性教育とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 教育 > 性教育の意味・解説 

せい‐きょういく〔‐ケウイク〕【性教育】

読み方:せいきょういく

に関する科学的知識社会常識学び社会的人格完成目ざす教育


性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 14:20 UTC 版)

性教育(せいきょういく、英語: Sex education)とは、性器性交生殖妊娠避妊[1])など人間性行動に関する教育全般を意味する言葉[2]


  1. ^ a b ジェンダー・性の多様性…包括的性教育 漫画で伝える/埼玉大教授ら、季刊誌連載「自ら考え行動する力を」日本経済新聞』夕刊2022年5月27日社会面掲載の共同通信配信記事(同日閲覧)
  2. ^ 4.その他-健やかな体を育む教育という観点から,今後,学校教育活動全体で取り組むべき課題について-:”. 文部科学省(www.mext.go.jp). 2022年5月25日閲覧。
  3. ^ 生涯を通じた女性の健康施策に関する研究会報告書について 平成11年7月21日”. 厚生労働省. 2022年11月24日閲覧。
  4. ^ International technical guidanceon sexuality education (PDF)”. UNESCO (2018年). 2019年3月1日閲覧。
  5. ^ ユネスコ; 浅井春夫; 艮香織; 田代美江子; 渡辺大輔 (2017-6-15). 国際セクシュアリティ教育ガイダンス. 明石書店. ISBN 9784750344751 
  6. ^ a b c d e f g h i j 末吉陽子 (2018年2月12日). “日本の性教育は時代遅れ、ユネスコは小学生に性交のリスク教育推奨”. ダイヤモンドオンライン. 株式会社ダイヤモンド社. 2019年2月14日閲覧。
  7. ^ 伊吹早織 (2018年4月25日). “「AVが性の教科書」の現状をどう変えるのか。望まぬ妊娠、中絶をした女性の願い”. BuzzFeed News. BuzzFeed Japan株式会社. 2019年3月1日閲覧。
  8. ^ 重見大介 (2020年10月13日). “性に関する知識やスキルだけではない「包括的性教育」とは? 今の日本に必要な理由”. yahoo news. 2020年12月3日閲覧。
  9. ^ おはよう日本 変わるか?日本の“性教育””. NHK (2020年10月7日). 2020年12月6日閲覧。
  10. ^ 小学校学習指導要綱体育
  11. ^ 中学校学習指導要綱保健体育
  12. ^ たなか成長クリニック・思春期 男子は約11歳6ヶ月で小学校5・6年生頃、女子は約9歳9ヶ月で小学校3・4年生頃
  13. ^ 小川たまか (2018年3月28日). “義務教育で性交を教えないのは「性的同意年齢13歳」と矛盾しませんか(七生養護学校事件を振り返りつつ)”. yahoo news. 2022年9月29日閲覧。
  14. ^ 令和2年臨時国会質疑から【第7回】”. 日本教育新聞 (2021年1月3日). 2021年10月16日閲覧。
  15. ^ 学校の性教育で“性交”を教られない 「はどめ規定」ってなに?”. NHK (2021年8月26日). 2022年1月12日閲覧。
  16. ^ 実は…お母さんも自信がないはじめてのブラ ワコール探検隊
  17. ^ ワコール探検隊|「少女」から「おとな」へ約4年間で変化する成長期のバスト ブラジャー着乗率はstep1(思春期初来(乳首の成長開始)から初経の1年以上前)で31%、step2(初経前後)で56%、step3(初経の1年以上後から成人型乳房になるまで)で90%(大人用のブラジャー57%)
  18. ^ 朝日新聞』朝刊2002年2月25日家庭欄※記事名不明※
  19. ^ ジェンダーフリーとの戦い―「過激な性教育」実態と克服 - ウェイバックマシン(2014年9月12日アーカイブ分)
  20. ^ ”統一教会”と性教育”. 北日本放送 (2022年9月2日). 22022-9-29閲覧。
  21. ^ 吉田タカコ『子どもと性被害』集英社新書 2001年8月発行
  22. ^ 中日新聞』朝刊2019年3月30日25面※記事名不明※
  23. ^ 変わるか 日本の“性教育””. NHK (2020年10月6日). 2020年10月8日閲覧。
  24. ^ HUMAN+男と女のディクショナリー”. 日本産科婦人科医会. 2022年3月26日閲覧。
  25. ^ 「性的少数者の授業 小中学生には時期尚早か?」朝日新聞デジタル(2017年5月15日)2021年7月13日閲覧
  26. ^ 日本性教育協会『現代性教育研究ジャーナル 』2019年 No.95(2019年2月15日発行)2021年7月13日閲覧
  27. ^ a b c 澁谷 2008, pp. 41–68.
  28. ^ a b c d e 南博・社会心理研究所著『昭和文化 1925-1945』(勁草書房、1987年)pp.126-141
  29. ^ 斎藤光 (2011年3月22日). “「純潔教育施策」目的の微妙な拡張─純潔教育委員会開催以前の社会教育局官僚の発言から”. 2019年2月19日閲覧。
  30. ^ a b c d e 2016.07.21 「レイプもセックスだと思ってた」…まともに教えず、男を誤解させる自民党の政治的性教育”. wezzy. 株式会社サイゾー. 2019年2月14日閲覧。
  31. ^ a b c こころとからだの学習裁判”. 「こころとからだの学習裁判」支援. 「こころとからだの学習」裁判を支援する全国連絡会. 2019年2月14日閲覧。
  32. ^ これでいいのか?性教育-教室はアダルトショップ-
  33. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年5月11日閲覧。
  34. ^ 「不適切な性教育」の記述、やっと削除 元教員「ここから立て直したい」”. 東京新聞 (2019年3月29日). 2022年1月16日閲覧。
  35. ^ a b 性教育の過去20年を振り返り、これから先10年を語る Next Generation Leaders’Summit 2015 2015.10.05
  36. ^ 第154回国会 文部科学委員会 第12号(平成14年5月29日(水曜日))
  37. ^ 第155回国会 文部科学委員会 第2号(平成14年11月1日(金曜日))
  38. ^ ニッポンの性教育 性をどこまで教えるか”. 中京テレビ (2013年5月25日). 2019年2月19日閲覧。
  39. ^ a b 2018.4.20 性教育「後進国」ニッポン|「性交」「避妊」がNGワード! じゃあ何を教えているの?”. クーリエ・ジャポン. 講談社. 2019年2月14日閲覧。
  40. ^ 末吉陽子 (2018年4月24日). “中学校の性教育で大論争、東京都議vs教育現場それぞれの言い分”. ダイヤモンドオンライン. 2019年2月14日閲覧。
  41. ^ 2018.4.23 「高校生になればOK?」足立区立中、授業前にアンケート 都教委は問題視「助長の可能性」”. 産経新聞. 2019年2月14日閲覧。
  42. ^ 【記者の目】東京・中学性教育への「政治介入」 身を守るには知識必要=中川聡子(統合デジタル取材センター)”. 『毎日新聞』 (2018年6月7日). 2022年5月27日閲覧。
  43. ^ 中学生に避妊などの性教育、必要だと思う?”. Yahoo!ニュース. Yahoo! JAPAN. 2019年3月1日閲覧。
  44. ^ <論戦 都議会>中学校「性教育」 各校の授業支援 教育長表明 - ウェイバックマシン(2019年2月27日アーカイブ分)
  45. ^ a b c 桃山商事. “2016.07.20 「勃起と射精」に拘泥する男の“性欲”と、ニッポンの「性教育」”. wezzy. 株式会社サイゾー. 2019年2月14日閲覧。
  46. ^ a b どうする?男子の性教育。性教育研究者 村瀬幸浩氏が語る「思春期の男の子への性教育」とは。”. ASOBO KIDS (2017年3月19日). 2019年2月19日閲覧。
  47. ^ 包茎手術する中高年男性が増加 その意外な理由と注意点〈週刊朝日〉”. aera.dot (2021年6月6日). 2021年6月16日閲覧。
  48. ^ 人に聞けない息子の「皮被り」問題 医師の回答は?” (2018年5月26日). 2021年6月16日閲覧。
  49. ^ 「睾丸の大きさ」? 思春期の男子が気にするべきこと” (2014年12月25日). 2021年6月16日閲覧。
  50. ^ 三島あずさ、山下知子、山田佳奈、塩入彩 (2018年5月14日). “性教育、親「現実見て正しい知識を」 自治体が講座開催”. 朝日新聞. 2019年2月19日閲覧。
  51. ^ 【考える広場】よく生きるための性教育 - ウェイバックマシン(2018年9月13日アーカイブ分)
  52. ^ a b 富山の10代人工妊娠中絶が激減、産婦人科医の“出張授業”の内容”. Newsポストセブン (2020年4月15日). 2020年8月2日閲覧。
  53. ^ 埼玉で「性教育委」設立、中高生に科学的な知識を ドラマや関連書籍も続々”. 毎日新聞 (2020年12月15日). 2020年12月30日閲覧。
  54. ^ 「性教育にタブーなし」助産師シオリーヌさんと語る 秋田魁新報電子版
  55. ^ 渡辺裕子「異性関係の変容と学校集団の影響」『リーディングス日本の教育と社会第7巻子どもと性』(日本図書センター発行 2007年)pp.68-77
  56. ^ 蓮田太二「いのちを救う「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」」『日本赤十字豊田看護大学紀要』第11巻第1号、日本赤十字豊田看護大学、2016年3月、 3-12頁、 ISSN 1349-9556NAID 1200057719192022年6月28日閲覧。
  57. ^ わが国の性教育の現状と課題”. 現代性教育研究ジャーナル (2018年6月15日). 2020年11月1日閲覧。
  58. ^ 15歳以下189人が出産 839件の人工中絶 「若者守る性教育が必要」産婦人科医師と児童相談所長が報告”. 沖縄タイムス+プラス (2019年12月17日). 2020年10月20日閲覧。
  59. ^ 第5回「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」”. 厚生労働省. 2021年2月4日閲覧。
  60. ^ 公立の高等学校(全日制及び定時制)における妊娠を理由とした退学に係る実態把握結果 - 1411217_001_1.pdf文部科学省
  61. ^ 人口統計資料集2014”. 国立社会保障・人口問題研究所. 2015年10月31日閲覧。
  62. ^ [1] OECD Growing Unequal? Income Distribution and Poverty in OECD Countries table5.2. 2008年10月
  63. ^ 母子世帯の貧困率は5割超え、13%が「ディープ・プア」世帯「第5回(2018)子育て世帯全国調査」結果速報”. 独立行政法人労働政策研究・研修機構 (2019年10月1日). 2020年8月3日閲覧。
  64. ^ 円ブリオ基金センターとは”. 円ブリオ基金センター. 2021年2月8日閲覧。
  65. ^ 第72回国会(常会)質問主意書家族計画の指導方法の改善と経口避妊薬の承認に関する質問主意書 右の質問主意書を国会法第七十四条によつて提出する須原 昭二 昭和49年1月28日”. 衆議院. 2021年7月12日閲覧。
  66. ^ 衛生行政報告例第9章 母体保護表7”. 2021年2月8日閲覧。
  67. ^ 平成30年度衛生行政報告例の概況 母体保護関係”. 厚生労働省 (2019年10月31日). 2020年5月10日閲覧。
  68. ^ 清水ほなみ. “小中学生の妊娠は年間約400件…産科はどう対応するか”. All about. 2020年8月2日閲覧。
  69. ^ 性教育の新たなスタートに向けて”. 日本産婦人科医会 (2019年6月12日). 2020年5月10日閲覧。
  70. ^ 【こんにちは!あかちゃん 第17部】おなかの命は… 中絶を考える<6完>正しい避妊 男性も当事者”. 西日本新聞 (2014年5月24日). 2021年2月8日閲覧。
  71. ^ 10代の妊娠相談、コロナで急増“巣ごもり”影響か”. 47news (2021年1月30日). 2021年1月31日閲覧。
  72. ^ 「帰国させられてしまう」乳児遺棄あいつぐ、技能実習生を追いつめる根深い課題”. 弁護士ドットコムニュース (2020年5月19日). 2021年2月27日閲覧。
  73. ^ 日本共産党 ジェンダー平等委員会連続講座 日本におけるリプロダクティブ・ライツの現状と問題点”. 日本共産党 ジェンダー平等委員会 (2020年6月15日). 2021年2月27日閲覧。
  74. ^ 韓国1月1日から堕胎罪が無効に 女性と医師のみ罪に問われる社会は変わるか”. Newsweek (2021年1月10日). 2021年2月27日閲覧。
  75. ^ 平成30年度 男女共同参画白書I-特-37図 人工妊娠中絶率(国際比較)”. 厚生労働省. 2022年6月23日閲覧。
  76. ^ 上村茂仁「S08-3.産婦人科医による若者の自殺予防」『児童青年精神医学とその近接領域』第59巻第1号、日本児童青年精神医学会、2018年、 11-11頁、 doi:10.20615/jscap.59.1_11ISSN 0289-0968NAID 1300076919492020年11月2日閲覧。
  77. ^ 新たな自殺総合対策大綱の在り方に関する検討会(第3回)」妊産褥婦の自殺-東京都の集計及び概略分析”. 厚生労働省 (平成29-01-27). 2020年11月1日閲覧。
  78. ^ 妊産婦の死因、自殺がトップ 産後うつでメンタル悪化か”. 朝日新聞デジタル (2018年9月5日). 2020年10月13日閲覧。
  79. ^ a b David C. Reardon. “中絶に関わる主な精神的影響のリスト”. Japan-lifeissues.net. 2020年10月18日閲覧。[リンク切れ]
  80. ^ David C. Reardon. “中絶後に女性の自殺率が上昇、新たな調査結果”. Japan-lifeissues.net. 2020年10月20日閲覧。[リンク切れ]
  81. ^ a b 望まない妊娠…経験者が語る「中絶を決意した人に伝えたいこと」 - ウェイバックマシン(2020年10月18日アーカイブ分)
  82. ^ 『透明なゆりかご』著者が語る中期中絶を選んだ妊婦たちの孤独”. FRYDAYdegital (2019年10月13日). 2020年10月14日閲覧。
  83. ^ 避妊に失敗してしまう間違った対策方法とは?”. NHK (2018年7月23日). 2020年8月1日閲覧。
  84. ^ 産婦人科における緊急避妊薬処方の現状~緊急避妊薬のOTC化に関する緊急アンケート調査より~ 公益社団法人 日本産婦人科医会”. 厚生労働省. 2021年10月4日閲覧。
  85. ^ 「世界避妊デー」避妊方法限られる日本 普及へ新たな動き”. NHK. 2021年10月4日閲覧。
  86. ^ 避妊を考える<下>女性が主体的に取り組める方法 シールや注射、海外は多彩な選択肢”. 西日本新聞 (2019年2月26日). 2021年10月4日閲覧。
  87. ^ 避妊”. MEDLEY. 2020年8月1日閲覧。
  88. ^ 福田和子 (2019年6月23日). “女性の健康世界会議で大衝撃!23歳が「日本ヤバイ」と痛感した理由”. 現代ビジネス. 2020年8月3日閲覧。
  89. ^ チェックインワンについて”. 株式会社アラクス. 2020年6月11日閲覧。
  90. ^ 小川たまか (2020年7月5日). “性暴力による妊娠中絶、なぜ「加害者の同意」が必要? 厚生省は通達で「いやしくも便乗して…」”. yahoo news. 2020年7月11日閲覧。
  91. ^ Patricia L. Martin. “Potency and Pregnancy in Japan: Did Viagra Push the Pill (PDF)”. the university of tulsa. 2020年12月20日閲覧。
  92. ^ 国会からの報告”. リプロ・ヘルツ情報センター. 2020年12月21日閲覧。
  93. ^ 第145回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第2号 平成11年2月18日139.141末松義規”. 2020年12月29日閲覧。
  94. ^ 第145回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第1号 平成11年2月3日027 円より子”. 2021年1月10日閲覧。
  95. ^ 「低用量ピル解禁」『読売新聞』第44227号1999(平成11)年6月13日1面31面/2020年12月20日閲覧
  96. ^ 小川節子【記者の目】バイアグラのスピード承認 男性本位の「性」倫理『毎日新聞』1999年1月26日(2020年12月20日閲覧)
  97. ^ “Japan's Tale of Two Pills: Viagra and Birth Control”. New york times. (1999年4月27日). https://www.nytimes.com/1999/04/27/science/japan-s-tale-of-two-pills-viagra-and-birth-control.html 2020年12月20日閲覧。 
  98. ^ 李啓充 医師/作家(在ボストン). “〔連載〕続 アメリカ医療の光と影 第88回ピル(医療と性と政治)(19)「性の乱れ」を防ぐことに躍起となる権力者たちの習性”. 医学界新聞. 2020年12月20日閲覧。
  99. ^ 表5 HIV感染者及びAIDS患者の年次推移(国籍別、性別、感染経路別)”. エイズ予防情報ネット. 2020年12月20日閲覧。
  100. ^ WHO (2010年). “[https://hdl.handle.net/10665%2F70210 Fact sheet on the safety of levonorgestrel-alone emergency contraceptive pills (LNG ECPs)]”. 2021年6月26日閲覧。
  101. ^ 緊急避妊法の適正使用に関する指針(平成28年度 改訂版)”. 日本産科婦人科学会. 2021年6月7日閲覧。
  102. ^ 山本佳奈. “ピルを出したがらない産婦人科医の屁理屈 "人工妊娠中絶"の収入減を懸念か”. PRESIDENT Online. 2020年5月2日閲覧。
  103. ^ 緊急避妊薬、入手の壁なお高く ネット処方解禁でも”. 日経電子版ヘルスUP (2019年10月7日). 2020年5月2日閲覧。
  104. ^ 緊急避妊薬の薬局販売 市民グループが厚生労働省に要望 - ウェイバックマシン(2020年10月30日アーカイブ分)
  105. ^ 2017年7月26日 第2回医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議”. 厚生労働省. 2020年5月2日閲覧。
  106. ^ 医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議”. 厚生労働省. 2021年6月7日閲覧。
  107. ^ 【一変したスイッチOTC検討会議】今後はドラッグストアも参画か”. ドラビズ on-line (2020年10月30日). 2021年2月26日閲覧。
  108. ^ 第203回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号 令和2年11月20日 木村弥生答弁”. 国会議事録検索システム. 2021年6月16日閲覧。
  109. ^ シモーヌ・ヴェーユ著、石井久仁子訳『シモーヌ・ヴェーユ回想録』パド・ウィメンズオフィス発行 2011年7月
  110. ^ Welcome to ICEC The International Consortium on Emergency Contraception”. International Consortium for Emergency Contraception. 2021年10月16日閲覧。
  111. ^ 緊急避妊薬や低用量ピル 若い世代ほど“知識あり” 費用に課題”. NHK (2021年10月11日). 2021年10月16日閲覧。
  112. ^ 緊急避妊薬へのアクセスは人権の問題、それを阻んでいるものは? 「緊急避妊薬を薬局でプロジェクト」共同代表、遠見才希子さんインタビュー”. Dialogue for People (2020年9月18日). 2022年1月16日閲覧。
  113. ^ 1.妊娠適齢年令”. 公益社団法人 日本産婦人科医会. 2020年5月5日閲覧。
  114. ^ 古川誠志 (2016年). “高齢妊娠に伴う諸問題”. 杏林医学会. doi:10.11434/kyorinmed.47.77. 2020年6月28日閲覧。
  115. ^ 実は多い2人目不妊 早めに受診、子育てと仕事が壁に”. woman smart DUELプレミアム (2018年12月6日). 2020年6月20日閲覧。
  116. ^ 16人に1人が体外受精児 17年、5万6千人誕生”. yahoo news (2019年10月28日). 2020年8月2日閲覧。[リンク切れ]
  117. ^ 2021年1月1日より不妊治療の助成金が増額します!”. suis woman (2021年1月1日). 2021年1月31日閲覧。
  118. ^ 【独自】不妊治療薬、承認手続き迅速化…保険適用へ排卵誘発剤やバイアグラなど候補に”. 読売新聞 (2021年7月11日). 2021年7月12日閲覧。
  119. ^ 不妊の原因。女性・男性別の不妊要因とは”. medical note. 2020年11月1日閲覧。
  120. ^ すべての人に知ってほしい、生殖能力と年齢の関係についての事実”. BUZZFeed (2019年2月7日). 2020年8月28日閲覧。
  121. ^ 9割が「中絶」…重い決断迫られる『新型出生前診断』“無認可”も横行”. 関西テレビ (2019年8月4日). 2020年12月3日閲覧。
  122. ^ 10代からのSOS“コロナ禍”で増える“妊娠相談”小学4年生の相談も”. メーテレ (2020年7月20日). 2021年5月30日閲覧。
  123. ^ 小学生も10代少女から妊娠相談が急増”. 日本テレビ (2020年6月12日). 2021年5月30日閲覧。
  124. ^ “来年の出生数80万人割れも…妊娠届、コロナ禍の5月以降減少”. 読売新聞. (2020年10月22日). https://www.yomiuri.co.jp/medical/20201021-OYT1T50272/ 2021年2月1日閲覧。 
  125. ^ “「嫡出推定」制度見直し 来年の通常国会にも法律改正案 法務省”. NHK. (2021年2月10日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210210/k10012858571000.html 2021年2月22日閲覧。 
  126. ^ 月経困難症 低用量ピルの普及進まず…製薬各社 啓発に力”. AnswersNews (2021年1月18日). 2021年2月8日閲覧。
  127. ^ ピルの副効用:避妊以外のメリット”. 堀産婦人科. 2021年2月22日閲覧。
  128. ^ 生理の体調不良で経済的損失が年間6828億円 フェムテック先駆け「ルナルナ」運営会社が福利厚生制度で低用量ピル服薬を支援”. WWD (2020年1月31日). 2020年12月15日閲覧。
  129. ^ 隠れていたフィギュア選手の生理問題 鈴木明子の告白「選手時代、私は間違っていた」”. THE ANSWER (2021年1月31日). 2021年2月8日閲覧。
  130. ^ 日本の五輪選手4人に1人が使う低用量ピル 避妊だけじゃないアスリートにとっての効果”. THE ANSWER (2021年1月9日). 2021年2月8日閲覧。
  131. ^ 亀沢郁奈 (2021年1月18日). “【女子必見】生理が消滅するかも? 噂の『ミレーナ』を装着して3カ月 … デカすぎるメリットと注意点”. ROCKET NEWS24. 2021年2月8日閲覧。
  132. ^ 性感染症報告数”. 厚生労働省. 2020年12月20日閲覧。
  133. ^ 「若い女性は知識がない」「若い女性が悪用するかも」。アフターピルのオンライン診療検討会で出た意見【検討会の経緯まとめ】”. HuffPost News (2021年2月22日). 2021年2月22日閲覧。
  134. ^ 子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために”. 公益社団法人 日本産科婦人科学会. 2021年1月7日閲覧。
  135. ^ Chapter 11 子宮頸がんについての最近の情報”. 琴似産科婦人科クリニック. 2021年2月1日閲覧。
  136. ^ 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、第6回における厚生労働省結核感染症課による「資料12」”. 厚生労働省. 2022年1月10日閲覧。
  137. ^ ヒトパピローマウイルス(HPV)と子宮頸がんワクチン(ファクトシート)”. 厚生労働省検疫所FORTH. 2021年2月1日閲覧。
  138. ^ 及川夕子 (2021年3月4日). “21歳、子宮頸がんで命を…HPVワクチン接種が遅れた日本で起きていること”. 現代ビジネス. 2022年1月10日閲覧。
  139. ^ 『コウノドリ』モデルの小児科医が語る「HPVワクチン」放置の危険性”. FRaU編集部 (2020年10月1日). 2020年12月6日閲覧。
  140. ^ 母親の子宮頸がんが子どもに移行する現象を発見”. 国立研究開発法人国立がん研究センター (2021年1月7日). 2021年1月7日閲覧。
  141. ^ “母の子宮頸がん、子に移行 羊水に混入、肺がんに―世界初・国立がん研究センター”. 時事ドットコムニュース. (2021年1月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010700322&g=soc 2021年1月7日閲覧。 
  142. ^ HPVワクチン、日本でも男性に接種拡大へ 12月4日に厚労省審議会で審査”. BUZZ feed japan (2020年11月20日). 2020年12月3日閲覧。
  143. ^ ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の今後の対応について”. 厚生労働省 (2021年11月26日). 2021年11月29日閲覧。
  144. ^ 第11回市民公開講座 質疑応答:講演1講演1:子宮頸がんは予防できる時代に”. 順天堂大学医学部付属順天堂医院. 2021年2月10日閲覧。
  145. ^ “風疹ワクチン、40~57歳男性に無料接種 なぜ必要Dr.今村の「感染症ココがポイント!」”. 日経goodday30+. (2019年6月21日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO43282730T00C19A4000000/ 2021年1月10日閲覧。 
  146. ^ 伝染性単核症とは”. 国立感染症研究所感染症情報センター. 2020年12月15日閲覧。
  147. ^ 新型コロナワクチンについてのQ&A”. 厚生労働省. 2021年2月24日閲覧。
  148. ^ 朋子, 菅野. “女性に性的暴行、身体に虫を入れさせる動画を…史上最悪のデジタル性犯罪「n番ルーム事件」、“懲役42年”の意味”. 文春オンライン. 2022年5月25日閲覧。
  149. ^ 「13歳」のYES、それは本物?”. NHK (2020年6月29日). 2020年8月24日閲覧。
  150. ^ 性交同意年齢13→16歳に変更求め。性犯罪の刑法改正案、人権団体が叩き台を公表。”. HUFFPOST (2020年6月11日). 2020年8月24日閲覧。
  151. ^ 平成26年度アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査”. 内閣府. 2021年2月11日閲覧。
  152. ^ 「死ぬから画像を消してください」旭川14歳女子死亡“ウッペツ川飛び込み”イジメ事件の全貌《警察が出動》旭川14歳少女イジメ凍死事件 #3”. 文春オンライン (2021年4月15日). 2021年5月30日閲覧。
  153. ^ 娘に性的虐待繰り返した「鬼畜父」の呆れた言い分”. FRYDAYdegital (2020年9月10日). 2020年10月14日閲覧。
  154. ^ 性暴力の実相 本紙連載に反響 先生の裏切り傷深く。”. 西日本新聞 (2016年7月25日). 2020年8月29日閲覧。
  155. ^ 性暴力の実相・第2部 性犯罪「顔見知り」が3割”. 西日本新聞 (2015年11月16日). 2020年8月29日閲覧。
  156. ^ 特定非営利活動法人 性暴力救援センター・東京理事長 平川和子 (2018年4月15日). “性暴力被害の実態に即した対応と今後の課題”. 現代性教育研究ジャーナル 日本性教育協会. 2020年11月1日閲覧。
  157. ^ 施設のトイレで窒息死した乳児 事件は防げなかったのか 知的障害の女性が出産、元職員「性のはけ口に」”. 47NEWS (2021年10月12日). 2021年10月16日閲覧。
  158. ^ 高崎順子 (2019年7月2日). “なぜ日本の性教育は"セックス中心"なのか”. president online. 2020年8月29日閲覧。
  159. ^ 性暴力の前に巧みにつけ込む 忍び寄る「グルーミング」”. 朝日新聞. 2021年10月13日閲覧。
  160. ^ 子どもが懐柔される「グルーミング」を知っていますか」”. yahoo news. 2021年10月13日閲覧。
  161. ^ ◆埼玉・東京の幼女連続誘拐殺人 記者座談会『朝日新聞』1989年9月2日
  162. ^ 9歳女児は無人の家庭科室で…繰り返される学校での性犯罪 教職員の「無犯罪証明書」と必要な更生の機会”. FNNプライムオンライン (2021年1月10日). 2021年1月10日閲覧。
  163. ^ パートナーや恋人からの暴力に悩んでいませんか。一人で悩まずお近くの相談窓口に相談を。”. 政府広報オンライン (2020年6月2日). 2020年8月28日閲覧。
  164. ^ 男女間における暴力に関する調査”. 内閣府 (平成30-03). 2021年2月22日閲覧。
  165. ^ “避妊と妊娠中絶で取り残される日本。海の向こうから送られる経口妊娠中絶薬〈前編〉”. (2021年2月13日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_60220124c5b689330e322bbb 2021年2月22日閲覧。 
  166. ^ 14歳の帰り道、車でさらわれた。あれが「魂の殺人」だと、今の私は思わない BuzzFeedJapan2019年6月11日
  167. ^ 強制性交等罪「暴行・脅迫」要件見直し議論へ 法務省が性犯罪実態調査 有識者検討会を設置”. 毎日新聞 (2020年3月31日). 2020年12月29日閲覧。
  168. ^ 小川たまか (2019年12月13日). “無力感を覚えて抵抗しないのは「普通」のこと 名古屋・性犯罪無罪判決、控訴審で精神科医が証言”. yahoo news. 2021年2月8日閲覧。
  169. ^ Jameson, Celia (2010). “The Short Step From Love to Hypnosis: A Reconsideration of the Stockholm Syndrome”. Journal for Cultural Research (Elsevior) 14.4: 337-355. 
  170. ^ 舞田敏彦 (2020年2月26日). “法廷で裁かれる性犯罪はごくわずか......法治国家とは思えない日本の実態”. News week. https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/post-92497_2.php 2020年12月29日閲覧。 
  171. ^ “男女共同参画白書 令和3年版 第2節 ストーカー行為,性犯罪,子供に対する性的暴力等”. 内閣府. https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r03/zentai/html/honpen/b1_s07_02.html 2020年12月29日閲覧。 
  172. ^ “男女共同参画白書 平成26年版 > 第2節 性犯罪の実態”. 内閣府. https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h26/zentai/html/honpen/b1_s03_02.html 2021年10月2日閲覧。 
  173. ^ 小川たまか (2019年6月3日). “被害者に「なぜ逃げなかったのか」と聞いてはいけない理由”. yahoo news. https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/20190603-00128614/ 2021年2月8日閲覧。 
  174. ^ “令和元年版 情報通信白書 第1部 第4節ウ なぜ避難が遅れ犠牲者が出たのか~「伝える」から「伝わる」、そして行動へ~”. 総務省. https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/pdf/n2400000.pdf 2021年2月8日閲覧。 
  175. ^ 田中嘉寿子「性犯罪の被害者の供述の信用性に関するあるべき経験則について ―防災心理学の知見の応用:正常性バイアスと凍り付き症候群―」『甲南法務研究』第11号、甲南大学法科大学院、2015年3月、 57-70頁、 doi:10.14990/00002313ISSN 1880-0459NAID 120006246635
  176. ^ 神経生理学で読み解く 性暴力被害の“凍りつき”<解説>”. NHK (2022年3月4日). 2022年11月24日閲覧。
  177. ^ 花丘 ちぐさ「なぜ私は凍りついたのか」、春秋社。
  178. ^ 「男性が性被害に遭うはずはない」「女性からの被害ならいいじゃないか」信じてもらえず、茶化され…声を上げられない男性の性暴力被害者たち
  179. ^ 山口修喜 (2017年10月20日). “表面化する男性の性被害”. 2020年8月24日閲覧。
  180. ^ 男性のレイプ被害 HIVに感染も「被害を認識できなかった」【vol.129】”. NHK (2021年6月11日). 2021年6月20日閲覧。
  181. ^ 小川たまか (2017年11月16日). “「真面目に通学していただけで、なぜあんな目に」 日本人女性がパリで「痴漢」本を出版”. https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/20171116-00078187/ 2021年2月8日閲覧。 
  182. ^ “データが浮き彫りに!知られざる痴漢被害の実態”. NHK. (2020年1月23日). https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4376/ 2021年5月30日閲覧。 
  183. ^ “痴漢の典型的加害者の「意外な人物像」とは”. diamond online. (2017年9月29日). https://diamond.jp/articles/-/143957?page=2 2021年6月20日閲覧。 
  184. ^ “スマホを使った最新手口も登場、「痴漢被害者」たちの終わらない“苦しみ””. 週刊女性PRIME. (2020年4月24日). https://news.yahoo.co.jp/articles/e7fb43c90d426962c22128ed68edbbc8b5a21cb8 2021年5月30日閲覧。 
  185. ^ 児童虐待死が最も多いのは「0歳0ヶ月0日」。産まれてすぐ殺される新生児と、追い詰められる母親”. the big issue (2016年10月26日). 2020年8月2日閲覧。
  186. ^ 竹内正人. “虐待死5割以上が0歳児、望まぬ妊娠で中絶を選べない母親の選択肢”. All about. 2020年8月2日閲覧。
  187. ^ 子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第15次報告)の概要”. 厚生労働省 (2019年8月1日). 2020年8月2日閲覧。
  188. ^ 一時保護所における支援のあり方に関する研究”. 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会. 2020年7月10日閲覧。
  189. ^ SNS利用による性被害等から子供を守るには”. 政府広報オンライン (2019年5月15日). 2020年8月28日閲覧。
  190. ^ 「パパ活」応募の少女に睡眠薬飲ませ乱暴、無職の男を逮捕 警視庁”. 産経新聞 (2020年1月22日). 2020年12月10日閲覧。
  191. ^ 前田恒彦 (2021年1月2日). “埼玉や群馬なら無罪放免に…千葉の塾で教え子を盗撮した塾講師が逮捕された訳”. yahoo news. https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20210102-00214842/ 2021年1月3日閲覧。 
  192. ^ “中高生の妊娠相談過去最多 新型コロナによる休校影響か 熊本・慈恵病院”. (2020年5月11日). https://mainichi.jp/articles/20200511/k00/00m/040/232000c 2020年5月17日閲覧。 
  193. ^ コロナ禍で家庭内の性暴力が増加…少女を性的虐待から守るには?”. 日刊spa! (2020年6月16日). 2020年6月26日閲覧。
  194. ^ 竹下郁子 (2020年3月20日). “在宅勤務と外出自粛によるDVや虐待の被害増。電話も避難もできない絶望”. https://www.businessinsider.jp/post-210311 2020年12月15日閲覧。 
  195. ^ “「望まない妊娠」、性被害の相談急増…外出自粛・収入減が影響?”. (2020年9月29日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20200928-OYT1T50117/ 2020年12月15日閲覧。 
  196. ^ 山田佳奈、林幹益 (2020年7月10日). “全都道府県にワンストップセンター整備”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN7B62S1N7BUTIL032.html?iref=pc_extlink 2020年7月13日閲覧。 
  197. ^ コロナ生活苦、援交し妊娠した高校生も 助産師語る悲惨な現状”. 女性自身 (2020年7月6日). 2020年8月28日閲覧。
  198. ^ 18歳以下の妊娠「迷わず相談して」…匿名で無料の初診も”. 読売新聞 (2020年12月26日). 2020年12月29日閲覧。
  199. ^ 性暴力被害の相談は「#8891」 全国共通の短縮ダイヤル開設 - ウェイバックマシン(2020年11月13日アーカイブ分)
  200. ^ 『『論座』2007年3月号』朝日新聞社出版局、2007年2月5日。ASIN B000MV8WO8 
  201. ^ 町山智浩 (2007年2月6日). “北米セックス禁止令、避妊も禁止の性教育!Add Star”. 映画評論家町山智浩アメリカ日記. 2019年2月19日閲覧。
  202. ^ [未公開映画祭]女子高生が性教育の重要性を訴える『シェルビーの性教育』MOVIE Collection.(2010年12月30日)2021年4月23日閲覧
  203. ^ 8割が「処女懐胎本当」米国民の信仰浮き彫り - ウェイバックマシン(2005年1月17日アーカイブ分)
  204. ^ アーカイブされたコピー”. 2006年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年8月11日閲覧。
  205. ^ Abstinence Only vs. Comprehensive Sex Education: What are the arguments? What is the evidence? (PDF) - AIDS Research Institute University of California, San Francisco, Policy Monograph Series - March 2002.
  206. ^ 広瀬裕子 『こんなに違う! 世界の性教育』橋本紀子(監修)、メディアファクトリー〈メディアファクトリー新書〉、2011年4月30日、78頁。 
  207. ^ a b 広瀬裕子 『こんなに違う! 世界の性教育』橋本紀子(監修)、メディアファクトリー〈メディアファクトリー新書〉、2011年4月30日、82-84頁。 
  208. ^ Sex Has Many Accents - TIME”. web.archive.org (2007年10月12日). 2022年6月8日閲覧。
  209. ^ 10代の妊娠を防ぐための「赤ちゃんロボット」が妊娠を促すという逆効果をもたらす” (日本語). GIGAZINE (2016年8月29日). 2022年6月8日閲覧。
  210. ^ a b 知っていて損はない海外「ポルノ規制」事情” (日本語). メンズサイゾー. 2022年5月25日閲覧。
  211. ^ 赤ちゃんの父13歳・母15歳 性教育の「逆効果」なのか” (日本語). J-CAST テレビウォッチ (2009年2月16日). 2022年5月25日閲覧。
  212. ^ 英国の10代妊娠を予防する教育プログラム、逆に妊娠増招く皮肉な結果に。” (日本語). ライブドアニュース. 2022年5月25日閲覧。
  213. ^ 波多野公美 (2017年8月22日). “「AVが教科書」のせいで女性は悩んでいる。"エロメン"一徹さんに聞く、男女のセックスがすれ違う理由”. ハフポスト. 2019年2月19日閲覧。



性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/19 06:27 UTC 版)

ジェシカ・ドレイク」の記事における「性教育」の解説

性教育に関して積極的で成人向け性教育ビデオJessica Drake’s Guide to Wicked Sexをリリースしている。 その第一作である Jessica Drake’s Guide to Wicked Sex: FellatioAVN メディア英語版)の最優秀性教育ビデオ賞を受賞したこのほかにも世界中で性教育セミナーワークショップ開いており、2014年2月にはシカゴ大学セックス週間の一環として開かれたセミナー Jessica Drake: From Porn to Sex Edで、ポルノ女優 ターシャ・レインとともにパネリストとして参加した

※この「性教育」の解説は、「ジェシカ・ドレイク」の解説の一部です。
「性教育」を含む「ジェシカ・ドレイク」の記事については、「ジェシカ・ドレイク」の概要を参照ください。


性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/28 15:56 UTC 版)

教科書問題」の記事における「性教育」の解説

性教育について、「具体的な内容どこまで教えるべきか」「どんな教材使用すべきか」などについての問題が、「過激だ」という批判や「必要な内容」などの反論として、しばしば論じられることがある詳細は「性教育」を参照 特殊教育環境においては特に配慮求められ学校独自の教育に対して批判的な言動をした議員マスコミ責任問われた例もある(七生養護学校事件)。

※この「性教育」の解説は、「教科書問題」の解説の一部です。
「性教育」を含む「教科書問題」の記事については、「教科書問題」の概要を参照ください。


性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 07:53 UTC 版)

セックスを例える野球の比喩」の記事における「性教育」の解説

教育者たちはこの野球例え中学校における性教育においてとても効果的だわかった世界的な心理学者リーマンベルは、すべての親たちが子供たち思春期について話しやすくなるために書いた彼らの著書、「チキンのための子供と性について腹を割って話すための本」の中でファーストベース(首より上の意)、セカンドベース(首から上半身の意)、サードベース下半身の意)、ホームプレート合体の意)のトピックス紹介している。

※この「性教育」の解説は、「セックスを例える野球の比喩」の解説の一部です。
「性教育」を含む「セックスを例える野球の比喩」の記事については、「セックスを例える野球の比喩」の概要を参照ください。


性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 03:07 UTC 版)

人間の性」の記事における「性教育」の解説

性教育は、教育分野での性に関する話題主題導入である。欧米諸国のほぼ大半で、性教育が実施されてはいるが、国によってその性格極端に異なっている。オーストラリア欧州大部分の国では、いわゆる年齢相応」の性教育は、就学前開始されることもある。これに対し米国を代表とする他の国では、性教育は10代になってから実施され時には10代後期になって初めて実施される。性教育は、「赤ちゃんはどこから来るの?」から始まって避妊禁欲ディベートを通じて自省性病兆候、そして性的関係社会的及び心理学的な含意暗黙の意味に至るまで範囲主題を扱う。

※この「性教育」の解説は、「人間の性」の解説の一部です。
「性教育」を含む「人間の性」の記事については、「人間の性」の概要を参照ください。


性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:43 UTC 版)

種部恭子」の記事における「性教育」の解説

1991年から性教育の出前授業を行う。1992年富山県Uターンしてから黒部市富山市学校地域からの要請を受けて講義をしてきた。性教育は危機管理との立場に立つ富山市10代中絶率は低位から2016年全国3位低く同市教委出前授業影響考えている

※この「性教育」の解説は、「種部恭子」の解説の一部です。
「性教育」を含む「種部恭子」の記事については、「種部恭子」の概要を参照ください。


性教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 07:34 UTC 版)

日本における同性愛」の記事における「性教育」の解説

詳細は「日本におけるLGBTの権利#LGBT教育を参照 この時代文部省は、同性愛を性非行倒錯型性非行として問題視しており、教育者向けの指導書新聞人生相談専門家回答にも、同性愛を異常と決めつけ問題視するものが多かった京都精華大学助教授当時の上千鶴子のようにあからさまに同性愛者差別するものもいた。 そのような中にあっても、1983年出版された赤塚不二夫ニャロメおもしろ性教育」(西武タイム)では同性愛肯定的に取り上げられた。同書には漫画男性/女性同士カップル登場したり、同性愛の歴史やそれが古代ギリシャなどでは自然な行為だったこと、差別現状SEXやり方米国同性愛者解放運動などが紹介された。そして彼らの行動無理に邪魔したり、からかったりしてはいけない説いた。また山本直英らは同性愛肯定的に扱う性教育を先駆的行った

※この「性教育」の解説は、「日本における同性愛」の解説の一部です。
「性教育」を含む「日本における同性愛」の記事については、「日本における同性愛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「性教育」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「性教育」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



性教育と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性教育」の関連用語

性教育のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性教育のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェシカ・ドレイク (改訂履歴)、教科書問題 (改訂履歴)、セックスを例える野球の比喩 (改訂履歴)、人間の性 (改訂履歴)、種部恭子 (改訂履歴)、日本における同性愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS