古代ギリシアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 古代ギリシアの意味・解説 

古代ギリシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 14:10 UTC 版)

古代ギリシア(こだいギリシア)では、太古から古代ローマに占領される時代以前までの古代ギリシアを扱う。


注釈

  1. ^ ギリシャではエーゲ海ミロス島でしか産出しない[6]
  2. ^ 山羊、羊に関しては野生種の存在がギリシャでは確認されていないため、アナトリア方面から移入してきたことが確実視されている[8]
  3. ^ この地域にはマグーラと呼ばれる小高い丘が存在するが、これは西アジアのテルに相当する新石器時代の集落址であることが多い[9]
  4. ^ この名称はこの時代に発達した哲学、諸芸術、自然科学を代表とするものが現在人類にとって普遍的な存在であることから原点という意味で古典期(クラシック)と呼ばれている[31]
  5. ^ ただし、この自由というのはあくまでもローマ支配下での自由であり、ギリシャのローマ従属を明らかにしたものでしかなかった[40]
  6. ^ 古代ギリシア語は30ほどの文字を組み合わせることによって表記することができたが、線文字Bは明らかにそれ以上の文字が存在したため、古代ギリシア語とは関連がないと考えられていた。しかし、これは古代ギリシア語を文字で表す際に母音、子音などを使用していたのに対して線文字Bは音節文字と表意文字からなっていたためであった。そのため、多くの研究者らは線文字Bはインド・ヨーロッパ語族が使用したものではないと考えていた[56]

出典

  1. ^ a b 桜井 2005, p. 16.
  2. ^ a b 周藤 1997a, pp. 20–21.
  3. ^ 周藤 & 村田 2000, pp. 19–20.
  4. ^ 周藤 1997a, p. 21.
  5. ^ 周藤 1997a, p. 22.
  6. ^ a b 桜井 2005, p. 17.
  7. ^ 木戸 1977, p. 188.
  8. ^ 桜井 2005, p. 19.
  9. ^ a b 桜井 2005, p. 20.
  10. ^ 桜井 2005, pp. 17–20.
  11. ^ a b 桜井 2005, p. 21.
  12. ^ 桜井 2005, p. 22.
  13. ^ 桜井 2005, pp. 22–23.
  14. ^ 周藤 & 村田 2000, p. 22.
  15. ^ 桜井 2005, p. 24.
  16. ^ 周藤 & 村田 2000, p. 23.
  17. ^ a b 周藤 & 村田 2000, p. 24.
  18. ^ 周藤 & 村田 2000, pp. 25–26.
  19. ^ 周藤 & 村田 2000, pp. 26–27.
  20. ^ a b 周藤 & 村田 2000, p. 27.
  21. ^ 桜井 2005, pp. 48–49.
  22. ^ 周藤 1997b, p. 56.
  23. ^ a b 桜井 2005, p. 50.
  24. ^ 桜井 2005, p. 68.
  25. ^ 桜井 2005, p. 69.
  26. ^ 桜井 2005, pp. 69–70.
  27. ^ 周藤 & 村田 2000, pp. 27–28.
  28. ^ 桜井 2005, pp. 56–58.
  29. ^ a b 桜井 2005, p. 75.
  30. ^ モアコット 1998, p. 37.
  31. ^ 周藤 1997b, p. 58.
  32. ^ 周藤 & 村田 2000, pp. 28–29.
  33. ^ ロバーツ 2003, p. 124.
  34. ^ ロバーツ 2003, p. 126.
  35. ^ 桜井 2005, pp. 103–104.
  36. ^ 桜井 2005, pp. 105–108.
  37. ^ 桜井 2005, pp. 110–113.
  38. ^ 桜井 2005, pp. 114–117.
  39. ^ 桜井 2005, pp. 125–126.
  40. ^ a b 桜井 2005, pp. 126–127.
  41. ^ 桜井 2005, pp. 127–128.
  42. ^ 桜井 2005, pp. 120–122.
  43. ^ 桜井 2005, pp. 6–9.
  44. ^ モアコット 1998, pp. 13–16.
  45. ^ 周藤 1997a, p. 1196.
  46. ^ 桜井 2005, pp. 95–96.
  47. ^ 周藤 & 村田 2000, pp. 110–111.
  48. ^ 周藤 & 村田 2000, p. 111.
  49. ^ レベック 1993, p. 144.
  50. ^ 桜井 2005, p. 58.
  51. ^ 桜井 2005, p. 159.
  52. ^ モアコット 1998, pp. 132–133.
  53. ^ 周藤 2006, p. 38.
  54. ^ 周藤 2006, pp. 38–39.
  55. ^ a b 周藤 2006, p. 39.
  56. ^ a b 周藤 2006, pp. 40–41.
  57. ^ [1]NHKスペシャル『知られざる大英博物館』「古代ギリシア」の回
  58. ^ NHKスペシャル『知られざる大英博物館』古代ギリシアの回
  59. ^ 「ふしぎ発見!」が世界初の試み パルテノン神殿を色鮮やかに再現



「古代ギリシア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

古代ギリシアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古代ギリシアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古代ギリシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS