芸術映画とは? わかりやすく解説

アート映画

(芸術映画 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 17:05 UTC 版)

アート映画(アートえいが、英語: Art film)とは、一般的に、芸術性が高く、大衆市場よりもニッチ市場向けに作られた自主制作映画のことである[1]。「本格的かつ芸術的な作品で、しばしば実験的な要素が入ることを意図していて、幅広い人気を集めることは念頭に置いておらず[2]」、「主に商業的な利益のためではなく美的感覚を追究するという理由で作られ[3]」、そして「 型にはまらない、あるいは非常に象徴的な内容」を含んでいる[4]


  1. ^ "Art film definition". MSN Encarta. 2009年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ
  2. ^ The American Heritage Dictionary of the English Language, Fourth Edition. Houghton Mifflin Company: 2009.
  3. ^ Random House Kernerman Webster's College Dictionary. Random House: 2010.
  4. ^ Art film”. Dictionary.com. 2015年4月21日閲覧。
  5. ^ a b c d Wilinsky, Barbara (2001). “Sure Seaters: The Emergence of Art House Cinema”. Journal of Popular Film & Television (University of Minnesota) 32: 171. 
  6. ^ a b Barry, Keith (2007). Film Genres: From Iconography to Ideology. Wallflower Press. p. 1 
  7. ^ Ebert, Roger (1996年3月15日). “Chungking Express Movie Review (1996)”. Chicago Sun-Times. https://www.rogerebert.com/reviews/chungking-express-1996 2018年2月22日閲覧。 
  8. ^ a b Bordwell, David (Fall 1979). “The Art Cinema as a Mode of Film Practice”. Film Criticism. 2008年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月13日閲覧。
  9. ^ Elsaesser, Thomas (2007年7月29日). “Putting on a Show: The European Art Movie”. Bergmanorama: The Magic Works of Ingmar Bergman. 2007年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  10. ^ Williams, Christopher (2007年7月5日). “The Social Art Cinema: A Moment of History in the History of British Film and Television Culture”. Cinema: The Beginnings and the Future. 2007年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  11. ^ Stam, Robert; Miller, Toby (2000). Film and Theory: An Introduction. Hoboken, New Jersey: Blackwell Publishing 
  12. ^ Allmovie.com
  13. ^ Howe, Desson (1991年10月18日). “My Own Private Idaho”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-srv/style/longterm/movies/videos/myownprivateidahorhowe_a0b352.htm 2018年2月22日閲覧。 
  14. ^ a b c Siska, William C. (1980). Modernism in the narrative cinema: the art film as a genre. Arno Press 
  15. ^ Manchel, Frank (1990). Film study: an analytical bibliography. Fairleigh Dickinson University Press. p. 118 
  16. ^ Peter Bondanella (2009). A History of Italian Cinema. A&C Black. ISBN 9781441160690. https://books.google.it/books?id=HgOl4LWswLQC&pg=PA6&dq=Divine+comedy,+first+art+film#v=onepage&q=Divine%20comedy%2C%20first%20art%20film 
  17. ^ The Futurist Cinema Manifesto” (1916年11月15日). 2019年11月19日閲覧。
  18. ^ Sight & Sound | Top Ten Poll 2002 - Critics Top Ten 2002”. BFI (2006年9月5日). 2006年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月6日閲覧。
  19. ^ Michel, Marie Richard Neupert訳 (2002). The French New Wave : An Artistic School. New York: John Wiley & Sons, Incorporated 
  20. ^ French Cinema: Making Waves”. archive.org. 2008年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月19日閲覧。
  21. ^ Movie Review - Ashani Sanket By Vincent Canby, The New York Times, 12 October 1973.
  22. ^ Overview The New York Times.
  23. ^ Canby, Vincent (1969年7月22日). “Movie Review - Blue Movie (1968) Screen: Andy Warhol's 'Blue Movie'”. The New York Times. https://www.nytimes.com/movie/review?res=9507E5D91738E63ABC4A51DFB1668382679EDE 2015年12月29日閲覧。 
  24. ^ Canby, Vincent (1969年8月10日). “Warhol's Red Hot and 'Blue' Movie. D1. Print. (behind paywall)”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1969/08/10/archives/warhols-red-hot-and-blue-movie-warhols-red-hot-and-blue-movie.html 2015年12月29日閲覧。 
  25. ^ Comenas, Gary (2005年). “Blue Movie (1968)”. WarholStars.org. 2015年12月29日閲覧。
  26. ^ Canby, Vincent (1969年7月22日). “Movie Review - Blue Movie (1968) Screen: Andy Warhol's 'Blue Movie'”. The New York Times. https://www.nytimes.com/movie/review?res=9507E5D91738E63ABC4A51DFB1668382679EDE 2015年12月29日閲覧。 
  27. ^ Canby, Vincent (1969年8月10日). “Warhol's Red Hot and 'Blue' Movie. D1. Print. (behind paywall)”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1969/08/10/archives/warhols-red-hot-and-blue-movie-warhols-red-hot-and-blue-movie.html 2015年12月29日閲覧。 
  28. ^ a b Comenas, Gary (2005年). “Blue Movie (1968)”. WarholStars.org. 2015年12月29日閲覧。
  29. ^ Festival de Cannes: Andrei Rublev”. festival-cannes.com. 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月10日閲覧。
  30. ^ The Color of Pomegranates at Paradjanov.com”. Parajanov.com (2001年1月9日). 2010年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月6日閲覧。
  31. ^ The Color of Pomegranates in Cahiers du Cinema Top 10”. Parajanov.com. 2010年10月6日閲覧。
  32. ^ 13 Greatest Art-House Horror Films - Dread Central
  33. ^ Yanaga, Tynan (2018年12月14日). “PARIS, TEXAS: European Art House Meets The Great American Road Movie In Stunning Fashion” (英語). Film Inquiry. 2020年1月16日閲覧。
  34. ^ Roddick, Nick. “Paris, Texas: On the Road Again” (英語). The Criterion Collection. 2020年1月16日閲覧。
  35. ^ Pi Movie Review, DVD Release –”. Filmcritic.com. 2005年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月6日閲覧。
  36. ^ Current Movie Reviews, Independent Movies – Film Threat”. Filmthreat.com (1998年6月15日). 2008年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月6日閲覧。
  37. ^ Emanuel Levy, review of Three Colors: Blue. Retrieved 2012-01-09.
  38. ^ “Punch-Drunk Love”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20021018/REVIEWS/210180308/1023 
  39. ^ "Creating His Own Language: An Interview With Apichatpong Weerasethakul", Romers, H. Cineaste, page 34, vol. 30, no. 4, Fall 2005, New York.
  40. ^ Satraroj, Nick. Movie review: "Uncle Boonmee", an art film for everyone Archived 2010-08-23 at the Wayback Machine.. CNN. Accessed on October 2, 2010.
  41. ^ Austin Dale (2011年6月24日). “INTERVIEW: Here's the Story Behind That Theater's No Refund Policy for "Tree of Life"”. indieWIRE. 2011年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月16日閲覧。
  42. ^ Drive (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年9月17日閲覧。
  43. ^ Under the Skin”. rottentomatoes.com (2014年4月4日). 2015年4月21日閲覧。
  44. ^ Collin, Robbie (2014年3月13日). “Under the Skin: 'simply a masterpiece'”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/film/under-the-skin/review/ 2018年2月22日閲覧。 
  45. ^ Roeper, Richard (2014年4月13日). “'Under the Skin': Brilliant mood piece about a fascinating femme fatale”. Chicago Sun-Times. 2015年4月21日閲覧。
  46. ^ Clarke, Donald (2011年1月21日). “Black Swan”. Irish Times. http://www.irishtimes.com/culture/film/black-swan-1.1278785 2016年3月14日閲覧。 
  47. ^ Ebiri, Bilge (2014年4月17日). “Under the Skin and a History of Art-Horror Film”. Vulture. 2016年3月14日閲覧。
  48. ^ D'Alessandro, Anthony (2015年10月29日). “Radius Horror Film 'Goodnight Mommy' Set To Wake Up Oscar Voters As Austria's Entry”. deadline.com. 2016年3月14日閲覧。
  49. ^ Lee, Benjamin (2016年2月22日). “Did arthouse horror hit The Witch trick mainstream US audiences?”. The Guardian. https://www.theguardian.com/film/filmblog/2016/feb/23/did-arthouse-horror-hit-the-witch-trick-us-multiplex-audiences 2017年2月26日閲覧。 
  50. ^ Tapley, Kristopher (2019年1月22日). “‘Roma’ Becomes Netflix’s First Best Picture Oscar Nominee” (英語). Variety. 2020年1月16日閲覧。
  51. ^ Hark, Ina Rae (2002). Exhibition, the Film Reader. London: Routledge. pp. 71. ISBN 0-415-23517-0 
  52. ^ Wilinsky, Barbara (2001). Sure Seaters: The Emergence of Art House Cinema. Minneapolis: University of Minnesota Press. pp. 92. ISBN 0-8166-3562-5 
  53. ^ MUBI (2018-11-26), Not Porn, https://vimeo.com/302854701 2020年1月15日閲覧。 
  54. ^ Simpson, Clare (2014年1月25日). “10 Art House Movies Which Are Thinly Veiled Smut” (英語). WhatCulture.com. 2020年1月15日閲覧。
  55. ^ Billson, Anne (2013年9月5日). “The Top 10 Most Pretentious Films” (英語). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/culture/film/film-blog/10283912/The-Top-10-Most-Pretentious-Films.html 2019年10月3日閲覧。 
  56. ^ A Controversy Over Andy Warhol's ‘Empire’ - Nymag” (英語). New York Magazine. 2019年10月3日閲覧。
  57. ^ Andy Warhol. Empire. 1964 | MoMA”. The Museum of Modern Art. 2019年10月3日閲覧。


「アート映画」の続きの解説一覧

芸術映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 13:43 UTC 版)

アレクサンドル・アレクセイエフ」の記事における「芸術映画」の解説

映画音楽ノート1933年 Die Nacht auf dem Kahlen Berge(英訳禿山の一夜ムソルグスキーによる禿山の一夜到着リムスキー-コサコフ。ロンドン交響楽団による演奏 ピンスクリーン作られ最初映画。アレクシエフとパーカープロデューサーとしてクレジットされている。 1943年 アンパッサン英語訳通過カナダフォークソング カナダ国立映画庁製作。映画は、ポピュラーソングとしてノーマンマクラーレンによってC'estL'Avironと一緒にリリースされました 1960年 Propos de Jivago英語訳:Zhivagoについて ドキュメンタリー映画1961年 ピンスクリーンテスト パリスタジオで撮影され簡単なアニメーションテスト 1962年 The Trial1962)のタイトルシーケンス。オーソンウェルズ監督 1963年 鼻 ハイミンによる即興 ニコライ・ゴーゴリ短編小説に基づく。1964年ベルギー、クノック・ル・ズーテ国際芸術映画祭でラヌア伯爵賞を受賞1964年ベルリン国際短編映画祭卒業証書受賞佳作高品質映画フランス国映画センター1963年1971年 月のユニバースのためのセグメントillustreé私の図解された世界 テレビドキュメンタリージャン・マウセル監督 1972年 展覧会の絵英語翻訳展覧会の絵 ムソルグスキー到着リムスキーコルサコフ 通常のスクリーン前に取り付けられ小さな回転ピンスクリーン使用しました佳作芸術性の高さ、フランス国映画センター1980年 トロワテーマ英語訳3つのテーマ ムソルグスキー到着リムスキーコルサコワ 1980年外国映画審査員賞受賞

※この「芸術映画」の解説は、「アレクサンドル・アレクセイエフ」の解説の一部です。
「芸術映画」を含む「アレクサンドル・アレクセイエフ」の記事については、「アレクサンドル・アレクセイエフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「芸術映画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「芸術映画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芸術映画」の関連用語

芸術映画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芸術映画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアート映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアレクサンドル・アレクセイエフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS