ストゥディウム・ゲネラーレとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ストゥディウム・ゲネラーレの意味・解説 

ストゥディウム・ゲネラーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/01 19:51 UTC 版)

ストゥディウム・ゲネラーレStudium generale, 複数形: ストゥディア・ゲネラーリア [Studia generalia]、「一般学問所」)とは、中世の大学 (medieval university) の古称であり、神聖ローマ帝国が国際的な高等教育機関として認定したものである。初期のストゥディウム・ゲネラーレは主にイタリアフランスイングランドスペインポルトガルで設立され、それらは当時のヨーロッパにおいて高名な学びの場と考えられていた。その栄誉の世間的な重要性は何百年もの年月を経て低下しているが、ヴァチカンは数多くの新設大学をストゥディウム・ゲネラーレに指定し続けている。




  1. ^ Haskins, George L (1941) 'The University of Oxford and the Ius ubique docendi,' The English Historical Review, pp 281-292.
  2. ^ Georgedes, Kimberly (2006), “Religion, Education and the Role of Government in Medieval Universities: Lessons Learned or Lost?” (PDF), Forum on Public Policy 2 (1): 73–96, オリジナルの2011年7月11日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110711021202/http://www.forumonpublicpolicy.com/vol2.no1.rel.2006/georgedes.pdf 


「ストゥディウム・ゲネラーレ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ストゥディウム・ゲネラーレ」の関連用語

ストゥディウム・ゲネラーレのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ストゥディウム・ゲネラーレのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストゥディウム・ゲネラーレ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS