霊柩車とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > > 霊柩車の意味・解説 

れいきゅう‐しゃ〔レイキウ‐〕【霊×柩車】

読み方:れいきゅうしゃ

遺体納めたひつぎを運ぶための車。柩車(きゅうしゃ)。霊車

[補説] 高級乗用車ステーションワゴンなどを改造したものが多い。車の形から宮型バン型バス型などがある。


霊柩車 【れいきゅうしゃ】

遺体を運ぶことを専用にした自動車のこと。病院から自宅への搬送主として使用されるバン型(「寝台車」と通称)、式場から火葬場への搬送用いられることを主とした用途装飾施した特殊仕様車である宮型洋型、それにマイクロバスタイプで人と同乗するバス型とがある。「宮型霊柩車」「洋型霊柩車参照

霊柩車

作者瀬戸内晴美

収載図書昭和文学全集 25
出版社小学館
刊行年月1988.4


霊柩車

作者瀬戸内寂聴

収載図書瀬戸内寂聴全集 1 短篇
出版社新潮社
刊行年月2001.1


霊柩車

作者川端康成

収載図書川端康成片腕文豪怪談傑作選
出版社筑摩書房
刊行年月2006.7
シリーズ名ちくま文庫


霊柩車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/20 05:59 UTC 版)

霊柩車(れいきゅうしゃ、英語: hearse または funeral car,funeral coach)とは、葬送において遺体を移動させるために用いられる車両イギリスの霊柩馬車に起源があるとされ、手引き車、馬車、自動車のほか、鉄道車両にも見られる。


  1. ^ a b 碑文谷創 (2008年6月27日). “<葬祭編:第35回> 宮型霊柩車が消える?! -変わりゆく葬儀の光景-”. セカンドステージ冠婚葬祭講座. 日経BP社. 2017年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月7日閲覧。
  2. ^ a b 久保洋一「19世紀イギリスの墓地 : 共同墓地を中心とした研究動向の整理」『歴史文化社会論講座紀要』第10巻、京都大学大学院人間・環境学研究科歴史文化社会論講座、2013年、 51-105頁、2019年5月26日閲覧。
  3. ^ 世界の葬送”. 公益社. 2017年2月7日閲覧。
  4. ^ 松涛弘道 『世界の葬送』イカロス出版、2009年、101頁。 
  5. ^ フィリップ殿下の特注霊きゅう車を公開 自身も開発に携わり”. 毎日新聞 (2020年4月16日). 2021年4月18日閲覧。
  6. ^ 松涛弘道 『世界の葬送』イカロス出版、2009年、127頁。 
  7. ^ a b c 利用者の皆様へ 霊柩自動車のご紹介”. 一般社団法人全国霊柩自動車協会. 2021年2月21日閲覧。
  8. ^ 沿革について”. 一柳葬具総本店. 2023年1月13日閲覧。
  9. ^ a b プリウスを真っ二つ!? 霊きゅう車「改造工場」に潜入した! 11月5日(木)16時14分配信 若林朋子
  10. ^ ど派手クラウン快走中 全身ピンク、出産送迎に霊柩車に:朝日新聞デジタル、閲覧2017年11月7日
  11. ^ 【教えて!goo】宮型霊柩車が減少した2つの理由(1/3ページ) 産経ニュース、閲覧2017年11月7日]
  12. ^ News Up 霊きゅう車は時代を映す鏡 NHK
  13. ^ 死亡女性葬儀…市民大勢が悼む ミャンマー(日本テレビ系”. 日本テレビ (2021年2月21日). 2021年2月21日閲覧。
  14. ^ トヨタ博物館 メルセデスベンツ 500K
  15. ^ 67.<この頃はやらない自動車談義ですが…> I.後期高齢車”. ダンディー先生のお茶飲み話 . Littera 逍遥雑信 <リテラ> (2008年7月29日). 2012年3月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月2日閲覧。
  16. ^ クラシカル霊柩車“絶滅”の危機…火葬場入場禁止の自治体も 「走る寺」アジア仏教国では人気(2ページ目) 産経WEST(産業経済新聞社)、2017年3月15日(2021年4月29日閲覧)。
  17. ^ 減少する「宮型霊柩車」 人気がなくなったワケ中京テレビ、2019年9月7日(2022年2月18日閲覧)
  18. ^ 実際、ラダーフレームのスズキ・ジムニーでは通称「バンカット」と呼ばれる、Bピラーより後ろのルーフを切除してしまう事例が見られる
  19. ^ 無許可の車を霊きゅう車として使用 葬祭業者を書類送検 NHKニュース 2017年5月23日
  20. ^ 封印された鉄道史』p.46
  21. ^ a b 封印された鉄道史』(p45)
  22. ^ 大阪市交通局七十五年史』(p56)
  23. ^ 封印された鉄道史』(p44, p45)
  24. ^ 路面電車の技術と歩み』(p120)


「霊柩車」の続きの解説一覧

霊柩車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 16:16 UTC 版)

装甲騎兵ボトムズの登場兵器」の記事における「霊柩車」の解説

ウド脱出時にボロー使用メルキア警戒線を超えるため、擬装用に本物死体積んでいた模様

※この「霊柩車」の解説は、「装甲騎兵ボトムズの登場兵器」の解説の一部です。
「霊柩車」を含む「装甲騎兵ボトムズの登場兵器」の記事については、「装甲騎兵ボトムズの登場兵器」の概要を参照ください。


霊柩車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 14:31 UTC 版)

嘉陽炭鉱鉄道」の記事における「霊柩車」の解説

沿線道路開通するまで、本鉄道には沿線住民遺体を当鉄道輸送する習慣存在したそのために車番0の霊柩車が存在し普通列車最後尾に連結される通常の二軸車より一回り小さく、車端に設けられ遺族乗降ドアの他、側面中央部横長の開口部をもち、遺体寝かせた姿勢のままで安置することができる。遺族発車時にホーム爆竹鳴らし走行中道教習俗に従って車窓から紙銭を撒いた

※この「霊柩車」の解説は、「嘉陽炭鉱鉄道」の解説の一部です。
「霊柩車」を含む「嘉陽炭鉱鉄道」の記事については、「嘉陽炭鉱鉄道」の概要を参照ください。


霊柩車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 09:38 UTC 版)

皇室用客車」の記事における「霊柩車」の解説

皇室用の霊柩車としては、英照皇太后孝明天皇皇后)、明治天皇及び大正天皇大喪の礼際にそれぞれ新製された3両が存在する。これらには、形式記号番号いずれも付与されておらず、「霊柩車」が名称であるが、ここでは便宜的にそれぞれ初代2代3代称することとするこれらの他に葉山御用邸崩御し大正天皇遺体東京宮城皇居旧称)に還幸させるために、3号御料車初代)が霊柩車に改造のうえ使用されたが、名称、番号等の変更はなかった。同車は、1951年昭和26年)の貞明皇后大葬際に13号御料車改称のうえ、霊柩車として使用されている

※この「霊柩車」の解説は、「皇室用客車」の解説の一部です。
「霊柩車」を含む「皇室用客車」の記事については、「皇室用客車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「霊柩車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「霊柩車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



霊柩車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霊柩車」の関連用語

霊柩車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



霊柩車のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2023 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霊柩車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの装甲騎兵ボトムズの登場兵器 (改訂履歴)、嘉陽炭鉱鉄道 (改訂履歴)、皇室用客車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS