短日植物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > 植物 > 短日植物の意味・解説 

たんじつ‐しょくぶつ【短日植物】

日照時間短くなる花をつける植物。キク・コスモス・イネなどで、夏から秋にかけて開花する植物に多い。→長日植物


たんじつしょくぶつ 短日植物


短日植物

「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  瞳孔反射  知覚  短日処理  短日植物  短期記憶  石灰化  硝酸呼吸

短日植物


光周性

(短日植物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 17:07 UTC 版)

光周性(こうしゅうせい)とは、の長さ(明期)との長さ(暗期)の変化に応じて生物が示す現象である。北半球では、昼の長さ(日長)は夏至で最長となり、冬至で最短となる。生物は、このような日長変化を感知することで、季節に応じた年周期的な反応を行うと考えられている。




「光周性」の続きの解説一覧

短日植物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 17:07 UTC 版)

一日日長一定時間限界日長)より短くならない反応起きないことを短日性といい、花芽形成短日性である植物のこと。(正しくは、短日植物とは、連続した暗期一定時間限界暗期)より長くなる花芽形成される植物のことである。)例としてアサガオキクオナモミコスモスなどが挙げられる

※この「短日植物」の解説は、「光周性」の解説の一部です。» 「光周性」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



短日植物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

短日植物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



短日植物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光周性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの光周性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS