彩色とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 色彩 > > 彩色の意味・解説 

さい‐しき【彩色】

読み方:さいしき

[名](スル)色をつけること。いろどりさいしょく。「―を施す」「青で―した茶碗


さい‐しょく【彩色】

読み方:さいしょく

さいしき(彩色)


彩色

物に色をつけること。

(彩色 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 10:03 UTC 版)

いろは、可視光の組成の差によって感覚質の差が認められる視知覚である色知覚、および、色知覚を起こす刺激である色刺激を指す[1]


注釈

  1. ^ JIS Z 8105:2000「色に関する用語」日本産業標準調査会経済産業省)11頁。
  2. ^ 他方で、日置隆一は『新編色彩科学ハンドブック』において、「物体という概念が付随」すると主張している。
  3. ^ 『新編色彩科学ハンドブック』などの参考文献を参照。ただし、著書の表題のように例外もある。
  4. ^ 錐体細胞の数が健常者よりも少ないために色が異なって見える。
  5. ^ ただし、完全な原色は実在しない。
  6. ^ 印刷技術で多用されるアゾ赤よりも色相的にマゼンタに近い。出典 :『有機顔料ハンドブック』 橋本勲 カラーオフィス 2006.5
  7. ^ 牛骨や石膏などの美術教材が良くないことや、市販の写真用のレンズが産業用レンズより良くないことに似ている。

出典

  1. ^ a b 『色彩学概説』 千々岩 英彰 東京大学出版会
  2. ^ 松本 英恵 『人を動かす「色」の科学』サイエンス・アイ新書、2019年、21頁。 
  3. ^ a b c 松本 英恵 『人を動かす「色」の科学』サイエンス・アイ新書、2019年、20頁。 
  4. ^ a b c d e 松本 英恵 『人を動かす「色」の科学』サイエンス・アイ新書、2019年、26頁。 
  5. ^ a b c d 松本 英恵 『人を動かす「色」の科学』サイエンス・アイ新書、2019年、30頁。 
  6. ^ 尾登誠一「3 色の世界を知る」 『色彩楽のすすめ』岩波書店〈岩波アクティブ新書〉、2004年、34頁。ISBN 4-00-700101-4 
  7. ^ 『新編色彩科学ハンドブック』日本色彩学会 東京大学出版会
  8. ^ 『広辞苑 第六版』岩波書店
  9. ^ インクジェット用顔料インキにおける顔料分散
  10. ^ 色の恒常性 - 脳の世界:京都大学霊長類研究所・行動発現分野(旧URL)
    色の恒常性 - 脳の世界:中部学院大学 三上章允(新URL)
  11. ^ 目と健康 No,13 特集:色覚の異常
  12. ^ 色の組み合わせチェック - 読みやすい前景色と背景色
  13. ^ インテリアセミナーレポート「高齢者の視界と色の視認性」(東リ)(1999.02) - ウェイバックマシン(2010年10月19日アーカイブ分)
  14. ^ 日本色彩研究所 『色の百科事典』丸善、2005年、124-127頁。ISBN 978-4621075425 
  15. ^ 清野恒介 『色彩用語事典』新紀元社、2009年、136-137頁。ISBN 978-4775307113 
  16. ^ 男は青。女は赤。これって決まりごと?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース 反面、「男は青、女は赤」というイメージは、万国共通らしい。武蔵野大学のある教授が世界20カ国、約5000人を対象に「男女のイメージカラー」について調査したところ、「男は青、女は赤」という回答が最も多く得られたというのだ。
  17. ^ レゴに緑が少ない理由とは? レゴブロックの“深イイ”世界 〈dot.〉 dot.ドット 朝日新聞出版



彩色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 03:51 UTC 版)

セル画」の記事における「彩色」の解説

彩色(さいしき)には、アニメカラー呼ばれる専用塗料使用される既製品色数限られていたが特注オーダー可能であった。 製作の工程上、トレスされたセルの裏面に彩色するため、輪郭境界線が線として現れる。また多数スタッフで行う為、色や陰影グラデーション統一単純化させ段階的に表現する手法行われていた。この着色表現方法は「アニメ塗り」とも言われている

※この「彩色」の解説は、「セル画」の解説の一部です。
「彩色」を含む「セル画」の記事については、「セル画」の概要を参照ください。


彩色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 04:10 UTC 版)

ネフェルティティの胸像」の記事における「彩色」の解説

ルートヴィヒ・ボルヒャルト胸像使用されている顔料化学分析依頼しその結果が『王妃ネフェルティティ肖像 (Portrait of Queen Nofretete)』として1923年公表された青色 - フリット粉末ガラス構成する焼結体肌色 - 酸化鉄着色された石灰 黄色 - 雄黄 緑色 - 酸化鉄着色されたフリット粉末 黒色 - ロウ溶剤とした石炭 白色 - 白亜炭酸カルシウム

※この「彩色」の解説は、「ネフェルティティの胸像」の解説の一部です。
「彩色」を含む「ネフェルティティの胸像」の記事については、「ネフェルティティの胸像」の概要を参照ください。


彩色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 09:56 UTC 版)

ピーターセングラフ」の記事における「彩色」の解説

ピーターセングラフ彩色数は 3 であり、隣接する頂点同じ色ならないようにグラフ彩色したとき、最低でも3色を必要とするピーターセングラフの彩色指数英語版)は 4 である。すなわち、辺彩色では4色最小の色数である。この証明には4つケース具体的に示して、3色では彩色できないことを示す。彩色指数が 4 のブリッジのない連結3-正則グラフであることから、ピーターセングラフスナーク英語版)であり、スナークとしては最小であるまた、1946年までピーターセングラフ以外のスナーク知られていなかった。W. T. Tutteスナーク予想全てのスナークマイナーとしてピーターセングラフを持つ)は、2001年Robertson, Sanders, Seymour, Thomas証明しスナーク定理となった

※この「彩色」の解説は、「ピーターセングラフ」の解説の一部です。
「彩色」を含む「ピーターセングラフ」の記事については、「ピーターセングラフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「彩色」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

彩色

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 12:22 UTC 版)

名詞

さいしきさいしょく

  1. 色を付けること。

発音(?)

さ↗いしき
さ↗いしょく

動詞

活用

サ行変格活用
彩色-する

「彩色」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



彩色と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彩色」の関連用語

彩色のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彩色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのセル画 (改訂履歴)、ネフェルティティの胸像 (改訂履歴)、ピーターセングラフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの彩色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS