実存主義とは?

じつぞん‐しゅぎ【実存主義】

《(フランス)existentialisme》人間実存哲学中心におく思想立場合理主義実証主義対抗しておこり、20世紀、特に第二次大戦後文学芸術を含む思想運動として展開される。キルケゴール・ニーチェらに始まり、ヤスパース・ハイデッガー・マルセル・サルトルらが代表者実存哲学


じつぞんしゅぎ 【実存主義】

人間本質ではなく実際存在としての個に関する哲学総称で、実存哲学とも。キルケゴールハイデッガーヤスパースマルセルサルトルなどが代表的人間合理主義理性)や実証主義科学)でとらえられない独自の存在であると見、その孤独・不安・絶望などを問題とし、自由と責任強調する。ヤスパースキリスト教の神に相応するような超越者考えサルトル無神論だった。

実存主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 08:07 UTC 版)

実存主義(じつぞんしゅぎ、フランス語: existentialisme英語: existentialism)とは、人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。あるいは本質存在(essentia)に対する現実存在(existentia)の優位を説く思想。




  1. ^ 梅田寛『ゲルツェンの事ども』、1925年。春陽堂
  2. ^ NHK 名著48 サルトル「実存主義とは何か」
  3. ^ 松浪信三郎 『実存主義』 (岩波新書 青版 456) ISBN 4004120101
  4. ^ Allgemeine Literatur-Zeitung,第3-4巻


「実存主義」の続きの解説一覧



実存主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実存主義」の関連用語

実存主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実存主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実存主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS