割れ目とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 土木 > 断裂 > 割れ目の意味・解説 

われ‐め【割れ目/破れ目】

読み方:われめ

割れたところ。割れてできた裂け目。ひび。「―が入る」「氷の―」


割れ目(fracture)

変形作用結果,最密氷域,全密接氷域,凍結密氷域,定着氷,又は単独の氷盤起こ切れ目裂け目。割れ目には砕け氷あったり,ニラス板状軟氷張り詰めていることもある。長さは数mから数kmに及ぶものもある。幅によって以下のように分類する
微小割れ目(very small fracture) :幅150m。
小割れ目(small fracture) :幅50200m
中割れ目(medium fracture) :幅200500m
大割れ目(large fracture) :幅500mを超える

割れ目 ワレメ

親がサイコロ振って出た目の場所。ルールによっては収入支出両方とも倍になる。

割れ目

作者藤田秋史

収載図書炭素なし
出版社文芸社
刊行年月2005.3


割れ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 04:50 UTC 版)

割れ目(われめ)、われめワレメ




「割れ目」の続きの解説一覧

割れ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:19 UTC 版)

麻雀のルール」の記事における「割れ目」の解説

特定のプレイヤー点数授受倍にする

※この「割れ目」の解説は、「麻雀のルール」の解説の一部です。
「割れ目」を含む「麻雀のルール」の記事については、「麻雀のルール」の概要を参照ください。


割れ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:32 UTC 版)

麻雀の得点計算」の記事における「割れ目」の解説

点数授受をさらに引き上げルールに割れ目 (われめ、ワレメ) がある。 割れ目は、局の開始時に牌を取り始めた山 (開門) の位置プレーヤーはその局の点数授受が倍になるというルールである。倍になるという点で親と似ているが、割れ目ルールでは積み符計算まで済んだあとで機械的に点数倍にする。割れ目が親なら容易に高得点実現されるリスキールールである。 例えサイコロ出目10だった場合南家のその局の収入支出2倍となる。その状態で南家満貫の手和了すると収入16,000点となり、親が満貫の手自摸あがりした場合通常なら3人で4,000点ずつの支払いとなるところ南家は8,000点の支払いとなる。 フジテレビ不定期に放送される麻雀番組THEわれめDEポン」でこのルール採用された事から、近年では知名度高まっている。

※この「割れ目」の解説は、「麻雀の得点計算」の解説の一部です。
「割れ目」を含む「麻雀の得点計算」の記事については、「麻雀の得点計算」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「割れ目」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「割れ目」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



割れ目と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「割れ目」の関連用語

割れ目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



割れ目のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本雪氷学会日本雪氷学会
この記事は、気象庁「海洋観測指針」(1999)のデータを基に、(社)日本雪氷学会が気象庁の許諾を得て電子化した「海氷分類の用語集」を転載しております。
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2022 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの割れ目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの麻雀のルール (改訂履歴)、麻雀の得点計算 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS