性分化疾患とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 疾患 > 性分化疾患の意味・解説 

性分化疾患

読み方:せいぶんかしっかん
英語:Disorders of sex developmentDSDs

先天的に、外性器卵巣精巣などの性腺、あるいは染色体が、男性・女性区別つきづら曖昧な状態であること。下垂体甲状腺副腎性腺などの内分泌器官における疾患総称するもので、単一疾患を指すものではない。「性分化疾患」の名称は、日本小児内分泌学会が統一的呼称として定めたもの。それまでは「両性具有」などと呼ばれてきた。

性分化疾患の具体的な原因には、「クラインフェルター症候群」、「ターナー症候群」、「ヌーナン症候群」、「先天性副腎皮質過形成」など、数十に及ぶ内分泌疾患影響し得る患者の持つ身体的特徴もさまざまで、卵巣精巣併せ持つ半陰陽」、卵巣精巣未分化のままでいる「性腺形成不全」、男性尿道下裂陰茎端に小さいか全く欠損している状態、女性で膣が欠損している状態、などの症状見られる。性分化疾患を伴って生まれ確率は、およそ0.1%と言われている。

性分化疾患を伴って生まれ場合性別正しく判定することは難しく思春期迎える頃になって自己の性認識社会的環境との乖離に悩む患者は多いとされる担当科は小児外科小児泌尿器科)となるが、国内では主治医として思春期にいたるまで長期にわたるケアが可能な医療体制も不足しているという。

関連サイト
性分化疾患ホームページ
性分化疾患 疾患概要 研究奨励分野 平成22年度 - 難病情報センター

性分化疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/02 16:25 UTC 版)

性分化疾患(せいぶんかしっかん、: disorders of sex development, DSDs)は「染色体生殖腺、もしくは解剖学的にの発達が先天的に非定型的である状態」を指す医学用語である[1]。英語ではDSDと略されることが多い。


  1. ^ a b c Lee, P. A., C. P. Houk, S. F. Ahmed, and I. A. Hughes. 2006. Consensus statement on management of intersex disorders. Pediatrics 118 (2):e488-500. http://pediatrics.aappublications.org/cgi/reprint/118/2/e488
  2. ^ オランダ社会文化計画局
  3. ^ a b Clinical evaluation study of the German network of disorders of sex development (DSD)/intersexuality: study design, description of the study population, and data quality” (英語). BMC Public Health (2009年4月21日). 2010年6月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e From "Intersex" to "DSD": Toward a Queer Disability Politics of Gender” (英語). Intersex Initiative (2006年2月). 2009年11月23日閲覧。
  5. ^ オランダ社会文化計画局
  6. ^ About the Consortium on the Management of Disorders of Sex Development” (英語). DSD Guidelines. 2009年11月23日閲覧。
  7. ^ a b c Why is ISNA using "DSD"?” (英語). ISNA (2006年5月24日). 2009年11月23日閲覧。
  8. ^ Consensus statement on rnanagement of intersex disorders”. 日本小児内分泌学会性分化委員会 (2008年3月1日). 2010年6月25日閲覧。
  9. ^ 性分化異常症の管理に関する合意見解 (PDF) (日本小児内分泌学会性分化委員会、2008年(平成20年)3月1日付)
  10. ^ Vilain E, Achermann JC, Eugster EA, Harley VR, Morel Y, Wilson JD, and Hiort O. 2007. We used to call them hermaphrodites. Genetics in Medicine 9 (2):65-66.
  11. ^ 日本小児内分泌学会:「性分化疾患」に統一”. 毎日新聞 (2009年10月3日). 2009年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月12日閲覧。
  12. ^ Davidson, Robert (4 2009). “DSD Debates: Social Movement Organizations' Framing Disputes Surrounding the Term 'Disorders of Sex Development'” (PDF). Liminalis: 60-80. http://www.liminalis.de/2009_03/Artikel_Essay/Liminalis-2009-Davidson.pdf. 
  13. ^ Dear ISNA Friends and Supporters” (英語). ISNA (2008年6月28日). 2009年11月23日閲覧。
  14. ^ Diamond, Milton; Hazel G Beh (2008). “Changes in the management of children with intersex conditions.”. Nature Reviews Endocrinology (4): 4-5. PMID 17984980. 
  15. ^ インターセックス・イニシアティヴへようこそ”. 日本インターセックス・イニシアティヴ. 2009年11月23日閲覧。
  16. ^ 「インターセックス」から「性分化・発達障害」へ” (日本語). macska dot org (2008年6月28日). 2011年5月24日閲覧。
  17. ^ 「インターセックス」から「性分化・発達障害」へ” (日本語). macska dot org (2008年6月28日). 2011年5月24日閲覧。
  18. ^ a b Frequently Asked Questions about the "DSD" Controversy” (英語). Intersex Initiative (2008年6月29日). 2009年11月23日閲覧。


「性分化疾患」の続きの解説一覧



性分化疾患と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性分化疾患」の関連用語

性分化疾患のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



性分化疾患のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性分化疾患 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS