光周性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > 性質 > 光周性の意味・解説 

こうしゅう せい くわうしう- [0] 【光周性】

生物日照時間変化に対して反応する性質長日植物短日植物区別花芽形成に関する光周性の違いに基づく。動物における生殖腺発達休眠などにも光周性がある。

光周性

英訳・(英)同義/類義語:photoperiodism

長日性、短日性など日長変化に対応する生物周期
「生物学用語辞典」の他の用語
性質をあらわす:  蛍光異方性  交雑不和合性  光屈性  光周性  好気的  恒温性  恒常性

光周性

【英】:photoperiodism

明暗サイクル明期あるいは暗期長さによって、生理的活動影響を受けること。植物では、花芽形成休眠など、動物では生殖線の発達休眠渡りなどの季節現象に光周性がある。1日長さ測る機構背景にあるとされていて、概日リズムとの関係が注目されている光周期性ともいう。

光周性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/24 09:52 UTC 版)

光周性(こうしゅうせい)とは、の長さ(明期)との長さ(暗期)の変化に応じて生物が示す現象である。北半球では、昼の長さ(日長)は夏至で最長となり、冬至で最短となる。生物は、このような日長変化を感知することで、季節に応じた年周期的な反応を行うと考えられている。




「光周性」の続きの解説一覧



光周性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光周性」の関連用語

光周性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



光周性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光周性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS