中世哲学とは?

中世哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 15:39 UTC 版)

中世哲学(ちゅうせいてつがく)は中世、具体的には5世紀西ローマ帝国が崩壊してから16世紀ルネサンスが起こるまでの時期の哲学のことである。論者により便宜的に、4世紀以前の教父学を含めて言うことがある。独立した哲学の研究の計画として理解される中世哲学は8世紀中ごろのバグダードおよび、8世紀最後四半世紀のカール大帝の宮廷を巡ってフランスで始まった [1]。中世哲学は、古代ギリシアローマで発展した古代文化の再発見の過程によって定義されることもあれば、神学的問題を扱い聖なる教義と俗界の学問を統合する必要によって定義されることもある。




  1. ^ Pasnau, Robert (2010). “Introduction”. The Cambridge History of Medieval Philosophy. Cambridge, UK: Cambridge University Press. p. 1. ISBN 978-0-521-76216-8. 
  2. ^ Davies, Brian (2004). Aquinas. Continuum International Publishing Group. p. 14. 
  3. ^ Gracia & Noone p1
  4. ^ Gracia & Noone p 1)
  5. ^ Gracia & Noone p.35
  6. ^ Gracia & Noone pp.3-5
  7. ^ Kretzmann & Stump p 27
  8. ^ Gallatin
  9. ^ Gracia & Noone p 1
  10. ^ Gracia & Noone p.45
  11. ^ Russell, Book II, Part i, c. 6
  12. ^ Russell p.353
  13. ^ Hyman & Walsh p. 15
  14. ^ McGavin p. 53
  15. ^ Hyman & Walsh pp.114-117
  16. ^ a b J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、pxii
  17. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p60
  18. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p63-p64
  19. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p71-p72
  20. ^ a b J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p80
  21. ^ a b J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p97
  22. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p71-p72
  23. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p76
  24. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p77-p78
  25. ^ Gracia & Noone pp.397-406
  26. ^ A・E・マクグラス『キリスト教神学入門』神代真砂美訳、教文館、2002年1月25日、p710 - 711
  27. ^ 瀬戸一夫『神学と科学 アンセルムスの時間論』勁草書房、2006年1月25日、ISBN:4-326-10160-1、p41
  28. ^ 瀬戸一夫『神学と科学 アンセルムスの時間論』勁草書房、2006年1月25日、ISBN:4-326-10160-1、p42
  29. ^ 瀬戸一夫『神学と科学 アンセルムスの時間論』勁草書房、2006年1月25日、ISBN:4-326-10160-1、p44
  30. ^ 瀬戸一夫『神学と科学 アンセルムスの時間論』勁草書房、2006年1月25日、ISBN:4-326-10160-1、p42
  31. ^ 瀬戸一夫『神学と科学 アンセルムスの時間論』勁草書房、2006年1月25日、ISBN:4-326-10160-1、p72-p73
  32. ^ Schulman, p.1
  33. ^ Jonathan Lyons (2007). The House of Wisdom. Bloomsbury. 
  34. ^ Clagett (1982), p. 356.
  35. ^ Lindberg (1978), p. 70-72.
  36. ^ Fryde
  37. ^ 加藤和哉「中世における理性と信仰」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p344
  38. ^ 加藤和哉「中世における理性と信仰」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p377
  39. ^ Hyman & Walsh, 'Bonaventura', p.454
  40. ^ 加藤和哉「中世における理性と信仰」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p339
  41. ^ 加藤和哉「中世における理性と信仰」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p347
  42. ^ 加藤和哉「中世における理性と信仰」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p353
  43. ^ 加藤和哉「中世における理性と信仰」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p354
  44. ^ a b J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p98
  45. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p99
  46. ^ History of Western Philosophy, Bertrand Russell
  47. ^ Literary Forms of Medieval Philosophy, Stanford Encyclopedia of Philosophy, [1]
  48. ^ Bochenski 1961, pp. 10-18
  49. ^ 永嶋哲也、周藤多紀「中世の言語哲学」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p184
  50. ^ 永嶋哲也、周藤多紀「中世の言語哲学」『西洋哲学史II 「知」の変貌・「信」の階梯』講談社選書メチエ、2011年12月10日、ISBN:978-4062585156 、p153
  51. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p111
  52. ^ a b J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p31-p32
  53. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p62
  54. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p125
  55. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p127
  56. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p129
  57. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p130
  58. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p133
  59. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p140
  60. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p142
  61. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p146。このため哲学史においてアンセルムスは二流の役割しか果たさなかったとマレンボンは評している
  62. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p191
  63. ^ J・マレンボン『初期中世の哲学 480-1150』中村治訳、勁草書房、1992年5月30日、ISBN:978-4326100941、p195-p196
  64. ^ Brentano, tr. Chisholm p.50
  65. ^ That is, our idea of a rabbit necessarily represents a rabbit. A mental state 'is a true similitude of the external thing, on account of which it represents (repraesentat) the external thing itself, and stands for it from its nature, just as an utterance denotes things by institution'.





中世哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中世哲学」の関連用語

中世哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中世哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中世哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS