割れ目とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 土木 > 断裂 > 割れ目の意味・解説 

われ‐め【割れ目/破れ目】

割れたところ。割れてできた裂け目。ひび。「―が入る」「氷の―」


割れ目(fracture)

変形作用結果,最密氷域,全密接氷域,凍結密氷域,定着氷,又は単独氷盤に起こる切れ目裂け目。割れ目には砕け氷があったり,ニラス板状軟氷張り詰めていることもある。長さは数mから数kmに及ぶものもある。幅によって以下のように分類する。
微小割れ目(very small fracture) :幅1~50m。
小割れ目(small fracture) :幅50200m
中割れ目(medium fracture) :幅200500m。
大割れ目(large fracture) :幅500mを超える

割れ目 ワレメ

親がサイコロを振って出た目の場所。ルールによっては収入支出両方とも倍になる。

割れ目

作者藤田秋史

収載図書炭素なし
出版社文芸社
刊行年月2005.3


割れ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 04:50 UTC 版)

割れ目(われめ)、われめワレメ




「割れ目」の続きの解説一覧



割れ目と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「割れ目」の関連用語

割れ目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



割れ目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本雪氷学会日本雪氷学会
この記事は、気象庁「海洋観測指針」(1999)のデータを基に、(社)日本雪氷学会が気象庁の許諾を得て電子化した「海氷分類の用語集」を転載しております。
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2021 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの割れ目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS