1962とは? わかりやすく解説

1962

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 02:53 UTC 版)

ブラバム・BT3」の記事における「1962」の解説

BT3の導入まで、ブラバムチームは1962年シーズンの序盤ロータス24使用したブラバムとトーラナックは1962年イギリスグランプリのためにBT3を準備すること望んでいたが、レース前午前3時に、間違った排気システム供給されていたことが判明した。BT3は1週間後完成しグッドウッド・サーキットブランズ・ハッチ簡単なシェイクダウンテストが行われた。その後デビュー戦となる1962年ドイツグランプリのためニュルブルクリンク送り出された。しかしBT3のデビュー戦失敗終わったプラクティスエンジントラブル生じ、二線級のスペアエンジン搭載したBT3は予選24番となったクライマックスファクトリーから正しく組み上げられたスペアエンジン届き夜を徹して2度目エンジン交換が行われた。決勝でBT3は序盤数周を快調に走行した徹夜の突貫作業応急のスロットルリンケージが組み込まれていたため、9周目にブラバムスロットル操作トラブル生じた適切なパワーコントロールができなくなったブラバムリタイア終わったブラバムは3週間後のノンタイトル戦、デンマークグランプリでは再びロータスドライブし、その数日後行われたオウルトンパーク・インターナショナル・ゴールドカップではBT3をドライブした5番グリッドからスタートしたブラバムは、ブレーキパッド素早く交換しなければならなかったに関わらず最終フラッグまでに3位浮上した。これは自身の名を冠したマシンでの初の表彰台であったその後同月後半モンツァ・サーキット開催され高速レースのイタリアグランプリレースのプロモーターとの意見相違によって欠場し終盤の2戦、1962年アメリカグランプリ1962年南アフリカグランプリでは連続して4位入り、BT3にとって初のポイント獲得と、自身の名を冠したマシンでの初のポイント獲得した。この2つイベント間にブラバム初のメキシコグランプリ2位入り優勝したジム・クラークとトレバー・テイラーのロータス・25唯一同一周回フィニッシュした。

※この「1962」の解説は、「ブラバム・BT3」の解説の一部です。
「1962」を含む「ブラバム・BT3」の記事については、「ブラバム・BT3」の概要を参照ください。


1962

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 14:27 UTC 版)

BRM・P57」の記事における「1962」の解説

P578の設計は、1961年シーズンのクライマックスエンジンを搭載したP57(P48/57とも呼ばれる)まで遡ることができる。シャシー鋼管スペースフレーム構造で、サスペンションそのまま流用された。出力不足のクライマックスエンジンはBRM製のV8エンジン置き換えられた。このエンジン190馬力発揮したまた、ルーカス製のインジェクションシステムを新たに搭載した出力はクライマックスエンジンと同等であったが、BRMエンジン11,000rpmと、回転数増加したギアボックスはコロッティの新型6速搭載された。しかしながら、このギアボックス信頼性欠け、再び自社製5速ギアボックス搭載することになる。8本の排気管当初垂直に取り付けられたが、次第に緩むようになったためより一般的なレイアウト置き換えられた。

※この「1962」の解説は、「BRM・P57」の解説の一部です。
「1962」を含む「BRM・P57」の記事については、「BRM・P57」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1962」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1962」の関連用語

1962のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1962のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブラバム・BT3 (改訂履歴)、BRM・P57 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS