土葬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > > 土葬の意味・解説 

土葬


ど‐そう〔‐サウ〕【土葬】

読み方:どそう

[名](スル)死骸焼かず土中埋葬すること。また、その葬法


土葬

読み方:ドソウ(dosou)

死者を土に葬ること。


土葬 【どそう】


土葬

作者小檜山博

収載図書小檜山博全集 第1巻(小説1)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


土葬

作者小澤康秀

収載図書魔女―掌小説
出版社労働者文学会
刊行年月2007.5
シリーズ名労文叢書


土葬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 03:59 UTC 版)

土葬(どそう)は、遺体をそのまま埋葬することである。


注釈

  1. ^ 「神戸市立外国人墓地条例施行規則」で、外国人一般に埋葬(土葬)を認める形式である。

出典

  1. ^ a b 「スリランカで土葬復活 コロナで火葬強制、反発受け」毎日新聞』朝刊2021年2月27日(国際面)2021年3月3日閲覧
  2. ^ a b 西野光一、「明治六年の火葬禁止令における火葬観について」『佛教文化学会紀要』1999巻 8号(1999年) p.92-115, doi:10.5845/bukkyobunka.1999.92, 佛教文化学会
  3. ^ a b 鵜飼秀徳 『無葬社会―彷徨う遺体 変わる仏教』第2回「世界一の火葬大国ニッポン、カブトムシも荼毘に」
  4. ^ 『お墓の情報発信マガジン』お墓に関する知識・ニュースなどを発信2019年6月14日「日本で土葬は禁止されてる?国内の土葬できる墓地は」 2019年9月7日閲覧
  5. ^ 「火葬場稼働できず…宮城県、土葬容認へ」YOMIURI ONLINE(2011年3月17日配信)2019年9月7日archive差替え
  6. ^ 今後の御陵及び御喪儀のあり方について 宮内庁 2013年11月14日発表(12月12日補足事項追加)2019年9月7日閲覧
  7. ^ 「面影とどめているうちに」宮城・東松島で土葬始まるasahi.com(2011年3月23日)2019年9月7日archive差替え
  8. ^ 「埋葬、自衛隊頼み 災害派遣で初、通常支援へ影響懸念」 asahi.com(2011年4月4日)2019年9月7日archive差替え
  9. ^ アイヌプリの葬儀を次の世代へ伝える #アイヌ” (日本語). NHK北海道. 2022年3月8日閲覧。
  10. ^ a b トホティ「葬儀:中国―ウィグル族・カザフ族の葬式大東文化大学国際関係学部・現代アジア研究所編『ASIA21 基礎教材編』第3号(1993年)pp.139-144、2019年9月10日閲覧
  11. ^ 新納豊 葬儀:韓国 大東文化大学国際関係学部・現代アジア研究所編『ASIA21 基礎教材編』第3号(1993年)pp.139-144、2019年9月10日閲覧
  12. ^ CNN (2009年4月15日). “不況で変わる葬儀のかたち、増加する「火葬」 米国”. 2009年4月16日閲覧。
  13. ^ 火葬が主流になりつつあるアメリカの火葬費用はどれくらいなのか?GIGAZINE(2017年8月16日配信)2021年3月3日閲覧
  14. ^ 死後も自分らしく…アメリカで変化する埋葬方法 環境に配慮した「グリーン葬」も人気NewSphere(2017年2月20日配信)2021年3月3日閲覧
  15. ^ ローレン・ベットナー著『不死-死後の問題の解明』「土葬か火葬か」p.76-83
  16. ^ 葬送の自由をすすめる会-海外葬送事情 ロシア 山崎瞳[リンク切れ]
  17. ^ カトリック堺教会「臨終からお通夜・葬儀」[リンク切れ]
  18. ^ 前橋聖マッテア教会Q&A[リンク切れ]A]
  19. ^ 日本キリスト教団 蒲田教会[リンク切れ]
  20. ^ 日本キリスト教会出版局[リンク切れ]
  21. ^ a b c イスラム教徒困った「墓がない」 土葬に住民反発、建設頓挫「町のイメージダウン」” (日本語). 毎日新聞. 2022年3月8日閲覧。
  22. ^ 八木谷涼子「教派いろいろ対照表 」バベル・プレス発行の月刊誌『翻訳の世界』(後に『eとらんす』)1999年7月号掲載記事の訂正補強版。Archived 2010年8月19日, at the Wayback Machine.。
  23. ^ a b 「イスラム教徒の墓地問題」TBSラジオ《人権TODAY》2017年8月26日放送分 2019年9月10日閲覧
  24. ^ 樋口美作日本ムスリム協会理事の見解。伊吹早織 不足する「ムスリム霊園」日本で暮らすイスラム教徒の“永眠の地”はどこに BuzzFeed News(2017年9月7日配信)2021年3月3日閲覧。
  25. ^ a b c 「生きた地で眠る自由 - 日本におけるムスリム墓地の今」 『Wasegg』早稲田大学政治経済学部ジャーナリズム・メディア演習・瀬川ゼミ生Webマガジン(2018年3月21日配信)2021年3月3日閲覧
  26. ^ a b 中日新聞』朝刊2020年4月3日24面※記事名不明
  27. ^ asahi.com(朝日新聞社):日本のイスラム教徒永眠の地は 土葬の墓、住民ら反発 - プレーバック1週間”. www.asahi.com(2010年10月18日). 2019年7月8日閲覧。
  28. ^ 文化庁文化部 「宗務時報」No.119(2014年3月)p.10、2019年9月10日閲覧
  29. ^ 清水霊園 イスラーム墓地【公式】”. www.islam.co.jp. 2019年7月8日閲覧。
  30. ^ イスラム教徒 墓難民 九州 土葬用施設なく 偏見や抵抗感…新設に壁” (日本語). 西日本新聞ニュース(2018年1月12日). 2019年7月8日閲覧。
  31. ^ 大阪イスラミックセンター橋本墓地(2019年9月10日閲覧)「
  32. ^ 神戸市立外国人墓地条例施行規則 2019年9月11日閲覧
  33. ^ ムスリム専用の土葬墓地、反対陳情を採択 大分の町議会”. 朝日新聞DIGITAL (2020年12月5日). 2020年12月4日閲覧。


「土葬」の続きの解説一覧

「土葬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



土葬と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「土葬」の関連用語

土葬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



土葬のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2022 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土葬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS