白熱灯とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 照明用語 > 白熱灯の意味・解説 

白熱灯

作者川上弘美

収載図書ハヅキさんのこと
出版社講談社
刊行年月2006.9


白熱電球

(白熱灯 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 15:43 UTC 版)

白熱電球(はくねつでんきゅう、英語: incandescent lamp[1]filament lamp)とは、ガラス球内のフィラメント抵抗体)のジュール熱による輻射を利用した電球である。フィラメント電球、もしくは白熱球白熱バルブともいう。ジョゼフ・スワンが発明・実用化したが、本格的な商用化はトーマス・エジソンによるものが最初。LED照明が普及する以前は単に電球といえばこの白熱電球のことを指すほど一般的であった。


  1. ^ 文部省日本物理学会編『学術用語集 物理学編』培風館、1990年。ISBN 4-563-02195-4
  2. ^ あくまで明るさの目安としてWが使われており、実際の消費電力は高効率白熱電球等では、W表示より低いことがある。
  3. ^ 80Wの電球がない!?
  4. ^ 型番等で110Vと謳っているものもある。三洋電機 ホワイト電球
  5. ^ a b c d e f 松本 2000, p. 154.
  6. ^ 松本 2000, p. 153.
  7. ^ a b c d e 松本 2000, p. 155.
  8. ^ a b c d e f g h 2017-2018 東芝ランプ総合カタログ”. page3.cextension.jp. 東芝ライラック. 2020年4月18日閲覧。
  9. ^ 石﨑 2011, p. 7.
  10. ^ a b 石﨑 2011, p. 11.
  11. ^ 石﨑 2011, pp. 11–12.
  12. ^ a b 石﨑 2011, pp. 15–17.
  13. ^ 石﨑 2011, pp. 19–20.
  14. ^ a b c 石﨑 2011, pp. 18–19.
  15. ^ 「明るい新標準電球近く売り出し」『日本経済新聞』昭和25年12月13日
  16. ^ 新聞広告『日本経済新聞』昭和25年10月17日2面
  17. ^ 石﨑 2011, pp. 20–22.
  18. ^ 読売新聞 2008年4月5日朝刊 11面記事から一部を引用。
  19. ^ 東芝ライテック2008年4月14日付プレスリリース
  20. ^ 政府、白熱電球の販売自粛を要請”. ITmedia (2012年6月13日). 2012年6月14日閲覧。
  21. ^ 高効率な照明製品の普及促進を関係団体に協力要請しました〜「あかり未来計画」キックオフ会合の開催〜”. 経済産業省 (2012年6月13日). 2012年6月14日閲覧。
  22. ^ ただし、上記のようにLED電球や電球型蛍光灯の製造コストは高く、必然的に販売価格も高くなる。そのため、安価で売れるという理由で、2013年4月現在でも朝日電器など一部のメーカーでは白熱電球の製造を続けており、家電量販店その他の小売店では、白熱電球の販売を続けている(参照)。
  23. ^ パナソニック 2012年7月12日付プレスリリース
  24. ^ 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制することを発見-近視進行抑制に紫の光-”. 2019年5月7日閲覧。
  25. ^ ようやく追いついた!? LED非常灯の法整備”. 2021年6月21日閲覧。
  26. ^ 高原淳一. “メタマテリアルによる熱輻射の制御に向けて”. 大阪大学大学院基礎工学研究科. 2019年4月26日閲覧。



「白熱灯」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

白熱灯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白熱灯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白熱電球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS