性染色体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 染色体 > 性染色体の意味・解説 

せい せんしょくたい [0] 【性染色体】

生物の性の決定に関係する染色体基本的には X および Y 染色体などがある。 → 常染色体

性染色体

性染色体は、真核生物核膜におおわれた細胞からなる生物)の性を決定する染色体で、ヒトではX及びY染色体からなり同型配偶子XXが雌、異型配偶子XYが雄を決定する。

性染色体

同義/類義語:性決定染色体
英訳・(英)同義/類義語:sex-chromosome, Sex chromosomes

有性生殖をする生物の性の決定特定染色体有無決められているとき、その染色体組みをいう。性決定の型によって、X、Y,ZなどとよばれるヒトにはX染色体Y染色体とがあり、XXが女、XY男になる

性染色体

染色体とは、遺伝子DNA)のかたまりで、人間のからだの細胞1つひとつに入っているものです。
人の染色体は、23対=46本から成っていますが、そのうち44本を「常染色体」といい、あとの2本を「性染色体」といいます。
性染色体は、人間の性決定するもので、父親母親からそれぞれ1本ずつ受け継ぎます。性染色体には、XとYの2種類があり、男性X染色体Y染色体を1本ずつ持ち女性X染色体を2本持ちます。


性染色体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/20 05:12 UTC 版)

性染色体(せいせんしょくたい)とは、雌雄異体の生物で雌雄によって形態や数が異なる染色体もしくは形態的な差異が見られないが性決定に関与する染色体。性染色体以外ので共通な染色体は常染色体と呼ぶ。性染色体と常染色体との区別は、動物だけではなく、一部の植物にもある[* 1]


  1. ^ a b c d 小野知夫「高等植物の性決定と分化」(『最近の生物学』第4巻)
  2. ^ Z染色体・W染色体の名称は正式にはX染色体・Y染色体であるが、雄ヘテロ型・雌ヘテロ型の区別を容易にするため通常はそれぞれZ・Wと表記する(『岩波生物学辞典』)。
  3. ^ 東京農工大学農学部蚕学研究室『昆虫の性染色体』
  4. ^ 参考資料の『岩波生物学辞典』、東京農工大学農学部蚕学研究室『昆虫の性染色体』、小野知夫「高等植物の性決定と性分化」31ページ、松永幸大「高等植物の性決定機構」、西田千鶴子「鳥類の性染色体進化」より作成
  5. ^ a b c 西田千鶴子「鳥類の性染色体進化」『生物の科学 遺伝』2009年1月号
  6. ^ 松原和純「ヘビにおける性染色体の分化過程」『生物の科学 遺伝』2009年1月号
  7. ^ a b c d 松永幸大「高等植物の性決定機構」『蛋白質核酸酵素』第45巻
  8. ^ PLoS Biology (2005). “Evolution of Sex Chromosomes: The Case of the White Campion”では約1千万年前と記述
  9. ^ 『X染色体:男と女を決めるもの』83-92ページ。
  10. ^ a b 黒岩麻里「Y染色体を失った哺乳類,トゲネズミ」『生物の科学 遺伝』2009年1月号
  11. ^ 八杉竜一ら編「性決定」『岩波生物学辞典(第4版)』- ダチョウを例に挙げてあるが、近年の報告(西田千鶴子「鳥類の性染色体進化」)によれば判別は可能である。
  12. ^ 『X染色体:男と女を決めるもの』80-83ページ。
  13. ^ 『X染色体:男と女を決めるもの』79ページ。
  14. ^ 『X染色体:男と女を決めるもの』12-15ページ。原著論文は Henking, H(1891). L. Zeit. Wiss. Zool. 51.
  15. ^ 『X染色体:男と女を決めるもの』21-28ページ。原著論文は McLung CE(1902) Biological Bulletin 3: 43; McLung CE(1901) Anatomischer Anzeinger 20: 220; Steven NM(1905). Journal of Experimental Zoology 2: 371; Wilson EB(1905). Science 22: 500.
  16. ^ 『X染色体:男と女を決めるもの』182-185ページ。
  17. ^ 『X染色体:男と女を決めるもの』185ページ。原著論文はOhno S, Hauschka TS (1960年). “Allocycly of the X-chromosome in tumors and normal tissues.”. Cancer Res 20: 541-545. PMID 14428472. http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/content/abstract/20/4/541. 
  1. ^ a b Just W, Rau W, Vogel W, Akhverdian M, Fredga K, Graves JA, Lyapunova E (1995年). “Absence of Sry in species of the vole Ellobius”. Nat Genet 11: 117-118. doi:doi:10.1038/ng1095-117. PMID 7550333. 
  2. ^ a b c d e f g Vallender EJ, Lahn BT (2006年). “Multiple independent origins of sex chromosomes in amniotes”. Proc Natl Acad Sci USA 103: 18031-18032. doi:10.1073/pnas.0608879103. http://www.pnas.org/content/103/48/18031.full 2009年3月30日閲覧。. 
  3. ^ PLoS Biology (2005年). “Evolution of Sex Chromosomes: The Case of the White Campion”. PLoS Biol 3: e28. doi:10.1371/journal.pbio.0030028. http://biology.plosjournals.org/perlserv/?request=get-document&doi=10.1371%2Fjournal.pbio.0030028&ct=1 2009年3月30日閲覧。. 
  4. ^ a b c Veyrunes F, Waters PD, Miethke P, Rens W, McMillan D, Alsop AE, Grützner F, Deakin JE, Whittington CM, Schatzkamer K, Kremitzki CL, Graves T, Ferguson-Smith MA, Warren W, Marshall Graves JA (2008年). “Bird-like sex chromosomes of platypus imply recent origin of mammal sex chromosomes”. Genome Res 18: 965-973. doi:10.1101/gr.7101908. PMID 18463302. http://genome.cshlp.org/content/18/6/965.full 2009年4月28日閲覧。. 
  5. ^ a b c Matsubara K, Tarui H, Toriba M, Yamada K, Nishida-Umehara C, Agata K, Matsuda Y (2006年). “Evidence for different origin of sex chromosomes in snakes, birds, and mammals and step-wise differentiation of snake sex chromosomes”. Proc Natl Acad Sci USA 103: 18190-5. doi:10.1073/pnas.0605274103. PMID 17110446. http://www.pnas.org/content/103/48/18190.full 2009年4月22日閲覧。. 
  6. ^ Matsuda Y, Nishida-Umehara C, Tarui H, Kuroiwa A, Yamada K, Isobe T, Ando J, Fujiwara A, Hirao Y, Nishimura O, Ishijima J, Hayashi A, Saito T, Murakami T, Murakami Y, Kuratani S, Agata K (2005年). “Highly conserved linkage homology between birds and turtles: bird and turtle chromosomes are precise counterparts of each other”. Chromosome Res 13: 601-15. doi:10.1007/s10577-005-0986-5. PMID 16170625. http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/30315 2009年4月22日閲覧。. 
  7. ^ Ohno S (1967). Sex Chromosomes and sex-linked genes. Berlin:Springer-Verlag.
  8. ^ Jegalian K, Page DC (1998年). “A proposed path by which genes common to mammalian X and Y chromosomes evolve to become X inactivated”. Nature 394: 776-80. PMID 9723615. 
  9. ^ Matsunaga S (2009年). “Junk DNA promotes sex chromosome evolution” (pdf). Heredity Heredity advance online publication, 1 April 2009: 1-2. doi:10.1038/hdy.2009.36. PMID 19337304. http://www.nature.com/hdy/journal/vaop/ncurrent/pdf/hdy200936a.pdf 2009年4月22日閲覧。. 
  10. ^ Allen CE (1917年). “A chromosome difference correlated with sex differences in Spaerocarpos”. Science 46: 466-467. doi:10.1126/science.46.1193.466. PMID 17819473. 
  11. ^ Barr ML, Bertram EG (1949年). “A morphological distinction between neurones of the male and female, and the behaviour of the nucleolar satellite during accelerated nucleoprotein synthesis”. Nature 163 (4148): 676–677. doi:10.1038/163676a0. PMID 18120749. 
  12. ^ Ohno S, Kaplan WD, Kinosita R (1959年). “Formation of the sex chromatin by a single X-chromosome in liver cells of rattus norvegicus.”. Exp Cell Res 18: 415-419. PMID 14428474. 


「性染色体」の続きの解説一覧

性染色体

出典:『Wiktionary』 (2011/09/10 14:06 UTC 版)

名詞

染色体せいせんしょくたい

  1. 雌雄間で数や形質異な染色体
  2. 性決定左右する染色体

関連語

翻訳




性染色体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性染色体」の関連用語

性染色体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



性染色体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2019 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性染色体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの性染色体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS