輿とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 乗り物 > 輿の意味・解説 

よ【×輿】

人名用漢字] [音]ヨ(呉)(漢) [訓]こし

何人かで担いで運ぶ乗り物。こし。かご。「肩輿・車輿・乗輿神輿(しんよ)・鸞輿(らんよ)・輦輿(れんよ)」

万物をのせる台。大地。「輿地坤輿(こんよ)」

大ぜいの。「輿望輿論

難読神輿(みこし)


こし【×輿】

人を乗せる屋形の下に2本の轅(ながえ)をつけた乗り物。轅を肩に担ぐ輦(れん)と、腰の辺りにささげ持つ手輿(たごし)に大別され、身分の上下によって、鳳輦(ほうれん)・葱花輦(そうかれん)・四方輿網代輿(あじろごし)・板輿などの種類がある。

みこし。神輿(しんよ)。

2本の轅に棺桶を載せて担ぐ葬具


輿


輿
遺体納めを置き、担いで運ぶ。
屋根唐揚破風となっており、宮型霊柩車原点となっている。

輿

読み方:コシkoshi

人が肩で担ったり手で持って運ぶようにした乗物


輿

読み方
輿こし
輿はじ

輿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 14:09 UTC 版)

輿(こし、英語: litter)とは、人間を乗せ人力で持ち上げて移動するための乗用具。


  1. ^ 江戸初期の『武家諸法度』(元和令)には、「雑人、恣(ほしいままに)不可乗輿事」(身分の低い者は、許可なく輿に乗ってはいけない事)と記されている。
  2. ^ a b c 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、2頁。
  3. ^ a b 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、10頁。
  4. ^ 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、20頁。
  5. ^ 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、26頁。
  6. ^ 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、33頁。
  7. ^ a b 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、35頁。
  8. ^ a b c d e f 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、55頁。
  9. ^ 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、60頁。
  10. ^ 櫻井芳昭『ものと人間の文化史 輿』法政大学出版局、2011年、61頁。


「輿」の続きの解説一覧

輿

出典:『Wiktionary』 (2019/05/17 20:31 UTC 版)

発音


輿

輿
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



輿と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「輿」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

輿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



輿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全国霊柩自動車協会社団法人全国霊柩自動車協会
Copyright (C) 2021 全国霊柩自動車協会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの輿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの輿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS