大衆消費社会とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 社会 > 大衆消費社会の意味・解説 

たい しゅうしょうひしゃかい -せうひしやくわい [8] 【大衆消費社会】

所得の上昇、マスメディア発達などを背景消費物的質的領域拡大し、大衆による大量消費特徴となった社会企業による大衆広告誘導される場合が多い。

大衆消費社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/23 08:03 UTC 版)

大衆消費社会(たいしゅうしょうひしゃかい)とは所得の上昇やマスメディアの発達などにより、消費者の物的な購買範囲が拡大し、大衆による大量消費が行われるようになった社会。多くの場合は企業による大衆向けの広告によって誘導されている。1920年代のアメリカ合衆国はフォーディズムがあらゆる製品の生産過程に用いられたことで世界初の大衆消費社会となった[1]




「大衆消費社会」の続きの解説一覧



大衆消費社会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大衆消費社会」の関連用語

大衆消費社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大衆消費社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大衆消費社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS