造形とは? わかりやすく解説

ぞう‐けい〔ザウ‐〕【造形/造型】

読み方:ぞうけい

[名](スル)形のあるものをつくりだすこと。ある観念などから、ある形をつくりだすこと。また、そのもの。「歓喜のイメージを—する」「自然の—美」

「造形」に似た言葉

造形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/26 09:22 UTC 版)

造形(ぞうけい)とは様々な物質を媒介として、形あるものを作りだすこと。またある概念によって生みだされた形・もの。




「造形」の続きの解説一覧

造形(2000)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:39 UTC 版)

ゴジラ (架空の怪獣)」の記事における「造形(2000)」の解説

通称ミレニアムゴジラ、ミレゴジ。書籍ゴジラ2000ミレニアム超全集』では、本作品のゴジラ4代目カウントしている。 基本デザイン西川伸司よるもの全身決定稿はなく、上半身シルエット頭部の決定デザインのみが描かれた。西川は、初代ゴジラベースとしていたVSシリーズゴジラとの差別化として、キンゴジやモスゴジを基にしている。初期案では、初代ゴジラベースしたものや、耳たぶがなく穴のみのものや、尻尾以外にも節の横線が首や足に加わったものや、背びれ立体的に表現したものや、銃身の首と撃鉄背びれなど歩くビーム砲台とイメージした銃型のものなどが存在した本作品の企画以前には酉澤安施による背びれが2列あるゴジラデザイン案が存在していた。原画アナログ彩色よるものだが、部位色調変更デジタルよるもののため、容易となっている。咆哮時には首が動いた際に息遣い感じさせ首筋広がるイメージとなっており、実際のスーツ最終的に5センチ首を延長している。平成ゴジラ口の終端が首より前にあったが、それとの差別化として、顎の長さ変えず、顔全体短くして頭部の印象変えている。首筋キング・コブラのようにふくらみ、口は大きく裂け背びれ従来の倍以上もある鋭いものとなっており、アングルによっては、初代ゴジラなど過去ゴジラ想起させる微妙な造型となっている。恐竜を基にした顔に肉付けしていく方向性や、横方向にもトゲを出すものも背びれ検討された。 本作品では「怖いゴジラ」が一つテーマであったが、特殊技術鈴木健二は怖いだけのゴジラでは成立しない思ったため、身近に感じる時もあれば、怖い時もあるなど、いろいろな面を持ち合わせ様々なキャラクター入れたゴジラとしているが、インパクトのある、凶暴なイメージの方向性デザイン作ったという。大きく口を開け、首は肩と一体になるように太く膨らませ、眼はどの方向か見てゴジラ見つめられているような作り方となっている。84年作品以降は高層ビル林立する現代都会巨大感を出すために身長80メートル100メートル大きく設定されていたが、本作品では大きさ描き方出せる方向転換しリアルな恐怖感求めてあえて初代50メートルに近い55メートル設定されたゴジラ着ぐるみ製作は、『vsデストロイア』まで東宝内部で行われていたが、ミレニアムシリーズでは外部発注されており、『大怪獣総攻撃以外の作品では若狭新一が代表を務め有限会社モンスターズが造形を担当した若狭によれば東宝プロデューサー富山省吾初代ゴジラを、特殊技術担当した鈴木健二『キングコング対ゴジラ』ゴジラそれぞれイメージしていたといい、両者希望に沿うよう心がけた述べている。一方で若狭自身は自身愛好するキンゴジやモスゴジの雰囲気入っている述べている。若狭は、「平成ゴジラ感じさせない新しゴジラ像」を要望されたことが一番難しかった述懐している。検討マケット若狭寒河江弘手掛けた着ぐるみは海用とアップ用が製作された。そのほかスーツと同サイズ爆破モデル上半身マペット右腕右足・尾の部分モデル用いられた。いずれもラジコン操作頭部の可動口の開閉が可能となっている。頭部メカは、喜多川要望により動物動作再現できるようパーツごとに可動する仕様となった当初は前傾姿勢するために足に高下駄入れることが検討されていたが、スーツアクター喜多川務スーツ改修することなく前傾姿勢維持することができ、若狭喜多川スーツ着たことでゴジラ完成した述べている。手の指は、YSシリーズ時と異なり中指薬指1本の指に入れているが、後年インタビュー喜多川は、小指に力が入らずNG出してしまうことが多かった述懐している。 最大の特徴である背びれは、西川のシルエットデザインを元に巨大かつ鋭利なものとなり、配色従来とは異なりメタリックレッドとなっている。今までより色を感じさせるために、尖端パールピンクにしている。若狭背びれ大きいと重くなり動き邪魔にもなることを懸念したが、鈴木迫力があるので良いとして大きいままとなった。しかし、背びれ発光させるため半透明FRP用い強度を保つために軽量化が難しいことから発光用と通常用の背びれ差し替える仕様となったまた、背びれや肩などに従来ゴジラにはないトゲ存在している。 体の色はグリーン若狭は、従来の黒やグレーとの差別化から、アメリカでのゴジライメージであるグリーンとしたが、ナイター撮影現場ホコリなどにより、当時カメラ性能ではほとんどグレーにしか見えなかったと述懐している。 本作以前直立姿勢から若干前傾姿勢になり、口も大きめに造形されているなど、より爬虫類に近い印象をもつ。足の指付き方は初代ゴジラのものと同様になり、歯並びもビオゴジの二列から一列戻され以降継承される。目はネコ科動物のものを参考にしており、どこからでも目線が合うことを意識したという。尾は、当初は29であったが、撮影初期に改修され35となったまた、従来との差別化から尾の先端細くなっている。鈴木によると、「まだ成長しきっていないやんちゃな個体」としてこのゴジライメージしたという。 海中を泳ぐシーンではゴジラを初めフルCG描いている。上陸シーンでも、ヘリ空撮した実景映像スーツゴジラ合成するなど、デジタル合成多用されるようになった冒頭の尾で薙ぎ払われる居酒屋は、実物大セット映像CGの尾を合成している。 砂浜足跡は、重機用いて実物大のものが掘られた。 公開当時アトラクションスーツは、撮影用のものと異なり体色明るグリーンである。

※この「造形(2000)」の解説は、「ゴジラ (架空の怪獣)」の解説の一部です。
「造形(2000)」を含む「ゴジラ (架空の怪獣)」の記事については、「ゴジラ (架空の怪獣)」の概要を参照ください。


造形(アニメーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:04 UTC 版)

キングギドラ」の記事における「造形(アニメーション)」の解説

3DCGモデル監督瀬下寛之ラフスケッチを元に川田英治担当。瀬下によるテーマ稲妻。「まったく違う進化をしたゴジラ」というイメージ再現するため、モデリング劇中に登場するゴジラ派生怪獣セルヴァムからの進化という方向性を軸に、セルヴァムモデルベース発展させる形で行われた3つの頭部それぞれ形状異なり複数目玉備え上顎よりも下顎大きい。首が非常に長く相当する部分植物の薔薇モチーフとなっており、攻撃性表現されている。

※この「造形(アニメーション)」の解説は、「キングギドラ」の解説の一部です。
「造形(アニメーション)」を含む「キングギドラ」の記事については、「キングギドラ」の概要を参照ください。


造形(デスギドラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:04 UTC 版)

キングギドラ」の記事における「造形(デスギドラ)」の解説

デザイン吉田譲キングギドラとの差別化のため、顔を長く、首は短くする方向性となり、四本足怪獣としてデザインされた。検討稿では、西洋ドラゴンのような顔の3つの体が合体したものや、前面に骨の意匠押し出したもの、2足歩行のものや2本腕と4本脚のものなどが存在したまた、岡本英郎による検討案では、1本首から3本首に成長するというものもあった。体色は、モスラとの対比モノトーンとなった1つ首と光線発射する器官3つしたものや、P-38をモチーフにした尻尾2本のものも描かれ後者は『モスラ2 海底の大決戦』のダガーラへと発展した特技監督川北紘一は、キングギドラデストロイア思わせる名前であることから、デザイン苦悩したと述べている。 造形はモンスターズチーフ若狭新一の元、リーダー兼頭部原担当伊藤成昭をはじめ八木文彦寒河江弘山岡英則渡辺勉、そしてメカニカル製作のレプリカ江久保暢宏それぞれ担当動きやすさを重視するため、粘土原型頭部と首のみが作られボディウレタン直付け作られた着ぐるみ前足には入れられ後足が膝をつかないようにしている。後ろ足立ち上がれるなど機動性高く特技監督川北紘一もこの着ぐるみ気に入っていたという。また、4足歩行のデザインは、「のちのカイザーギドラに近い」とも評されている。 着ぐるみの翼は付け根部分着脱が可能となっている。翼の造形は、デストロイアと同じ方式行われた造形物着ぐるみのほか、25分の1スケール飛行用と首の可動ギミック内蔵した小型のものの3種類が造られた。 パンフレットによれば3つの首は操演時の区別のため、右からそれぞれ「のぞみ・かなえ・たまえ」と呼ばれていた。

※この「造形(デスギドラ)」の解説は、「キングギドラ」の解説の一部です。
「造形(デスギドラ)」を含む「キングギドラ」の記事については、「キングギドラ」の概要を参照ください。


造形(初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 04:44 UTC 版)

モスラ (架空の怪獣)」の記事における「造形(初代)」の解説

幼虫成虫とも利光貞三村瀬継蔵八木勘寿、八木康栄による造形。 幼虫 幼虫は3尺ほどの操演ミニチュアが、動力内蔵した自走式のものと、プール撮影東京タワーシーンなどで使われ操演用のものと用意された巨大ぬいぐるみ 渋谷から東京タワーに迫るシーン幼虫は、高さが6尺(約2メートル)、長さ33尺(約10メートル)、重さ120キログラムほどもある製作費200万円大型のぬいぐるみ撮影された。 タケと金網の骨組みラテックス塗った布とスポンジ被せたものを節ごとに作っており、節と節の間石膏入れていた麻袋繋いでいる。村瀬は、このモスラの顔の周りフジツボをつけ、籐のヒゲ生やして生物感を表現している演技者手塚勝巳先頭総勢8人が入って動かしている。俳優だけではなく美術スタッフ若手参加していた。この手法は『空の大怪獣ラドン』のメガヌロンでも用いられいたものであり、手塚はメガヌロンの先頭入っていた経験から先頭操作抜擢された。俳優中で横棒をつかむ構造になっており、靴は白い長靴着用していた。高さのある前方俳優立っていられたが、低くなる後方中腰前かがみの状態で歩かなければならず、後方に呼吸のための横穴開けられていた。 本番前テストでは、俳優ぬいぐるみ被らずロープを持って連なった態で歩いた本番では少しずつ進みながらカット繰り返しており、複数カメラ撮影しているため、万が一NGとなっていずれかのアングル使えるよう万全の体制がとられていた。スクリプター鈴木桂子は、俳優らは周囲が見えないためスムーズに歩けず、NG多かった証言している。 小説家木原浩勝は、このような巨大な造形物用いた理由について、画面入り切らない大きさとすることで人間止められない巨体体感させることや、火薬威力下げずに爆発小さく見せるためであったものと解釈している。 この大型のモスラ幼虫は、同年製作の坂本九主演映画アワモリ君乾杯!』の劇中で、東宝撮影所が写るシーンにも登場する劇中では「モスラ始動スイッチ」を入れると動き出した。 自走式 自走式制作機械担当飯島周治郎が手掛けた美術の井上泰幸はオートバイのエンジン用いていたと証言しているが、模型電飾鈴木昶100ボルトモーターキャタピラ動かしていたと証言している。美術青木利郎模型電飾高木明法エンジンのものは試したものの使えなかっただろうと推測している。 水上用 水上用には、当初丸太用いたものが用意された浮いてしまうため、重り入れた金属製骨格スポンジ貼ったものが用いられた。昼間の海を進むシーンは、東宝撮影所の大プールでの撮影のほか、馬入川ヘリコプターによる空撮行われた。大プール撮影では、飯島周次郎考案したダンプカー油圧シリンダー改造した上下動装置用いている。この装置は、油圧のままではプールに油が浮いてしまうため、中を変えて外部から空気圧をかけるかたちとなっており、中の抜けるまで7回ほど上下可動可能であった操作模型電飾鈴木昶が行い、プール移動する幼虫並行して走るジープの上からワイヤー操作したその他の造形物 卵から孵化するシーンではギニョール用いられた。卵は石膏製。卵のヒビは、アニメーション表現された。 糸 幼虫が吐く糸は、ゴム糊シンナー溶き、口に仕込んだパイプから噴出させて表現したギニョールではなく造形物中に装置仕込んでいるため、口元アップではなく全身映したワンカット東京タワーに糸を吐くシーン撮影している。 東京タワーなどに糸を巻き付ける際は小型扇風機中央に液状硝化綿入れて重ねた取り付け、これを回転させることで隙間から綿飴のように硝化綿吹き出している。この装置小道具山本久蔵制作した助監督務めた中野昭慶によれば装置自体天井張った蜘蛛の巣の表現など以前から用いられいたものであり、山本がこれを用いることを提案したという。硝化綿火薬原料あるため取り扱い火薬担当が行っていた。 成虫 成虫大中小3種類のミニチュア用意された。大サイズ翼長が2メートルを超える造型バランスは中サイズが最も整っており、宣伝スチールにも用いられている。 体毛植え込みではなくアクリル素材ボア貼って処理している。これはメンテナンス作業などで毛が抜け荒々しくなるが、村瀬はそれが生物らしく見えた評している。 電飾内蔵され目の複眼楕円形で、ポリ樹脂使われた。村瀬は、ビー玉多数窪みをつけた型に樹脂流して複眼作り内側にはくしゃくしゃにしたアルミホイル貼って電飾の光が乱反射するようにしている。 翅の模様は、実在蛾の羽を参照して村瀬塗装している。羽ばたきは、巨大感を出すために羽が順送りにしなる表現求められ、籐の天竺布を貼って翼が作られた。さらに操演用のクレーン木枠2枚蝶番で合わせたものを用意して翼を吊り映像見られる雄大な羽ばたき実現している。操演中代文雄は、このような構造になった理由について、カメラ映らない細いピアノ線用いつつ、線が切れないよう均等に力がかかるようにするためであった証言している。骨組み重く、布も厚手のため羽根重量があり、村瀬によれば動かすたびに蝶番負荷かかって歪むため、撮影後毎晩メンテナンス作業行っていたという。また鈴木昶によれば操演時に羽ばたきで体がぶれてしまうため、体の一部映らないカットでは胴体鉄パイプをつけてスタッフ見えない位置から支えていたという。遠景での羽ばたきは、アニメーションによって表現されている。 繭から出るシーンでは、翼を外している。 繭の表面硝化綿製で、炎上シーンでは燃えやすくなっている。

※この「造形(初代)」の解説は、「モスラ (架空の怪獣)」の解説の一部です。
「造形(初代)」を含む「モスラ (架空の怪獣)」の記事については、「モスラ (架空の怪獣)」の概要を参照ください。


造形(VS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 04:44 UTC 版)

モスラ (架空の怪獣)」の記事における「造形(VS)」の解説

新規のキャラクターデザイン描かれておらず東宝映像美術により造形用の三面図作られたデザイン初代に準じているが、配色はより鮮やかなものとされた。また、足の指3本になっている。 造形はツエニー同社表の村瀬継蔵1961年『モスラ』でもモスラの造形を行っている村瀬成虫幼虫合わせ東宝特殊美術部から発注受けたのはクランク・インのわずか1カ月前だった。村瀬年明けから見込み準備をしたおかげで、なんとかこれに間に合わせた語っている。また、村瀬旧作イメージ変えず向上した技術用いることでクオリティ上がることを期待したという。川北は、村瀬依頼した理由についてモスラを造形できる技術持った会社ツエニーだけであった述べている。 本作品のデザインにも参加した西川伸司は、生物感よりもファンタジー性を強調し象徴的に造形されたと評している。 幼虫 幼虫自走式車輪メカニック内蔵した8尺(2.4メートル)と5尺(1.6メートル)[要出典]の大小2種作られた。このメカニック大きな車輪入手できず、小さな車輪使用せざるを得なかったため、芋虫らしい節運動表現できなかったことを悔やみ川北紘一は「やり直したい部分」と述べており、1996年公開『モスラ』にてその雪辱を果たしている。炎上する海を進むシーンでは、耐火耐熱用のコーティング施された。卵から孵化するシーン赤坂でのホテルの窓に映る合成シーンではギニョール用いている。 国会議事堂シーンでは、幼虫ピアノ線による操演動か予定であったが、重量大きかったことと、口から吐く糸にライティングを行うためピアノ線合成などで消せないことなどから断念し内蔵メカ外した造形物中から助監督神谷誠動かすという手法とられた幼虫噴き出す糸は、発泡スチロールの細かい粉を吹かせる手法表現した特殊効果久米攻は、旧作用いていたゴム糊黄色っぽかったため、白い素材探した述べている。他の素材ではセルロースの方美しかったが、引火する可能性が高いため危険と判断された。 村瀬継蔵幼虫体表テカリ表現するため、『モスラ対ゴジラ』使用した、「ビニールゾル(ソフトビニール)」による表面塗膜本作品でも再使用している。 成虫 成虫は、ラジコン各部が動く翼長10尺(3.5メートルあるものと、3尺(1メートル)の大小2種作られたアクションシーンほとんどはサイズのものを使用している体毛手作業貼り付けている。 複眼には透明なポリカーボ用いており、裏側から穴を開けた後、熱処理丸くしている。村瀬は、周囲からは「かわいい」好評であったが、機界的な加工行ったため、生物的な仕上がりにはならなかったと述懐している。 翼には、特殊樹脂製の釣り竿(グラスロッド)が使われている。グラスロッドは、素材の向上により骨組み内側のみならず外側に使われ可動部分蝶番ではなくシリコン製のリングになったため、村瀬壊れずメンテナンス楽であった述べている。 操演用いワイヤーは、胴体3本羽根2本となっており、多数ピアノ線用いていた昭和期よりも大幅に減少している。川北は、操演についてスピード感と翼の動き、埃の舞い上が方などがなかなか合致しなかったと苦労した旨を語っている。 鱗粉りんぷん)には、金粉使われた。口はFRP製。 繭内部の影にはカポック製の造形物用いられその後これを改造したものが繭から孵化するシーンにも用いられた。 特技監督川北紘一は、羽化シーンでは教材ビデオ参考にしている。CGでの描写用意されていたが、最終的には操演のみでの表現となっており、川北は「CGではまだ感情表現うまくいっていなかった」「(操演の方が)羽根のしなりや生物感が勝っていた」と述べている。村瀬はこのシーン発注一度は断ったが、懇願されてやってみた想像以上にうまくいったと語っている。 その他 卵の造形物は、誕生シーン用と輸送シーン用の2種類作られたFRP製の前者は、1.3メートルほどの大きさで、幼虫顔を出すための穴が開けられている。繭も2種類制作されていたが、一方予備として未使用終わった。こちらはグラスファイバー製で、成虫の出る箇所開けられている。

※この「造形(VS)」の解説は、「モスラ (架空の怪獣)」の解説の一部です。
「造形(VS)」を含む「モスラ (架空の怪獣)」の記事については、「モスラ (架空の怪獣)」の概要を参照ください。


造形(地球防衛軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:39 UTC 版)

モゲラ」の記事における「造形(地球防衛軍)」の解説

頭部造形は利光貞三胴体八木勘寿、八木康栄による。造形物は、スーツミニチュア併用され、主に1号機前者2号機後者用いている。 渡辺明による初稿デザインでは、鼻先ドリルになったセンザンコウのような姿であった企画段階で、検討1尺モデル製作された。宣伝材にも使われている。昭和41年ごろに「マルサン」から発売されソフトビニール人形ブルマアク作られたプラモデルは、この検討モデル資料作られていて、映画とはかなり印象異なっている。 スーツ胴体は頭と上・下半身セパレートになっており、表面ビニール素材貼り付けられ金属色塗装されている。上半身だけ着けて待機中中島春雄スナップ写真残されている。ジープを蹴るシーンなどでは、下半身だけを着けて演じた頭部ブリキ製で、かなりの重量あったとされる。スーツ背面写真残されていない地中掘り進むシーンのため、顔のドリルと腕や背中カッター回転する2尺サイズミニチュア製作されている。当初企画時にあった胴体部分キャタピラが動く」という仕掛け試みたが、実現できず断念していて、歯車内蔵した作中ミニチュア写真現存している。このミニチュアは、マーカライトファープに踏み潰されシーンでも用いられた。

※この「造形(地球防衛軍)」の解説は、「モゲラ」の解説の一部です。
「造形(地球防衛軍)」を含む「モゲラ」の記事については、「モゲラ」の概要を参照ください。


造形(vsスペースゴジラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:39 UTC 版)

モゲラ」の記事における「造形(vsスペースゴジラ)」の解説

造型はボンクラフトが担当スーツ制作費1000万円。 着ぐるみは2メートル大のものが造られた。重量90キログラムメインパーツFRP製。初代同様、上下分割になっており、足元のアップ下半身のみ着用して撮影された。当初想定より大型のものとなったが、着脱しやすさ重視したため、演じ福田からは好評であったという。造型時に福田海外へ渡航していたため、型取り別人で仮合わせした後、前作福田演じたメカゴジラデータ用いて修正が行われた。 腕部開閉ギミック付きのものと、閉じた状態のものがある開閉ギミックは、スーツアクター操作可能なものとなっている。眼には電飾が、口のドリルには回転ギミック仕込まれている。 ローラーシステムによる移動は、スーツ台車乗せて表現している中にはスーツアクターではなくダミー人形入れている。 撮影では、激しく倒れシーンスーツ破損し撮影中断するアクシデントがあった。さらに、当初スケジュールより遅れた結果モゲラ炎上シーンドックシーンよりも先に撮影することとなり、その後急ピッチでモゲラスーツ修復が行われた。 70センチメートル大の変形ミニチュアも造られ、その後飛行ミニチュア改造された。こちらの造型東陽モデル担当宇宙飛行時と大気圏内飛行時とでは、噴射色を変えている。こちらも、宇宙空間スペースゴジラ激突するシーン撮影で翼や脚が壊れアクシデント起きた分解したスーツ組み合わせて飛行形態撮影にも用いている。福岡飛来するシーンでは、旧モゲラソフビ改造したミニチュア用いられていたが、完成作品ではカットされた首の部分実物大セットも造られ、脱出シーンでの撮影使われた。 コクピットセットは、ランドモゲラーのものと共用である。 脱出艇は、新規デザイン描かれていたが、ミニチュア前作メカゴジラのものを流用している。 ドックセットは、スーツ用のものと合体ミニチュア用の2種類制作された。前者撮影では、スーツには人が入らずマネキン用いている。前作でのメカゴジラドック巨大感を強調していたのに対しモゲラドック奥行き持たせることで立体感強調している。 スーツは、2009年時点で東宝倉庫保管されているのが確認されているが、頭部のドリル紛失している。合体モデルは、川北紘一率いるドリームプラネットジャパンで保管している。

※この「造形(vsスペースゴジラ)」の解説は、「モゲラ」の解説の一部です。
「造形(vsスペースゴジラ)」を含む「モゲラ」の記事については、「モゲラ」の概要を参照ください。


造形(×メガギラス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:39 UTC 版)

ゴジラ (架空の怪獣)」の記事における「造形(×メガギラス)」の解説

通称ギラゴジ 造型前作引き続きモンスターズ担当スーツ前作の型を流用して製作したものと前作着ぐるみ改修したものが使われた。形状そのもの変わらない体色全体的に明るくなり、歯にすじが入っているなどの点が異なる。新規スーツは、素材変更によって50キログラム以下に軽量化された。爪や背びれウレタン製変わった基本姿勢前作ほど前傾姿勢はなっていない。劇中では瞼の動きCGによって表現されている。 初代ゴジラ同一という設定だが外観異なるため、1954年襲撃シーンは本スーツ用いて『ゴジラ』の場面をリメイクしている。脚本では第1作フィルム新しゴジラ合成すると書かれていたが、最終的には完全な新撮となった下半身のみのスーツ制作され冒頭足元のアップジャンプする際の足元の撮影などに用いられた。 実物大背中一部造形物製作された。 海上を泳ぐシーンでは、上半身のみのスーツプール内に設置されレール乗せて動かしている。このモデルスタッフから「カチコチ君」と呼ばれていた。 全国各地宣伝を行う「どこでもゴジラキャンペーン」のために21体のアトラクションスーツ製作された。

※この「造形(×メガギラス)」の解説は、「ゴジラ (架空の怪獣)」の解説の一部です。
「造形(×メガギラス)」を含む「ゴジラ (架空の怪獣)」の記事については、「ゴジラ (架空の怪獣)」の概要を参照ください。


造形(GMK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:39 UTC 版)

ゴジラ (架空の怪獣)」の記事における「造形(GMK)」の解説

通称GMKゴジラ、GMKゴジスーツアクター吉田瑞穂。 造形は金子指名品田冬樹担当具体的なデザイン画は存在しせず、監督金子修介らのアイディアをもとに品田によって検討モデルから造形された。これは、デザイン立体とのイメージのずれを解消するための措置であった品田は、初代ゴジラ検討モデル84ゴジライメージしたとされるプロポーション前作とは打って変わって太めかつ頭部大きい。感情移入拒絶する悪の権化」を強調するため、眼は白目のみで黒目存在しない。耳も穴のみとなったイグアノドンイメージして手の親指大きく造型された。足の爪は、スーツアクター安全性考慮して地面につかない位置につけられており、当たっても爪が曲がるように設計されている。背びれも、特徴的であったミレニアムゴジラのものではなく昭和ゴジラ意識したものとなり、原点回帰意図している。初期案では四足歩行怪獣相手とするため、恐竜型の前傾姿勢とする原型存在しており、製作発表ではこちらのモデル用いられていた。 着ぐるみバラゴンとの体格差を表現するため、シリーズ最大となる頭頂220センチのものが作られた。足は、20センチメートルほどの発泡材入れた高下駄構造となっている。重量80キログラム以上となり、格闘戦の多い本作品ではスーツアクターへの負担が大きいものとなった。爪は発泡ウレタン、牙はFRPおよび歯科用レジン、舌はウレタンゴム用いている。頭部は肩の支柱のほか、ウレタン周囲固定していたが、演じているうちに汗を吸ったり火薬用いたりしたことなどでウレタン柔らかくなってしまい、吉田自力で支えられなくなったため、品田により首周り強化された。 メインとなるアップ用のほか、アクション用と海用も製作された。アップ用の背びれは、熱線発射時に左右開き中央列が前後可動するギミック存在するが、2カット程度しか使われていない。海用スーツは、水中撮影での感電を防ぐため、口の可動ギミック電動ではなくエアシリンダー用いている。また、爆破用としてアトラクション用ミレニアムゴジラの頭部背びれ差し替えたものも用いられた。『ゴジラ』1984年版)で使用されたサイボットゴジラの再利用検討されていた。 スーツ自体の色は茶色で、巨大感を出すためにブルーライトを当てることで従来ゴジラの色を表現している眼球は、特技監督神谷誠からの提案によりデイシーンとナイトシーンとで配色変えている。 民宿魚市場踏み潰すシーン昭和シリーズ使われていた巨大な足だけの造形物改修して使用している上陸シーンでは、実物大表皮造形物用いられた。 海中を泳ぐシーン俯瞰での移動シーンフルCG描写された。ラスト心臓3DCG描写され実際の心臓手術映像参考としている。

※この「造形(GMK)」の解説は、「ゴジラ (架空の怪獣)」の解説の一部です。
「造形(GMK)」を含む「ゴジラ (架空の怪獣)」の記事については、「ゴジラ (架空の怪獣)」の概要を参照ください。


造形(機龍二部作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:39 UTC 版)

ゴジラ (架空の怪獣)」の記事における「造形(機龍二部作)」の解説

外見上次のように区別される機龍ゴジ機龍ゴジラ):ゴジラ×メカゴジラ 別名:釈ゴジ主演の釈由美子から) 造型モンスターズ担当デザイン画は起こされず、若狭新一がミレニアムゴジラの写真Adobe Photoshop加工した画像基になっている。当初若狭機龍ゴジラ龍虎イメージしゴジラトラモチーフとした牙のある原型製作したが、監督意向により不採用となったスーツボディはギラゴジ(ミレゴジ)の型を用いており、2体製作された。体の色は濃いグレーで、頭部背びれはミレゴジより小さく、背びれ色も銀色に造形されている眼球サイズ同一だが、瞳が小さくなっている。喜多川によれば1体目のスーツはミレゴジと同様ヘルメット被ってゴジラ頭部スーツアクター頭が連動する構造となっていたが、2体目は首全体ファイバー固定して肩で支える形となった。2体のうち1体は、クライマックスシーン用に胸を負傷した状態に改修され、足も切断されている。スーツ内部には軽いウレタン用いられ軽量化されたギラゴジよりさらに軽い40キログラムとなった機龍ジャイアントスイング振り回されるシーン機龍抱えられて飛ぶシーンでは、1/2モデル用いられた。ラストシーンでは、ダメージ受けた上半身のみのスーツ用いられた。また、1/2サイズの尾だけのモデル製作され中に釣り竿入れてしならせている。 その後スーツ福岡市美術館開催された『ゴジラ展 大怪獣創造軌跡』(2016年)のCM使用された。 SOSゴジSOSゴジラ):ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS 別名:GMMGゴジ 造型引き続きモンスターズ担当スーツ新規造形で、陸用と海用の2着制作された。機龍ゴジの型を使用しており、歯の原型新規に作られ背びれも尾のつなぎ目不自然にならないよう修正している。胸は傷跡表現するため、みみず腫れのように盛り上がっている。撮影では新規造形のアップスーツのほか、機龍ゴジ改造したアクションスーツ顔の表情動き表現するアップ上半身メカニカルスーツアクター入らない)などが使用された。機龍とともに飛び去るカットでは、1/2モデル使用された。 モスラの糸に巻かれた状態は、袋状にした半透明繊維スーツ被せモスラの糸と同じ溶かした発泡スチロール加工している。 水中を泳ぐシーンでは、フルCG描写された。

※この「造形(機龍二部作)」の解説は、「ゴジラ (架空の怪獣)」の解説の一部です。
「造形(機龍二部作)」を含む「ゴジラ (架空の怪獣)」の記事については、「ゴジラ (架空の怪獣)」の概要を参照ください。


造形(FINAL WARS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:39 UTC 版)

ゴジラ (架空の怪獣)」の記事における「造形(FINAL WARS)」の解説

通称ファイナルゴジラ、ファイナルゴジ。 粘土原型若狭新一担当明確なデザイン画は描かれていないデザイン全体的にシャープで精悍せいかん)なイメージとなっている。背びれアクションに備えてやや小型化された。眼球意志あるように見えるのを避けるため白目があえて排除されており、炎を思わせるオレンジ配色となっている。 スーツは、アップ用・アクション用・超アクション用の3種類が制作された。着ぐるみ造型にあたって軽量化スーツアクター動きストレートに反映される構造追求された。従来は、スーツアクター外皮の間をウレタン埋めていたが、このスーツではあえて隙間を作ることで動きやすくしている。84ゴジ以降の着ぐるみ肩部分の可動域が非常に小さかったが、本作においては監督北村龍平からの希望劇中アクションへの対応)から、肩から動かすことができ大きく腕を上げられ構造となっている。ミレニアムシリーズのスーツでは、肩に頭部連動するファイバー製の骨格内蔵されていたが、喜多川自力で動かすことを要望し首元表皮柔らかいものとした。 ガイガンX星人デザイン担当した韮沢靖地球防衛軍関連のデザイン担当した新川洋司らもゴジラのイメージデザインを描いていた。 スーツ2021年時点で現存しており、同年配信『ゴジラvsヘドラ』使用されている

※この「造形(FINAL WARS)」の解説は、「ゴジラ (架空の怪獣)」の解説の一部です。
「造形(FINAL WARS)」を含む「ゴジラ (架空の怪獣)」の記事については、「ゴジラ (架空の怪獣)」の概要を参照ください。


造形(昭和)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:04 UTC 版)

キングギドラ」の記事における「造形(昭和)」の解説

ゴジラシリーズ」の怪獣着ぐるみ作品異なると別の着ぐるみ作られていることが珍しくないが、キングギドラに関して同一のものが修復改修繰り返され9年間使されているデザイン渡辺明頭部造形は利光貞三胴体八木勘寿、八木康栄、造形助手開米栄三務めた渡辺によるデザインとされるイラストは、キングギドラによる破壊描写となっており、イメージスケッチに近いものとされる初期のデザイン画では西洋的描かれていたが、円谷英二によって東洋の「龍」のイメージ加えるよう指示があり、頭部の造形には狛犬意匠加えられている。 スーツ 着ぐるみスーツ)の重量80キログラムほどあったという。たてがみは麻、翼はタケさらし布張って作られた1枚1枚貼っており、部位ごとに大きさ異なっている。首はスポンジ製で、柔らかく作られていた。 各部動き操演によって表現されスーツアクター中の棒に掴まっているだけであったという。操演には、各首に1人ずつ、翼に1人、尾に1人または2人など、6人以上スタッフ要した造型助手務めた村瀬継蔵は、首を掃除機ホースのような管状にして空気圧動かすことを提案し円谷からも称賛されたが、激しく動いてしまうためにピアノ線絡んだ切れたりしてしまったという。撮影担当した有川貞昌操演の様子を「サーカス曲芸師のようであった」と述懐している。操演技師松本光司は、1日に1カットし撮影できなかったこともあり撮影所にゆとりがあったからできたとしている。 撮影後は、翼の表皮剥い骨組み畳んだ態で倉庫保管された。NGカラー 当初完成した着ぐるみは青い体に虹色の羽根であったが、撮影本番直前になって当時スクリプター担当していた鈴木桂子円谷に「金星から来る怪獣なので、私、金色かと思ってました」と話したところ、それを聞いた円谷が大変気に入り金色塗装し直された。 宣伝用のカラースチル写真の中には、翼は虹色のまま、胴体だけが金色塗り直されたものが存在する『三大怪獣 地球最大の決戦』公開時ポスターおいても、この「翼が3色」のスチル写真使われている。造形家の若狭新一は、当時携わっていた先輩造形家にこの件について尋ねたが「記憶にない」と返されたといい、誰も真相知らない述べている。 飛行モデル 飛行シーンほとんどは3尺(約1メートルサイズミニチュア撮影されているが、人の入っている着ぐるみ見分けがつかないほど非常に精巧に製作されている。足と尾はピアノ線先にゴム繋いでおり、操演時に揺れて動くよう仕掛けられていた。 このミニチュア『流星人間ゾーン』まで流用された。

※この「造形(昭和)」の解説は、「キングギドラ」の解説の一部です。
「造形(昭和)」を含む「キングギドラ」の記事については、「キングギドラ」の概要を参照ください。


造形(vs)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:04 UTC 版)

キングギドラ」の記事における「造形(vs)」の解説

基本デザイン初代のものをそのまま使用しており、頭部の西川伸司によって新規にデザイン描かれている。特技監督川北紘一によれば生頼範義によるポスターイラストが参考になったという。 造形製作ツエニー初代制作にも関わったチーフ村瀬継蔵のもと、14名のスタッフにより制作された。昭和時代のものは顔が東洋の「龍」に近かったに対し本作の顔は西洋の「ドラゴン」に近いものとなり、昭和版にはある頭頂部三日月形の角と、頭部のたてがみ状の毛がない。尾の先端昭和版毛筆状な形状に対し生えた扇に近い形となった特技監督川北紘一は、顔を変更した理由について、合成のために毛をなくして精悍さを出した述べている。 着ぐるみは4万枚1枚1枚貼り付ける手間のかかる手法用いたことから1着し制作されず、海底での中央の首のないものやメカキングギドラなどにも流用されている胴体にはブリヂストン製のウレタン、翼の骨組みには竹、翼にはナイロン製テント生地用いている。 飛行用の3分の1スケールミニチュアも同様。翼にはモーター羽ばたくギミック仕込まれている地上横切影の撮影にはバンダイプラモデル流用している。 自重により自力で歩行することが困難なため、飛行シーンほとんどは着ぐるみ吊って表現している使用したピアノ線首に2本3つで6本)、尾に2本2つで4本)、翼に2本2枚で4本)、胴体2本合計16本。操演スタッフ7-8人(通常9人、最大12人)によってコントロールされ早く動かさずゆっくり回し動かすことにより、初代キングギドラ動き再現した3つの首は区別のため、スタッフからそれぞれ一郎(右)・二郎中央)・三郎(左)と呼ばれていた。 メカギドラとの対比として「生ギドラ」とも呼ばれている。[要出典]映画本編とは逆に撮影ではメカギドラでの新宿決戦から先に撮りその後でこの生ギドラとなって映画中盤シーン撮影したあと、北海道戦いで使われた。

※この「造形(vs)」の解説は、「キングギドラ」の解説の一部です。
「造形(vs)」を含む「キングギドラ」の記事については、「キングギドラ」の概要を参照ください。


造形(メカキングギドラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:04 UTC 版)

キングギドラ」の記事における「造形(メカキングギドラ)」の解説

着ぐるみキングギドラの上にFRPの別パーツをかぶせるかたちで製作されたが、そのために着ぐるみ重量200キログラムにもなり、操演用のワイヤー18本に増えたが、吊っていたワイヤー重み切れて撮影前都庁舎セットを壊すというハプニング起きた着ぐるみ構造上中に人を入れるのは危険」と判断されスーツアクター入れず、歩くこともないかたちで撮影が行われた。翼は、セットとの兼ね合いからデザインよりも小さく作られた飛行用の3分の1スケールミニチュアキングギドラ改修して使用され都庁舎上空飛行シーンではクレーン吊るされオープンセット撮影された。 操縦席セットには、排水口の網や鍋の蓋などキッチン用品塗装改造したものが使われている。スイッチ類ゴジラ捕獲装置のもの以外は決まっておらず、エミー役の中川安奈ビームボタンなどを自身決めて演じていた。

※この「造形(メカキングギドラ)」の解説は、「キングギドラ」の解説の一部です。
「造形(メカキングギドラ)」を含む「キングギドラ」の記事については、「キングギドラ」の概要を参照ください。


造形(GMK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:04 UTC 版)

キングギドラ」の記事における「造形(GMK)」の解説

デザイン的に従来より首が短く顔立ちがやや柔和になり、尾が太くなっているほか、翼の指が1本少ない。鳥のイメージもあり、足の指3本でかかとに突起付いているのも鳥脚モチーフ。顔はイヌイメージしており、横のひれはバランモチーフとしている。覚醒時に大きく開いた翼は、他作品キングギドラに比べ多少大きめである。『モスラ3』版と同じくが首から尻尾まで生えている。 着ぐるみ全長180センチメートル歴代最小であり、これに合わせて不完全体という設定となった着ぐるみの首は、操演動か長めのものと、スーツアクターが腕を入れて動か短めのものの2種類作られシーンに応じて使い分けられた。これらの仕様金子によれば神谷誠を始めとする特撮スタッフは『ゴジラvsキングギドラ』の現場経験してキングギドラ操演する苦労知っており、同作品よりも登場怪獣の多い本作品では同じように操演することはできないとの判断から、操演負担を軽減するための措置であったという。品田によるラフスケッチでは、スーツアクター上半身み入って操作するものや、脚部スーツアクターの腕を入れて演じるものなどが検討されていた。 は、玩具メーカーM1号によってソフトビニール製1万5千手作業作られた富士の樹海氷穴で眠るシーンでは、大型の首のモデル使用され合成3本見せている。 復活シーンフルCG描写され、『VSキングギドラ』でのメカキングギドラ登場シーンスケールアップしたイメージであった引力光線描写は、過去のものよりイメージ強化して太い稲妻状とし、従来描写にはない直線的なフレアー加えている。 パチスロ版『ゴジラ』での撮影では、スーツ改造され顔立ち映画異なりゴジラ敵役としての悪役になった

※この「造形(GMK)」の解説は、「キングギドラ」の解説の一部です。
「造形(GMK)」を含む「キングギドラ」の記事については、「キングギドラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「造形」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

造形

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 02:17 UTC 版)

別表記

名詞

ぞうけい

  1. あるもの作り出すこと。

発音(?)

ぞ↗ーけー

動詞

活用

サ行変格活用
造形-する

「造形」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



造形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの造形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴジラ (架空の怪獣) (改訂履歴)、キングギドラ (改訂履歴)、モスラ (架空の怪獣) (改訂履歴)、モゲラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの造形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS