注射針とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 注射針の意味・解説 

ちゅうしゃ‐ばり【注射針】

読み方:ちゅうしゃばり

注射器取り付け注射筒内の薬液体内注入するための中空の針。先端斜めに切断されている。


注射針

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/12 00:46 UTC 版)

注射針ちゅうしゃばり )は、皮膚の下に刺す医療用具の一種であり、先端が尖った1本の非常に細い中空の管である[1]。鋭利物(: sharps)の一種である。英語圏では皮下注射針(: hypodermic needle、ギリシア語の ὑπο- (hypo=下)と δέρμα (derma=皮膚)に由来)と呼称されることも多い。一般的には注射器と呼ばれるピストン付きの手動器具で、体内に物質を注入したり(生理食塩水や各種薬剤を含んだ溶液、液体医薬品など)、体内から液体を取り出したり(血液など)するために使用される。


  1. ^ Handling sharps and needles: MedlinePlus Medical Encyclopedia”. medlineplus.gov. 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ Elsheikh, HA; Ali, BH; Homeida, AM; Lutfi, AA; Hapke, HJ (May–Jun 1992). “The effects of fascioliasis on the activities of some drug-metabolizing enzymes in desert sheep liver.”. The British Veterinary Journal 148 (3): 249–57. doi:10.1016/0007-1935(92)90048-6. PMID 1617399. 
  3. ^ Korenman, SG (September 1975). “Estrogen receptor assay in human breast cancer.”. Journal of the National Cancer Institute 55 (3): 543–5. doi:10.1093/jnci/55.3.543. PMID 169381. 
  4. ^ Scott, Gene E.; Zummo, Natale (1 January 1988). “Sources of Resistance in Maize to Kernel Infection by Aspergillus flavus in the Field”. Crop Science 28 (3): 504. doi:10.2135/cropsci1988.0011183X002800030016x. 
  5. ^ Leuchtmann, Adrian; Clay, Keith (1988). “Experimental Infection of Host Grasses and Sedges with Atkinsonella hypoxylon and Balansia cyperi (Balansiae, Clavicipitaceae)”. Mycologia 80 (3): 291–297. doi:10.2307/3807624. JSTOR 3807624. 
  6. ^ 尚子, 國澤、洋未, 新村、鑛一, 小川「注射器の内筒操作技術に関する研究」『バイオメカニズム』第17巻、2004年、195–205頁、doi:10.3951/biomechanisms.17.195 
  7. ^ a b コアリング防止対策について”. www.yueki.com. 輸液製剤協議会. 2023年1月13日閲覧。
  8. ^ “On the history of injection”. Dan Medicinhist Arbog 34: 104–1. (2006). 
  9. ^ a b Kotwal, Atul. "Innovation, diffusion and safety of a medical technology: a review of the literature on injection practice". Social Science & Medicine Volume 60, Issue 5, March 2005, pp. 1133–1147
  10. ^ a b Ball C (Jun 2006). “The early development of intravenous apparatus”. Anaesthesia and Intensive Care 34 (Suppl 1): 22–6. doi:10.1177/0310057X0603401S02. PMID 16800224. 
  11. ^ Logan Clendening, Source Book of Medical History, p. 419 (1960)
  12. ^ Walter Reginald Bett, The History and Conquest of Common Diseases p. 145 (1954)
  13. ^ The Irish doctor who invented the syringe”. irishtimes.com. 2018年4月4日閲覧。
  14. ^ Kotwal, Atul. "Innovation, diffusion and safety of a medical technology: a review of the literature on injection practices". Social Science & Medicine Volume 60, Issue 5, March 2005, pp. 1133–1147
  15. ^ Syringe, Discoveriesinmedicine.com
  16. ^ Some (mostly Scottish) local anaesthetic heroes”. Royal College of Physicians of Edinburgh. 2015年11月5日閲覧。
  17. ^ Brunton, D. (2000). “A Question of Priority: Alexander Wood, Charles Hunter and the Hypodermic Method”. Proceedings of the Royal College of Physicians of Edinburgh 30: 349–351. 
  18. ^ a b Beckton Dickinson and Company, "Four Major Phases of Injection Device Development", Syringe and Needle History
  19. ^ Hypodermic syringe”. www.sciencemuseum.org.uk. 2018年4月4日閲覧。
  20. ^ Busillo, Eric (9 July 2008). Characterization of Plastic Hypodermic Needles (PDF) (Thesis). Georgia Institute of Technology.
  21. ^ How do they get the hole through a hypodermic needle? at The Straight Dope.
  22. ^ How syringe is made - material, production process, manufacture, making, history, used, processing, parts” (英語). How Products Are Made. 2018年1月3日閲覧。
  23. ^ Blood Transfusions and Angio Size? Archived 2016-03-03 at the Wayback Machine.
  24. ^ “Medical Industry Cycle Times | Davenport Machine” (英語). Davenport Machine. https://www.davenportmachine.com/cycle-times/medical 2018年1月3日閲覧。 
  25. ^ Giving an Insulin Injection”. Drugs.com. 2010年8月19日閲覧。
  26. ^ How to Stop Allergic Reactions”. EpiPen. 2010年8月19日閲覧。
  27. ^ Multiple Sclerosis Treatments”. mult-sclerosis.org (2008年1月21日). 2013年1月13日閲覧。
  28. ^ 多発性硬化症/視神経脊髄炎(指定難病13) – 難病情報センター”. www.nanbyou.or.jp. 2023年1月13日閲覧。
  29. ^ Fear of Needles Phobia – Trypanophobia” (英語). www.fearof.net. 2018年1月3日閲覧。
  30. ^ The Needle Phobia Page”. Futurescience.com. 2010年8月19日閲覧。
  31. ^ Birnie, Kathryn A.; Noel, Melanie; Chambers, Christine T.; Uman, Lindsay S.; Parker, Jennifer A. (2018-10-04). “Psychological interventions for needle-related procedural pain and distress in children and adolescents”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 10: CD005179. doi:10.1002/14651858.CD005179.pub4. ISSN 1469-493X. PMC 6517234. PMID 30284240. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6517234/. 


「注射針」の続きの解説一覧

注射針

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 03:20 UTC 版)

医療廃棄物」の記事における「注射針」の解説

古く注射針は、その都度煮沸消毒して使用する器具であったが、近年の注射針は衛生上の問題から、そのほとんどが使い捨てである。(一部紛争地域経済壊滅的な打撃受けている地域を除く)このため医療行為付随して大量の注射針が廃棄される訳だが、前出通り高温処理され滅菌プラスチック封入といった過程経て、そのプラスチック封入状態のまま金属資源として溶鉱炉に投ぜられ、金属として再利用されるか、最終処分場埋め立て廃棄処分される。

※この「注射針」の解説は、「医療廃棄物」の解説の一部です。
「注射針」を含む「医療廃棄物」の記事については、「医療廃棄物」の概要を参照ください。


注射針

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 01:01 UTC 版)

注射器」の記事における「注射針」の解説

注射針は、注射器先端筒先取り付けて使用される樹脂製の針基(はりもと)と針管からなり、針管先端針先鋭角12度18となっている。

※この「注射針」の解説は、「注射器」の解説の一部です。
「注射針」を含む「注射器」の記事については、「注射器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「注射針」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「注射針」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  注射針のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「注射針」の関連用語

注射針のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



注射針のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの注射針 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの医療廃棄物 (改訂履歴)、注射器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS