釣りとは? わかりやすく解説

つり【釣(り)】

読み方:つり

《「吊り」と同語源》

魚を釣ること。また、その方法さかなつり。「—の名人」「(ふな)—」

釣り銭(せん)」の略。「—を渡す」

インターネット上掲示板などで、嘘の情報多くの人を騙すこと。「原油先物儲け話は—だった」


釣り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

釣り

作者Yoshihito

収載図書あいから始まショートストーリーin other words,I love you
出版社新風舎
刊行年月2005.8


釣り

作者九鬼有浩

収載図書鮭の大地
出版社清水弘文堂書房
刊行年月2008.9


釣り


釣り

歴史と沿革


競技方法

釣りは水中にいる釣竿釣り糸釣針、餌などの道具を用いて捕獲することを指しますまた、釣りには大きく分ける海の魚を釣る「海釣り」と川や湖などの淡水にいる魚を釣る内水面の釣り」があります

技を競うために、仲間同士ルール決め、釣りを行う場合ありますルール決められた道具の使用や一定の投げ方で、いかに遠く飛ばすかなどを競う遠投競技(スポーツキャスティング)」、一定の場所や時間の中で釣った魚の数や重量を競う磯釣りアユ釣りヘラブナ釣り競技」、一定の道具決め釣った魚の重量を競うトローリング競技」等があります


ルール


船釣り

釣りをするにはいくつかの法律注意する必要があります。「水産基本法をはじめ、「水産基本計画」「漁業法」「水産資源保護法」「都道府県漁業調整規則」等により釣り場及び釣り方などが規制されています。また、国際船舶及び国際港湾施設保全確保に関する法律(略称改定SOLAS条約)」により、港湾への立ち入り制限されていたり、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(略称:特定外来生物法)」により、指定された外来魚の持ち運び輸入売買保管等が制限されています。

釣りは自然の中で楽しむものなので、常に一定のマナー要求されます。ゴミ出さない自分のゴミ持ち帰る」「違法駐車大声等で近隣に迷惑をかけない」「安全のためライフジャケット着用しテトラポット危険なところでは釣りをしない」など、他人に迷惑をかけずに釣行楽しむことが大切ですまた、釣りに行く際には、その地域のルール把握した上で、釣りを楽しましょう

*より詳し競技説明規定については日本釣振興会ホームページご参照のうえ、各釣り団体お問い合わせください


道具等



釣り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 19:15 UTC 版)

釣り(つり、: fishing)とは、釣り針釣り糸などの道具で「さかな」(主に魚類などの魚介類)を「釣る」ようにして採捕する行為、方法のことである。(魚に限定した場合は)魚釣り(さかなつり、うおつり)とも。


注釈

  1. ^ Amazonで釣魚大全と入力すると]、2020年時点で、平凡社版、角川選書版など4種類ほどの版が入手可能だと表示されており、そこにはAmazonのKindle版も含まれておりkindle利用者なら一瞬で入手できる(Amazonの『釣魚大全』kindle版のページ1653年に出版された本が、今でも版を重ね、普通の人々に読まれている、というのはある意味、驚異的なことである。
  2. ^ 安全な環境に見え、たしかに磯釣りよりは安全なことは多いと言えるが、防波堤釣りは、数日~数週間に一度、不意を突くように、突発的に起きる高波には要注意。全身ずぶぬれになったり、荷物を流されたり、運が悪いと波にさらわれ命を落とす。
  3. ^ 磯や浜など、いかにも人がいそうな場所から離れた場所に足場を組むと、魚も、まさか人がいるはずはない、と油断するらしく、魚がかかりやすくなる、と言われている。
  4. ^ なお渓谷渓流というものは、カヤックを趣味とする人々のフィールドでもある。同じフィールドを仲良く共有することが望まれている。渓流を釣り人だけで独占できないからといって、カヤック乗りに向かって怒鳴ったりするのは、重大なマナー違反、最低の行為である。

出典

  1. ^ a b c d e f ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “釣り”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年8月2日閲覧。
  2. ^ a b c 洋上風力発電等における漁業協調の在り方に関する提言”. 社団法人海洋産業研究会. 2020年6月27日閲覧。
  3. ^ 漁業種類分類(神奈川県)”. 神奈川県. 2020年6月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ). “釣り”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年8月2日閲覧。
  5. ^ 「スポーツフィッシングの意味とその歴史(釣り人からの質問に答えて)」”. Japan Game Fish Assosiation. 2022年8月2日閲覧。
  6. ^ “釣りの人気がV字回復? 魚との駆け引きが超魅力=釣人割烹”. 週刊エコノミスト Online (毎日新聞出版). (2021年5月17日). https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210525/se1/00m/020/057000c 2022年6月25日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g 海釣り用語集”. daiwa. 2013年1月11日閲覧。
  8. ^ 『篠ノ井の歴史と風土』2016年、篠ノ井歴史の会、202頁
  9. ^ 「T字式 図解早わかり つり入門百科 著者土橋鑛造」290から296頁
  10. ^ 「釣り穴場」鹿島港南防波堤 後を絶たぬ侵入者 茨城 産経新聞 5月29日(水)7時55分配信
  11. ^ ストローなど使い捨てプラスチック禁止=EUが規制案”. jiji.com (2018年6月2日). 2018年6月4日閲覧。
  12. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, 百科事典マイペディア,デジタル大辞泉,精選版. “禁漁期とは” (日本語). コトバンク. 2022年6月6日閲覧。
  13. ^ a b Magazine, Smithsonian. “The World’s Greatest Angling Authors Went by Names Like ‘Badger Hackle’ and ‘Old Log’” (英語). Smithsonian Magazine. スミソニアン博物館. 2022年6月5日閲覧。
  14. ^ 一本釣り”. 三省堂『大辞林』第三版. 2020年2月21日閲覧。
  15. ^ a b c 精選版 日本国語大辞典. “陸釣・岡釣”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年8月2日閲覧。
  16. ^ ネット釣り師もツライよ…なんの目的で?内幕は?緻密な計算と徹底した気の使いよう”. Business Journal (2014年5月23日). 2022年8月2日閲覧。



釣り

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:04 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. 「つり」を参照

「釣り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

釣りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



釣りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2022 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釣り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの釣り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS