舞踊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 芸能 > 舞踊の意味・解説 

ぶ‐よう【舞踊】


ぶよう 【舞踊】

古代人は神は踊るものと考え、それを模倣することは神々共働きすることであり、神々自分らの欲求感知してくれると考えたそのような宗教的舞踊には△われわれに恵み与え給え▽といった意味の歌詞が付くのがふつうであった。太陽神礼拝の国では、星が太陽の周囲を回るように祭壇周囲踊り回るこういった踊り見物人予期したものではなかったが、その奇態見る人つくり出していき、やがて芸術としての舞踊に発展するようになった

舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 23:15 UTC 版)

舞踊(ぶよう)




「舞踊」の続きの解説一覧

舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/27 23:41 UTC 版)

ペニダ島」の記事における「舞踊」の解説

ペニダ島しかない踊りバリス・ジャンカンは、バリ舞踊にない動きがほとんどで、その動きはとても独特であるバリス一般的に戦士踊り】を意味するが、バリス・ジャンカンのほとんどは鳥の動き真似て踊りに取入れている。1933年には既に記録されている踊りだが、ルーツと意味は未だに謎である。

※この「舞踊」の解説は、「ペニダ島」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「ペニダ島」の記事については、「ペニダ島」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 09:48 UTC 版)

カーボベルデ」の記事における「舞踊」の解説

ダンスの様式としては、ソフトダンスのモルナ(英語版)と、モルナの近代化したパッサーダ(ズーク)、ポルトガルアフリカダンス混合した官能的なフナナー(英語版)、最高度官能的なコラデイラ、そしてバトゥーケ(英語版)のダンス挙げられる

※この「舞踊」の解説は、「カーボベルデ」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「カーボベルデ」の記事については、「カーボベルデ」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 14:24 UTC 版)

中華人民共和国」の記事における「舞踊」の解説

詳細は「中国の舞踊(英語版)」を参照 中国における舞踊は形式が非常に多様でカテゴリー分けた場合モダンダンスなどの近代的なものを含めると10種類以上も存在する。 「中国の舞踊の歴史英語版)」および「中国の舞踊の一覧(英語版)」も参照

※この「舞踊」の解説は、「中華人民共和国」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「中華人民共和国」の記事については、「中華人民共和国」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「舞踊」の解説

無限のフロンティアシリーズ登場味方全体状態異常解除する

※この「舞踊」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 03:09 UTC 版)

日本芸術院賞」の記事における「舞踊」の解説

1952年 四代目井上八千代(よだいめ いのうえ やちよ) 京舞 井上流 1957年 二代目花柳壽輔(にだいめ はなやぎ じゅすけ日本舞踊 花柳流 1963年 六代目藤間勘十郎ろくだいふじま かんじゅうろう日本舞踊 藤間流 1965年 四代目藤間勘右衛門よんだいめ ふじま かんえもん) 日本舞踊 藤間流 1967年 吾妻徳穂あづま とくほ日本舞踊 吾妻流 1979年 藤間藤子(ふじま ふじこ) 日本舞踊 藤間流 1985年 森下洋子(もりした ようこ) バレエ 1988年 二代目花柳壽楽(にだいめ はなやぎ じゅらく日本舞踊 花柳流 1989年 藤間友章(ふじま ともあき日本舞踊 藤間流 1990年 三代目花柳壽輔さんだいはなやぎ じゅすけ日本舞踊 花柳流 1991年 十代目西川扇藏じゅうだいめ にしかわ せんぞう日本舞踊 西川流 1992年 花柳寿南海はなやぎ としなみ歌舞伎舞踊 花柳流 1997年 七代目藤間勘十郎しちだいふじま かんじゅうろう日本舞踊 藤間流 1999年 五代目井上八千代(ごだいめ いのうえ やちよ) 京舞 井上流 2000年 藤間景(ふじま らんけい日本舞踊 藤間流 2001年 五代目花柳芳次郎(ごだいめ はなやぎ よしじろう) 日本舞踊 花柳流 2002年 二代目尾上菊之丞(にだいめ おのえ きくのじょう) 日本舞踊 尾上2004年 吾妻徳彌(あづま とくや) 日本舞踊 吾妻流 2008年 藤間藤太郎(ふじま とうたろう日本舞踊 藤間流 2015年 山村五郎やまむらもごろう日本舞踊 山村流 2016年 二代目中村梅彌(にだいめ なかむら うめや) 日本舞踊 中村流 2018年 花柳寿楽はなやぎ じゅらく平成29年上演された「一人の乱」,「関の扉」,「高野物狂」の三演目それぞれ異なった役柄演じ分けた技柄とその品格の高さに対し 2019年 宮城能鳳みやぎ のうほう) 組踊 2020年 藤間黄(ふじま らんこう) 舞踊 2021年 西川箕乃助にしかわ みのすけ日本舞踊 西川流

※この「舞踊」の解説は、「日本芸術院賞」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「日本芸術院賞」の記事については、「日本芸術院賞」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 17:30 UTC 版)

レズギ人」の記事における「舞踊」の解説

レズギ舞踊と呼ばれる、レズギの男性ソロおよびペアダンスが、コーカサス多くの人々の間で一般的である。踊り2つの映像使ったものである。男は「」のように舞い、遅いペース速いペース交互に入れ替えていく。最も壮観な舞いは、つま先立ちになって様々な方向両手投げ男性動きである。女性優美な姿勢滑らかな手の動き魅了する「白鳥」の形を舞う。女性男性後ろで、男のダンステンポ上げていく。当然のことながらコーカサスあらゆる人々の間で一般的なこの舞踊は、レズギ人古代からの象徴的動物トーテムに基づいて命名された。その単語Lek」(レズギ語:лекь)は意味している

※この「舞踊」の解説は、「レズギ人」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「レズギ人」の記事については、「レズギ人」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 08:19 UTC 版)

タオ族」の記事における「舞踊」の解説

女性互いに手をつなぎあって踊る舞踊があり、祭祀際になどに披露される女性が髪を上下に振って踊る「頭髪舞」、男性がきねを手にして踊る「搗小米アワつき)舞」、客をもてなす「迎賓舞」などがある。

※この「舞踊」の解説は、「タオ族」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「タオ族」の記事については、「タオ族」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:20 UTC 版)

宝塚音楽学校」の記事における「舞踊」の解説

体の柔軟性リズム感運動神経洋舞適性審査対象になる。課題は、試験会場本科生模範演技見せる。

※この「舞踊」の解説は、「宝塚音楽学校」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「宝塚音楽学校」の記事については、「宝塚音楽学校」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 16:05 UTC 版)

神韻」の記事における「舞踊」の解説

神韻の各芸術団には男女合わせて60人のダンサー在籍しており、多人数による大掛かりな中国古典舞踊劇は、神韻主な見所となっている。中国古典舞踊とは、跳躍回転宙返り・毯子功(タンズゴン)など豊富な技巧を含む、数千年にわたって継承され包括的かつ豊富な舞踊形態である。神韻舞踊劇は、木蘭ムーラン)、西遊記水滸伝三國志など、中国の歴史伝説上物語題材とし、イ族ミャオ族モンゴル族など、様々な民族舞踊披露している。

※この「舞踊」の解説は、「神韻」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「神韻」の記事については、「神韻」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 03:12 UTC 版)

タンジャーヴール県」の記事における「舞踊」の解説

カルナーティック音楽深い関係にある、著名な舞踊のバラタナーティヤム盛んで、その起源はタンジャーヴールであるとする説もある。かつてはタンジャーヴール県にある寺院において、王や寺院後援によりバラタナーティヤム盛んに演じられていた。

※この「舞踊」の解説は、「タンジャーヴール県」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「タンジャーヴール県」の記事については、「タンジャーヴール県」の概要を参照ください。


舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 07:11 UTC 版)

ヘマ・マリニ」の記事における「舞踊」の解説

マリニは熟練したバラタナティヤム踊り手である。娘イーシャ・デオルとアハナ・デオルは熟練したオディシイ(オリッサ州古典舞踊)の踊り手である。彼女達慈善イベントでマリニと共演した彼女はまたカジュラーホーの舞踊フェスティバルでも娘達共演した。 マリニは、クチプディ(アーンドラ・プラデーシュ州古典舞踊)やモヒニアッタム(ケーララ州古典舞踊)も習った彼女はトゥルシーダースの『ラームチャリットマーナス』に出てくる幾つもの役(ナラシンハラーマなど)を踊り演じている。2007年彼女はダシェラー前夜マイスールで舞踊を披露し、そこでは焼身自殺するサティー役やパールヴァティーなど1人三役演じた。。 マリニは自身のダンススクールNatya Vihar Kala Kendra所有している。

※この「舞踊」の解説は、「ヘマ・マリニ」の解説の一部です。
「舞踊」を含む「ヘマ・マリニ」の記事については、「ヘマ・マリニ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「舞踊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

舞踊

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 12:44 UTC 版)

名詞

ぶよう

  1. 歌や合わせて身体動かすことによって感情意思表現する芸能

発音(?)

ぶ↗よー

「舞踊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



舞踊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「舞踊」の関連用語

舞踊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



舞踊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの舞踊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのペニダ島 (改訂履歴)、カーボベルデ (改訂履歴)、中華人民共和国 (改訂履歴)、精神コマンド一覧 (改訂履歴)、日本芸術院賞 (改訂履歴)、レズギ人 (改訂履歴)、タオ族 (改訂履歴)、宝塚音楽学校 (改訂履歴)、神韻 (改訂履歴)、タンジャーヴール県 (改訂履歴)、ヘマ・マリニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの舞踊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS