宮型霊柩車とは?

Weblio 辞書 > 自動車・バイク > 霊柩自動車の種類 > 宮型霊柩車の意味・解説 

みやがた‐れいきゅうしゃ〔‐レイキウシヤ〕【宮型霊×柩車】

大型乗用車後部改造し、神社仏寺のような構造物乗せ霊柩車後部ドアから出し入れする。

[補説] 火葬場によっては、周辺住民への配慮から、外装目立つ宮型霊柩車の乗り入れを断るところがある。


1927年(昭和2年)製作の宮型霊柩車


宮型霊柩車 【みやがたれいきゅうしゃ】

霊柩車一種宮型を象った特殊仕様車で主として火葬場への遺体搬送用いる。特別車。霊柩車日本への登場大正4年アメリカ装飾霊柩車輸入から。大正9年頃に輿を荷台に載せて運んだことから造形昭和初期から利用が増えたが戦前利用大都市のみ。戦後1955年以降全国普及。これにより葬列が廃されるようになる。霊柩車先頭に車を連ね火葬場へ行くことを「葬列」と称することもある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮型霊柩車」の関連用語

宮型霊柩車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宮型霊柩車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全国霊柩自動車協会社団法人全国霊柩自動車協会
Copyright (C) 2021 全国霊柩自動車協会 All rights reserved.
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2021 葬儀の相談センター All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS