大量生産とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 生産 > 大量生産の意味・解説 

たいりょう‐せいさん〔タイリヤウ‐〕【大量生産】

読み方:たいりょうせいさん

機械力によって、規格化標準化され製品大量に生産すること。量産マスプロダクション


大量生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 23:57 UTC 版)

大量生産(たいりょうせいさん、: mass production マスプロダクション[1])とは、限られた品種の製品を大量に生産する生産形態[2]。略して量産(りょうさん)やマスプロともいう。


  1. ^ 大辞泉「マスプロダクション」
  2. ^ a b c d ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. ^ ただ均質性の高い商品の場合は大量生産に変わる生産方式はない。そのような商品としては素材燃料などが上げられる[要出典]
  4. ^ 特殊仕様への対応を断られた例の一つに73式小型トラックカーエアコンに関する顛末がある。元々はエアコンレスで計画されていたが、本車両の生産にあたりメーカー側から「エアコンレス用製造ラインを作る必要があるが困難、かえって高くなるのでエアコンを付けてくれ」と言われ装備した。なお、本車両の工場ではベースとなった民生品も生産している。



大量生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 15:39 UTC 版)

スーパーストラト」の記事における「大量生産」の解説

1983年から1984年にかけてクレイマージャクソンシャーベルヤマハアリアアイバニーズヘイマーなどの企業が、市場需要高まりからスーパーストラトデザインのギターの大量生産を開始したこれらのギターは、ヘヴィメタル人気の高まりによって、より薄くて用途の広いネック安定したトレモロシステムを必要とする高速で複雑なテクニック追求する新世代ギタリスト目に留まることとなった例としては以下のようなギター挙げられる。 クレイマー・バレッタ(1983–1991)– 弦に対して斜めに配置されたハムバッカーフロイド・ローズ採用したした初期のギターであるが、ネックボディコンター伝統的なものであるバレッタは、エドワード・ヴァン・ヘイレンのフランケンストラトと密接な関係がある。これは、彼のシグネチャーモデルとして販売されるように設計されたが、本人ステージで演奏バレッタ使用することはなかった。 ディーン・ベルエア(19831984)- 22フレットとヴィンテージトレモロを備えたボルトオンネック構造使用しているが、スーパーストラト呼ばれることがある。 ジャクソン・ソロイスト(1984年8月28日から正式に製造)– スルーネック構造HSS配置ピックアップ24フレットフロイドローズ/ケーラートレモロシステムといった、スーパーストラトに関して多くのギタリスト求めるもの備わっており、スーパーストラト最初の決定版とも言える1980年代後半マーケティング成功により多くのニーズ得たほとんどのギターメーカーは、少なくともひとつのスーパーストラトモデルを大量生産していた。前述したメーカー以外には、フェルナンデスシェクター、カーヴィン、ESPなどが挙げられる

※この「大量生産」の解説は、「スーパーストラト」の解説の一部です。
「大量生産」を含む「スーパーストラト」の記事については、「スーパーストラト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大量生産」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「大量生産」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大量生産と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大量生産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大量生産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大量生産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスーパーストラト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS