医療廃棄物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 廃棄物 > 医療廃棄物の意味・解説 

医療廃棄物

医療機関から発生する特別管理廃棄物であり、感染性廃棄物とほぼ同じ意味で使われている。1991年廃棄物処理法改正により感染性廃棄物特別管理一般廃棄物、または特別管理産業廃棄物指定された。その結果排出者の責任による適正処理義務けられることになった。なお、医療機関では感染性廃棄物以外にも、毒性の強い化学物質を含む有害廃棄物排出することがあり、これについても適正な処理が必要である。

医療廃棄物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 03:20 UTC 版)

医療廃棄物(いりょうはいきぶつ)とは、医療行為に関係して排出される廃棄物(ゴミ)のことを指す。廃棄物処理法上の区分では「感染性廃棄物」と言い、「特別管理廃棄物」に区分される。




「医療廃棄物」の続きの解説一覧




医療廃棄物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「医療廃棄物」の関連用語

医療廃棄物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



医療廃棄物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの医療廃棄物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS