ワリとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > ワリの意味・解説 

わ‐り【和×犂】

農具の一。古くから水田耕作に用いられたすき。


わり【割(り)】

割ること。また、割ったもの。「水割り」「お湯割り

歩合単位。1割は10分の1。「三割打者

比率割合。「三日一回の割りで通う」

他と比べたときの損得。「割りのいい商売

(「…わりに」の形で)ある事から予想推測される程度。…に応じた程度よりは。「値段の割りに品物がよい」「若い割りには礼儀正しい

割り当て。「部屋割りをする」

割引。「学割り」

《「ことわり(理)」から》理由事情また、ぐあい。

芝居で見るような—に行かず」〈緑雨売花翁

相撲で、取組表のこと。

10 仲裁

大いざこさの中へ、大屋敷—に入り」〈咄・春帒〉

[下接語] 頭割り石割り板割り内割り・押し割り貝割り鏡割り欠き割り書き割り・学割・搗(か)ち割り・幹竹(からたけ)割り・切り割り・木割り・均等割り胡桃(くるみ)割り・塊(くれ)割り・区割り・腰割り・戸数割り・碁盤割り・駒(こま)割り・小割り時間割り・宿(しゅく)割り・地割り席割り背割り外割り・台割り縦割り反別割り・月割り土割り手合い割り・土瓶割(なし)割り・軒割り場所割り柱割り引き割り・挽(ひ)き割り・碾(ひ)き割り・日割り二つ割り部屋割り焙烙(ほうろく)割り・掘り割り・(まき)割り・町割り水割り三つ割り・棟割り面割り役割宿割り横割り四つ割り


読み方:ワリ(wari

近世領主年貢割付状をもとにして年貢額を各人持高に応じて村民割当てること。

別名 内割(うちわり)


和利

読み方:ワリ(wari

中世利息の率をいう語。

別名 把利


把利

読み方:ワリ(wari

中世利息の率をいう語。

別名 和利


ワリ

名前 WaliWātī

ワリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/21 05:12 UTC 版)

ワリ(Huari,英語圏で時々Wariと表記)は、西暦500年~900年ごろアンデス中央高地で繁栄したプレ・インカの文化。






「ワリ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワリ」の関連用語





5
100% |||||


7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ワリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS