石割りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 建設 > 石割りの意味・解説 

いし‐わり【石割(り)】

石を割ること。また、その道具。

石積みの際に、石材大きさ据え付け位置などを割り付けること。

ヒクイドリの別名。

石割り雪駄(せった)」の略。


いし‐わり【石割】

〔名〕

石を割ること。

石を割る大き金づちあるいは石工具(日葡辞書(1603‐04))

工事などで、石の大きさ形状すえ付け位置目地(めじ)の幅などを設計して、割り付けること。その詳細図石割図という。

④ 「いしわりせった石割雪駄)」の略。

随筆我衣(1825)「貞享頃迄は、〈略〉革足袋を商ふ人、大津石割とて、強向き雪踏を売る。尤もはやる」

(5)いしわりがい石割貝)」の略。

(6)ひくいどり火食鳥)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

(7) 植物「きく()」の異名

浄瑠璃鬼一法眼三略巻(1731)三「斯程優しき花の名を誰が石わりと名付けけん」


石割り,カナテコ (いしわり,かなてこ)

石割り 地方名は、カナテコという。石を細砕して処理しやすくするため、石を割る器具である。大きい石の場合には、石の上を燃やして割れ目をつくり、その部分を上からたたいた明治時代後期から大正時代前期まで使用された。全長114cm、先端鋤(部分)の長さ23cm、重さ2.7kgである。



石割りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石割り」の関連用語

石割りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石割りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS