておく場合もある。

輸血

作者坂口安吾

収載図書坂口安吾全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1991.1
シリーズ名ちくま文庫


輸血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/16 23:21 UTC 版)

輸血(ゆけつ)とは、血液成分の不足を自他の血液から補う治療法のこと。血液を臓器のひとつとしてみれば、最も頻繁に行われている臓器移植であるといえる。


  1. ^ 輸血について 日本輸血・細胞治療学会
  2. ^ 血液製剤 MSDマニュアル プロフェッショナル版
  3. ^ http://voxsangman.seesaa.net/article/275860943.html
  4. ^ 『医学の歴史』ルチャーノ・ステルペローネ(著)小川煕(訳)原書房、(2009年)
  5. ^ http://what-when-how.com/inventions/blood-transfusion-inventions/
  6. ^ 医学探偵の歴史事件簿 小長谷正明(著) 岩波新書 (2014年)ISBN 978-4004314745
  7. ^ 日本輸血学会25周年記念講演 『日本輸血学会雑誌』 1980年 26巻 1-3号 p.1-15, doi:10.3925/jjtc1958.26.1
  8. ^ 根本晋一、高度歯科医療に関する医療過誤訴訟の研究―インプラント植立手術を素材として― (PDF) 日本大学歯学部紀要 2007年 第35号
  9. ^ 2014年8月1日より「赤血球液-LR(RBC-LR)[日赤]」に商品名変更(旧称「赤血球濃厚液-LR(RCC-LR)[日赤]」) (PDF)”. 日本赤十字社 (2014年7月). 2018年6月15日閲覧。
  10. ^ 生物学的製剤基準の改正に基づく添付文書等の改訂及び赤血球製剤の販売名変更について (PDF)”. 日本赤十字社 (2013年12月). 2018年6月15日閲覧。
  11. ^ 麻田真由美, 菅野知恵美, 川本佳代 ほか、「洗浄血小板による輸血副作用の防止」 『日本輸血学会雑誌』 2002年 48巻 1号 p.32-36, doi:10.3925/jjtc1958.48.32
  12. ^ a b c 回収式自己血輸血の概要と実際”. 日本自己血輸血学会. 2017年12月29日閲覧。「I インフォームド・コンセント」(PDF)P.3
  13. ^ 水野樹、「術中回収式自己血輸血:産科手術」 『日本臨床麻酔学会誌』 2010年 30巻 7号 p.925-930, doi:10.2199/jjsca.30.925, P.925



輸血

出典:『Wiktionary』 (2010/08/11 08:02 UTC 版)

名詞

(ゆけつ)

  1. 患者静脈健康血液送り込むこと。

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
輸血-する



輸血と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「輸血」の関連用語

輸血のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



輸血のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの輸血 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの輸血 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS