ミノア文明とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ミノア文明の意味・解説 

ミノア‐ぶんめい【ミノア文明】

Minōa》クレタ文明異称クレタ伝説的な王ミノスにちなむ呼称


ミノア文明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/07 08:00 UTC 版)

ミノア文明(ミノアぶんめい)は、エーゲ文明のうち、クレタ島で栄えた青銅器文明のことである。伝説上のミノス王にちなみ、ミノス文明とも呼ばれるが、クレタ文明と呼ばれることもある。




注釈

  1. ^ ただし、現在見ることのできる玉座やベンチがあったわけではなく、「水祓の間」と呼ばれるミノア文化独自の祭祀施設を中心に構成していたと考えられている[11]
  2. ^ 印章や粘土板が発掘されており、行政の中心地であった可能性も存在する[11]
  3. ^ 纏まった資料が出土する場所としてLMIA期の土器はサントリーニ(テラ)島アクロティリ英語版遺跡が上げられる[13]
  4. ^ この『聖別の角』と『双斧』(ラブリュス)はミノア文化における特別な象徴であったと思われる[18]

参照

  1. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火ー自然災害の環境史ー』刀水書房 2012年 66ページ
  2. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火ー自然災害の環境史ー』刀水書房 2012年 65ページ
  3. ^ 出典 : 小山真人『ヨーロッパ火山紀行』ちくま新書、1997年、33頁
  4. ^ 周藤 (1997-a)、pp.78-79
  5. ^ a b c 周藤 (1997-a)、p.79
  6. ^ 周藤 (1997-a)、p.84.
  7. ^ 周藤 (1997-a)、p.80
  8. ^ a b 周藤 (1997-a)、p.81
  9. ^ 周藤 (1997-a)、p.82
  10. ^ 周藤 (1997-a)、pp.84-85
  11. ^ a b c d 周藤 (1997-a)、p.87
  12. ^ 周藤 (1997-a)、pp.87-88
  13. ^ a b c 周藤 (1997-a)、p.88
  14. ^ a b 周藤 (1997-a)、p.89
  15. ^ 周藤 (1997-a)、p.90
  16. ^ 周藤 (1997-a)、pp.91-92
  17. ^ 周藤 (1997-a)、pp.92-93
  18. ^ 周藤 (1997-a)、p.93
  19. ^ 周藤 (1997-a)、pp.75-77
  20. ^ 周藤 (1997-a)、pp.77-78
  21. ^ 周藤 (1997-a)、p.78


「ミノア文明」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミノア文明」の関連用語

ミノア文明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミノア文明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミノア文明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS