チャールズ・チャップリンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 製作者 > 映画製作者 > イギリスの映画監督 > チャールズ・チャップリンの意味・解説 

チャールズ・チャップリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 18:07 UTC 版)

サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer "Charlie" Chaplin, KBE1889年4月16日 - 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優映画監督コメディアン脚本家映画プロデューサー作曲家である。 愛称は“チャーリー”




  1. ^ 「近年発見されたチャップリン宛の手紙では、彼がバーミンガム郊外のジプシー集落で生まれたとある[1]」などと報道されたが、チャップリン研究の大野裕之によると[信頼性要検証]、この手紙の存在は以前から研究者の間で知られており、「薄気味悪い話の好きなチャップリンは頭のおかしな人からの手紙をとっておいただけ」とのことである。
  2. ^ この劇団には後にローレル&ハーディとして有名になるスタン・ローレルも在籍していた。
  3. ^ チャップリンはその当時驚異的な人気ゆえに、扮装から軽妙な動作に至る模倣者が多く出現した。ビリー・ウェストハロルド・ロイドもその一人で、1917年に、チャップリン側は物まね芸人を相手取って訴訟を起こした。無論勝訴したのだが、権利概念の乏しかった時代に、後のミッキーマウスなどに代表される「キャラクター商標権」をこのとき初めて導入したのが兄シドニーであった。
  4. ^ [2]
  5. ^ この書物は1922年欧米で刊行され、日本では『僕の旅』(高瀬毅訳)として1930年(昭和5年)に中央公論社より出版された。
  6. ^ [3]
  7. ^ [4]
  8. ^ [5]
  9. ^ 兄のシドニー・チャップリンがユダヤ人のクォーターであると主張しており、それが関連している可能性がある。詳しくは英語版Wikipedia ‐ Sydney Chaplinを参照のこと。
  10. ^ 作品の重要なモチーフとなっている「La Violetera英語版(すみれの花売り娘)」は、スペインの歌手ラケル・メレエによって広く歌われたシャンソンで、チャップリンはこの曲をこよなく愛した。
  11. ^ 当初はトーキー映画として構想されたが、撮影初期段階でできばえに満足せず、サイレントに切り替えられた。
  12. ^ 「ロバート・オルドリッチ読本1 - カリフォルニア・ドールズ / 合衆国最後の日」.遠山純生.通販番号RS121112-03.2012年11月12日.EAN 2122101000050.boid.
  13. ^ 大野裕之著『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』p.8。また、チャップリンの従兄弟も二人は結婚していなかったと回想している。
  14. ^ The History of our Worshipful Lodge”. Beverly Hills Masonic Center Lodge No. 528. 2013年10月21日閲覧。
  15. ^ A few famous freemasons”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月21日閲覧。
  16. ^ CDATA”. Torrance University Lodge #394. 2013年10月21日閲覧。
  17. ^ a b ウィリアム・R・デンスロウ & ハリー・S・トルーマン (1957). 10,000 Famous Freemasons: Volume IV Q to Z. Macoy Publishing & Masonic Supply Co., Inc. (optically scanned by Phoenixmasonry). http://www.phoenixmasonry.org/10,000_famous_freemasons/Volume_4_Q_to_Z.htm. 
  18. ^ Famous Masons”. Pinal Lodge #30 (Freemasons' lodge in Arizona). 2012年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月31日閲覧。
  19. ^ Tokyo Art Beat. “チャップリンの日本”. 2018年10月10日閲覧。
  20. ^ チャップリンは犬養毅首相との面会予定をキャンセルし、犬養の息子国技館相撲を観戦したあと散歩をしていたため、事件そのものには遭わなかった。しかし狙われている可能性があると、高野と親しかった元陸軍少将・櫻井忠温からの情報により助けられた。陸軍青年将校らの不穏な動きを知らされた高野は東京駅から帝国ホテルに向かう車中、チャップリンに車から降りて皇居に遥拝してほしいと頼む。6月2日の帰国当日の朝、斎藤実首相を官邸に訪問した後、犬養毅が暗殺された現場に案内されたチャップリンは、板戸に残る弾痕を見て、思わず「テリブル、テリブル」と呟いたという。
  21. ^ 読売新聞 2018年3月5日 P.8 「時代の証言者」『冤罪のち次官 村木 厚子 28 最終回
  22. ^ ウチくる!?』(フジテレビ 2013年3月10日放送)にて小野武彦自身の述懐。
  23. ^ 小林信彦著『おかしな男 渥美清』(新潮文庫)参考
  24. ^ 『増補新版 黒澤明ムック』A5/ソフトカバー 304ページ ISBN:978-4-309-97730-0 Cコード 9474 2010.01.15。このベスト100の初出は『文芸春秋』1999年4月号。その他に日本版『PLAYBOY』2008年3月号にも再録され、2014年4月には文藝春秋より黒澤和子の解説つきで『黒澤明が選んだ100本の映画』ISBN-13:9784166609673 として出ている。
  25. ^ このコレクターズ・ボックスは廃盤となり、現在メモリアル・エディションとして紀伊國屋書店から再リリースされている。特典映像を含め、内容は同一のものである。しかしPALマスター(ヨーロッパ仕様の規格)を流用しているため、再生速度の問題(4%の早回しで国内の既発盤より音声ピッチが高いこと)、『チャップリン・レヴュー』の原版違いによるカットなどが指摘されている。
  26. ^ 直営洋画劇場上映作品 1965-1983 有楽町、ロードショー(洋画)上映作品リスト (PDF) - 東宝株式会社
  27. ^ スタジオパークからこんにちは』(NHK 2011年10月26日放送)、『新堂本兄弟』(フジテレビ 2013年11月3日放送)にゲスト出演した際、現物を披露した。
  28. ^ 爆笑問題の死のサイズ.2000/06/23.ISBN 9784594029333.扶桑社.
  29. ^ 「オー!!マイ神様」 2017年11月14日(火)放送 http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=74242/episodeID=1113241/
  30. ^ C.チャップリンJr著『わが父チャップリン』p.41
  31. ^ この賞はこれ以降廃止された。
  32. ^ [6]
  33. ^ 何れも監督没後38年と、公開後70年の長い現行法を適用。
  34. ^ 平成18(ワ)15552 著作権侵害差止等請求事件 : 裁判所 裁判例情報:検索結果詳細画面 (PDF)”. 裁判所ウェブサイト. 東京地方裁判所 民事第29部 (2007年8月29日). 2016年12月18日閲覧。
  35. ^ 2016年4月18日付 AFP通信[7]
  36. ^ トヨタの豊田章男社長の偽チャップリン発言について、「ウォール・ストリート・ジャーナル」の取材に答 - 大野裕之 amebaブログ
  37. ^ 谷川俊太郎とチャップリン - YouTube
  38. ^ Collector finds unseen Charlie Chaplin film in tin sold for £3.20 on eBay
  39. ^ 映画「ダンシング・チャップリン」公式サイト
  40. ^ 映画「チャップリン・ザ・ルーツ」公式サイト
  41. ^ カートゥーンネットワーク - チャップリン&CO





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チャールズ・チャップリン」の関連用語

チャールズ・チャップリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チャールズ・チャップリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャールズ・チャップリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS