サタジット・レイとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 小説家・作家 > 推理作家 > サタジット・レイの意味・解説 

サタジット・レイ

作者サルマン・ルシュディ

収載図書世界文学フロンティア 6 怒り響き
出版社岩波書店
刊行年月1997.3


サタジット・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/03 10:07 UTC 版)

サタジット・レイベンガル語:সত্যজিৎ রায়, ヒンディー語:सत्यजीत राय, 英語:Satyajit Ray, 1921年5月2日 - 1992年4月23日)はインド映像作家。彼は映画界における巨匠の一人に挙げられる。映画制作以外にも、築き上げた彼独特の文体で執筆された小説や、カリグラフィーなど広告媒体の制作でも知られる。




  1. ^ Seton 1971, p. 36
  2. ^ Robinson 2003, p. 46
  3. ^ Seton 1971, p. 70
  4. ^ Seton 1971, pp. 71–72
  5. ^ Robinson 2003, pp. 56–58
  6. ^ Robinson 2005, p. 38
  7. ^ Robinson 2005, pp. 40–43
  8. ^ Arup Kr De, "Ties that Bind" by The Statesman, Calcutta, 27 April 2008. Quote: "Satyajit Ray had an unconventional marriage. He married Bijoya (born 1917), youngest daughter of his eldest maternal uncle, Charuchandra Das, in 1948 in a secret ceremony in Bombay after a long romantic relationship that had begun around the time he left college in 1940. The marriage was reconfirmed in Calcutta the next year at a traditional religious ceremony."(サタジット・レイの結婚は型破りなものだった。彼は大学を終えた1940年頃から始まった長いロマンティックな関係を経て、母方のおじカルカンドラ・ダスの一番若い娘に当る1917年生まれのビジョヤと1948年にボンベイでひそかに式を挙げた。二人の婚姻は、翌年にコルカタで挙げた伝統的な宗教儀礼に則った式が執り行われて、認められるものになった。)
  9. ^ Robinson 2005, pp. 42–44
  10. ^ Robinson 2005, p. 48
  11. ^ a b Robinson 2003, pp. 74–90
  12. ^ Seton 1971, p. 95
  13. ^ a b Seton 1971, pp. 112–15
  14. ^ “Filmi Funda Pather Panchali (1955)”. Calcutta, India: The Telegraph. (2005年4月20日). http://www.telegraphindia.com/1050420/asp/calcutta/story_4634530.asp 2006年4月29日閲覧。 
  15. ^ a b c Robinson 2003, pp. 91–106
  16. ^ Malcolm D (1999年3月19日). “Satyajit Ray: The Music Room”. London: guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/film/1999/jan/14/derekmalcolmscenturyoffilm.derekmalcolm 2006年6月19日閲覧。 
  17. ^ Wood 1972, p. 61
  18. ^ Wood 1972
  19. ^ Ray 1993, p. 13
  20. ^ Robinson 2003, p. 5
  21. ^ Palopoli S. “Ghost 'World'”. metroactive.com. 2006年6月19日閲覧。
  22. ^ Robinson 2003, p. 277
  23. ^ Seton 1971, p. 189
  24. ^ Robinson 2003, p. 142
  25. ^ a b Robinson 2003, p. 157
  26. ^ Antani J. “Charulata”. Slant magazine. 2006年6月19日閲覧。
  27. ^ a b Dasgupta 1996, p. 91
  28. ^ a b Ray, Satyajit. “Ordeals of the Alien”. The Unmade Ray. Satyajit Ray Society. 2008年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月21日閲覧。
  29. ^ Neumann P. “Biography for Satyajit Ray”. Internet Movie Database Inc. 2006年4月29日閲覧。
  30. ^ Newman J (2001年9月17日). “Satyajit Ray Collection receives Packard grant and lecture endowment”. UC Santa Cruz Currents online. http://www.ucsc.edu/currents/01-02/09-17/ray.html 2006年4月29日閲覧。 
  31. ^ C. J. Wallia (1996年). “Book review: Satyajit Ray by Surabhi Banerjee”. India Star. 2009年5月31日閲覧。
  32. ^ Seton 1971, pp. 291–297
  33. ^ a b Wood 1972, p. 13
  34. ^ a b Robinson 2003, pp. 200–220
  35. ^ Rushdie 1992
  36. ^ Robinson 2003, p. 206
  37. ^ Robinson 2003, pp. 188–189
  38. ^ Sikkim: film by Satyajit Ray”. Mungpoo New. November 18,2012閲覧。
  39. ^ Robinson 2003, pp. 66–67
  40. ^ Robinson 2003, pp. 339–364
  41. ^ Dasgupta 1996, p. 134
  42. ^ Robinson 2003, p. 353
  43. ^ Robinson 2003, pp. 353–364
  44. ^ Sen A. “Western Influences on Satyajit Ray”. Parabaas. 2006年4月29日閲覧。
  45. ^ Robinson 2003, pp. 315–318
  46. ^ Ray 1994, p. 100
  47. ^ Robinson 2003, p. 78
  48. ^ Robinson 2003, p. 307
  49. ^ Nandy 1995
  50. ^ Datta, Sudipta (2008年1月19日). “The Ray show goes on”. The Financial Express (Indian Express Newspapers (Mumbai) Ltd). http://www.financialexpress.com/news/The-Ray-show-goes-on/263406/ 2008年4月10日閲覧。 
  51. ^ Robinson 2003, p. 57
  52. ^ Robinson 2003, pp. 57–59
  53. ^ Chobi Lekhen Sottojit (Satyajit Ray Writes Paintings)”. Ssrn.com. 2012年11月4日閲覧。
  54. ^ Malcolm D (2002年5月2日). “The universe in his backyard”. London: guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/culture/2002/may/02/artsfeatures1 2007年2月15日閲覧。 
  55. ^ Michael Sragow. “An Art Wedded to Truth”. The Atlantic Monthly. 2007年2月15日閲覧。
  56. ^ a b Robinson 2003, p. 96
  57. ^ Robinson 2003, pp. 306–318
  58. ^ Robinson 2003, pp. 352–353
  59. ^ Robinson 2003, pp. 314–315
  60. ^ Ebert R. “The Music Room (1958)”. suntimes.com. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19990117/REVIEWS08/401010342/1023 2006年4月29日閲覧。 
  61. ^ Robinson 2003, p. 246
  62. ^ Robinson 2005, pp. 13–14
  63. ^ Robinson 2003, p. 177
  64. ^ Robinson 2003, p. 205
  65. ^ Robinson 2003, pp. 327–328
  66. ^ Tankha, Madhur (2007年12月1日). “Returning to the classics of Ray”. The Hindu (Chennai, India). http://www.hindu.com/2007/12/01/stories/2007120151070200.htm 2008年5月1日閲覧。 
  67. ^ Amitav Ghosh. “Satyajit Ray”. Doom Online. 2006年6月19日閲覧。
  68. ^ Mrinal Sen. “Our lives, their lives”. Little Magazine. 2006年6月29日閲覧。
  69. ^ Chris Ingui. “Martin Scorsese hits DC, hangs with the Hachet”. Hatchet. 2009年6月6日閲覧。
  70. ^ Jay Antani (2004年). “Raging Bull: A film review”. Filmcritic.com. 2009年5月4日閲覧。
  71. ^ Sheldon Hall. “Ivory, James (1928-)”. Screen Online. 2007年2月12日閲覧。
  72. ^ Suchetana Ray (2008年3月11日). “Satyajit Ray is this Spanish director's inspiration”. CNN-IBN. 2009年6月6日閲覧。
  73. ^ Daniel Thomas (2003年1月20日). “Film Reviews: Grave of the Fireflies (Hotaru no Haka)”. 2009年5月30日閲覧。
  74. ^ Alkarim Jivani (2009年2月). “Mumbai rising”. Sight & Sound. 2009年2月1日閲覧。
  75. ^ SK Jha (2006年6月9日). “Sacred Ray”. Calcutta, India: Telegraph India. http://www.telegraphindia.com/1060609/asp/etc/story_6319302.asp 2006年6月29日閲覧。 
  76. ^ André Habib. “Before and After: Origins and Death in the Work of Jean-Luc Godard”. Senses of Cinema. 2006年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月29日閲覧。
  77. ^ Sragow, Michael (1994). “An Art Wedded to Truth”. The Atlantic (University of California, Santa Cruz). http://satyajitray.ucsc.edu/articles/sragow.html 2009年5月11日閲覧。. 
  78. ^ Subrata Mitra”. Internet Encyclopedia of Cinematographers. 2009年5月22日閲覧。
  79. ^ An Interview with Satyajit Ray” (1982年). 2009年5月24日閲覧。
  80. ^ Nick Pinkerton (2009年4月14日). “First Light: Satyajit Ray From the Apu Trilogy to the Calcutta Trilogy”. The Village Voice. 2009年7月9日閲覧。
  81. ^ Datta S. “Feluda goes global, via radio”. Financial Express. 2007年2月12日閲覧。
  82. ^ Silver Bear winners (directors)”. listal (2008年11月24日). 2009年4月19日閲覧。
  83. ^ Awards for Satyajit Ray”. Internet Movie Database. 2009年4月19日閲覧。
  84. ^ Personal Awards”. Satyajit Ray official site. 2009年4月19日閲覧。
  85. ^ Robinson 2003, p. 1
  86. ^ a b Personal Awards”. Awards. satyajitray.org. 2008年4月9日閲覧。
  87. ^ Awards and Tributes: Satyajit Ray”. San Francisco International Film Festival: The First to Fifty. San Francisco Film Society. 2008年4月8日閲覧。
  88. ^ Sight and Sound Poll 1992: Critics”. California Institute of Technology. 2009年5月29日閲覧。
  89. ^ a b Kevin Lee (2002年9月5日). “A Slanted Canon”. Asian American Film Commentary. 2009年4月24日閲覧。
  90. ^ Greatest Film Directors and Their Best Films”. Filmsite.org. 2009年4月19日閲覧。
  91. ^ The Greatest Directors Ever by Total Film Magazine”. Filmsite.org. 2009年4月19日閲覧。


「サタジット・レイ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サタジット・レイ」の関連用語

サタジット・レイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サタジット・レイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサタジット・レイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS