エーゲ文明とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > エーゲ文明の意味・解説 

エーゲ‐ぶんめい【エーゲ文明】

《Aegean civilization》前30〜前12世紀ころ、エーゲ海栄え青銅器文明。はじめ、非アーリア系地中海人によるクレタ文明中心に展開し、のち、アーリア系民族によるミケーネ文明主流となった。


エーゲ文明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/24 05:01 UTC 版)

エーゲ文明(エーゲぶんめい)は古代ギリシアにおける最古の文明。有名なトロイアミケーネミノアの三文明のほか、さらに古い段階のキクラデス文明やヘラディック期(英語版)ギリシア本土の文化などがある。ドイツのシュリーマンのミケーネ遺跡発掘により存在が確認された。




  1. ^ 「ミケーネ文明」ブリタニカ国際大百科事典
  2. ^ 「ミュケナイ文明」大辞林 第三版
  3. ^ 友部直「エーゲ文明」日本大百科全書


「エーゲ文明」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エーゲ文明」の関連用語

エーゲ文明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エーゲ文明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエーゲ文明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS