カワハギとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > ハギ > カワハギの意味・解説 

かわ‐はぎ〔かは‐〕【皮剝】

読み方:かわはぎ

フグ目カワハギ科海水魚全長25センチ。体は菱形著しく側扁する。背びれと腹びれにとげをもち、口は小さく歯がある。体色は黄灰色暗褐色斑紋散在本州中部以南産し美味。皮をむいてから調理する。同科にはアミメハギ・ウマヅラハギなども含まれるかわむき。はげ。《 夏》

動物の皮をはいで皮革作ることまた、それを業とする人。

皮剥の画像
皮剥の画像
皮を剥いだカワハギ
皮剥の画像
カワハギの刺身

剥皮

読み方:カワハギ(kawahagi)

カワハギ科海水魚


カワハギ

学名Stephanolepis cirrhifer 英名:File fish
地方名カイカワムキ 
脊椎動物門硬骨魚綱フグ目カワハギ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
調理際にかたい皮をはぐので、この名がついた。体は左右に平たくひし形をしている。皮膚は、じゅう毛状のうろこにおおわれザラザラしている。口は小さくて突出する。歯は釣り糸を切るくらい強力である100m以浅の砂泥底に生息する。5〜8月産卵する幼魚流れ藻につき動物性プランクトンなどを食べる。成魚雑食性小魚ゴカイ類海藻などを食べる。肉は白身熱を加える身離れよくなる。旬は夏で、肝がうまい。

分布:北海道以南東シナ海 大きさ:25cm
漁法:釣り 食べ方:刺身みりん干し

ニザダイ

学名Prionurus scalprum 英名:Saw-tail
地方名オキハゲ、カワハギ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ニザダイ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
体は楕円形平たい。口は小さく口先突出する。尾柄に4〜5個の骨板がある。うろこは非常に小さく繊毛状。体は成魚では銀白色幼魚では体は黒褐色で、尾びれ白色である。貝類ゴカイ類海藻(特に灰)を好んで食べ群れをなして泳ぐ。磯臭いので、早く内臓除去し血抜きをする。刺身洗いにする。冬場は臭いがなくおいしい。

分布:宮城県以南台湾 大きさ:50cm
漁法:磯釣り 食べ方:刺身洗い

刺皮

読み方:カワハギ(kawahagi)

カワハギ科海水魚

学名 Stephanolepis cirrhifer


剥皮

読み方:カワハギ(kawahagi)

カワハギ科海水魚

学名 Stephanolepis cirrhifer


皮剥

読み方:カワハギ(kawahagi)

カワハギ科海水魚

学名 Stephanolepis cirrhifer


皮剥

読み方:カワハギ(kawahagi)

カワハギ科属す磯魚外皮厚く食べるとき皮をはいで食べるためこの名がある

季節

分類 動物


カワハギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 05:29 UTC 版)

カワハギ(皮剥、鮍、英名Thread-sail filefish学名Stephanolepis cirrhifer)は、フグ目カワハギ科に分類される魚。丈夫な皮に覆われた海水魚で、美味な食用魚でもある。


  1. ^ a b Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2006). "Stephanolepis cirrhifer" in FishBase. April 2006 version.
  2. ^ Masuda, Reiji and Yamashita, Yoh and Matsuyama, Michiya (2008). “Jack mackerel Trachurus japonicus juveniles use jellyfish for predator avoidance and as a prey collector”. Fisheries Science (Wiley Online Library) 74 (2): 276-284. http://jypichthyology.info/attachments/File/Masuda_et_al_2008.pdf. 
  3. ^ Miyajima, Yuko and Masuda, Reiji and Yamashita, Yoh (2011). “Feeding preference of threadsail filefish Stephanolepis cirrhifer on moon jellyfish and lobworm in the laboratory”. Plankton and Benthos Research (日本プランクトン学会、日本ベントス学会) 6 (1): 12-17. doi:10.3800/pbr.6.12. https://doi.org/10.3800/pbr.6.12. 
  4. ^ 間違えて有毒魚?を販売 三重のスーパー、2人が購入」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2018年12月13日。2019年10月23日閲覧。オリジナルの2019年10月23日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ (ひらけ!進路・新路・針路)一定の水温活用し陸上養殖 地下海水で魚すくすく■年中大きな肝のカワハギ『朝日新聞』朝刊2018年8月29日(教育面)2018年9月3日閲覧。


「カワハギ」の続きの解説一覧

カワハギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 23:39 UTC 版)

ベロベロベースボール」の記事における「カワハギ」の解説

ヤハギ矢作公一)、カワナ川名慎一)の合体によって誕生した合体と言っても肩車をさせているだけ)。

※この「カワハギ」の解説は、「ベロベロベースボール」の解説の一部です。
「カワハギ」を含む「ベロベロベースボール」の記事については、「ベロベロベースボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カワハギ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カワハギ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カワハギと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カワハギのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カワハギのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカワハギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベロベロベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS