使用する道具とは? わかりやすく解説

使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 09:51 UTC 版)

ゴーストップ (花札)」の記事における「使用する道具」の解説

韓国販売されている花札日本のものとはデザイン多少異なっているのが普通だが、日本の花使用してゴーストップ」を遊んでもとくに支障はない

※この「使用する道具」の解説は、「ゴーストップ (花札)」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「ゴーストップ (花札)」の記事については、「ゴーストップ (花札)」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 09:27 UTC 版)

おいちょかぶ」の記事における「使用する道具」の解説

株札花札トランプ代用も可能) トランプ花札で行う場合11以上のカードトランプではJ・Q・K、花札では)を省く場合省かない場合があるチップ 碁石点棒マッチ棒それぞれ点数決めて使用する座布団 株札花札競技用いるときは、座布団使用する親と子座布団挟んで向かい合って勝負する

※この「使用する道具」の解説は、「おいちょかぶ」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「おいちょかぶ」の記事については、「おいちょかぶ」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 07:42 UTC 版)

パイ投げ」の記事における「使用する道具」の解説

パイ投げにおいて、使用される物はあまり多くない

※この「使用する道具」の解説は、「パイ投げ」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「パイ投げ」の記事については、「パイ投げ」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 10:08 UTC 版)

ソッタ」の記事における「使用する道具」の解説

花札のうち、およびカス札除いた20。 ほかにチップ用意する

※この「使用する道具」の解説は、「ソッタ」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「ソッタ」の記事については、「ソッタ」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 03:50 UTC 版)

準硬式野球」の記事における「使用する道具」の解説

使用球除き硬式野球と同じ。バット木製金属製ともに使用可能である。

※この「使用する道具」の解説は、「準硬式野球」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「準硬式野球」の記事については、「準硬式野球」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 15:25 UTC 版)

升級」の記事における「使用する道具」の解説

ジョーカー2枚を含む54カード1組色付きジョーカー白黒ジョーカー区別され色付きジョーカーのほうが強い。

※この「使用する道具」の解説は、「升級」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「升級」の記事については、「升級」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 05:29 UTC 版)

ポンジャン」の記事における「使用する道具」の解説

80強の直方体の牌、チップサイコロ2個を使用する。 牌は通常9つ種類別れ同じ種類の牌は基本的に9ずつある(10種×8など、異な組み合わせのものもある)。牌の種類は、背景色マーク点数などで区別される。違うキャラクター描いてあるからといって、必ずしも違う種類ではない。ほかにポンジャンでは「ワイルドカード」、ドンジャラでは「オールマイティ」が加わことがあるチップは、ゲーム半荘開始前各競技者に配るが、最初に配るチップの量は、製品によって異なる

※この「使用する道具」の解説は、「ポンジャン」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「ポンジャン」の記事については、「ポンジャン」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:19 UTC 版)

麻雀のルール」の記事における「使用する道具」の解説

使用する牌は、花牌を除く34136である。 ゲーム開始前に、各プレイヤー均等の点棒配られる各自最初に持つ点数配給原点という。配給原点一般的に25000点か30000点の間であり、全プレイヤー合意によって決定する。これは飛びの起こ可能性のほか、オカ点数関係する

※この「使用する道具」の解説は、「麻雀のルール」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「麻雀のルール」の記事については、「麻雀のルール」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 06:55 UTC 版)

八八」の記事における「使用する道具」の解説

通常の花札と同じ48(ただし7人の時は白札入れた49)を使用する。 ほかに、得点やりとりするための碁石(白=1貫、黒=1文)・貫木改貫札・だるま・菓子札番個板みずてんいずれも「用語」を参照)・現在の場をあらわすための軍配などを使用する。 なお、得点について下記の所ではすべて「10点で1貫」にしているが、地方によっては「役代のみ12点=1貫or6点=1貫」や関西地方に多い「1点=1貫」というケースもある。

※この「使用する道具」の解説は、「八八」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「八八」の記事については、「八八」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 05:54 UTC 版)

3B体操」の記事における「使用する道具」の解説

3B体操では以下の3つの道具が主に使用されるボール日本3B体操連合』と印刷され黄色ボール弾性転がり持ちやすさにより有酸素運動バランス機能改善筋力づくり・ストレッチの効果満たすキャッチボールリフティングといった子どもの遊びにも用いられ運動機能の向上に役立つ。 ベル 緑色の面と赤色の面を持つ、手かせのような形をしたクッション空気入れて使用するもので、クッション性を持ち軽量である。身体機能の向上に用いられるベルター 赤2個、青2個、緑2個、黄2個、黒2個、無色透明1個の輪が繋がってできたゴムの輪。有色の輪はそれぞれ大型の輪と小型の輪がある。 ゴム伸縮性利用して関節可動域拡大筋肉柔軟性の向上目的としている。

※この「使用する道具」の解説は、「3B体操」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「3B体操」の記事については、「3B体操」の概要を参照ください。


使用する道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 17:33 UTC 版)

ベタ (漫画)」の記事における「使用する道具」の解説

筆にインクサインペン筆ペンミリペンなど、黒なら何でも構わないが、ホワイトとの相性考慮し一般的には水性顔料のものを用いる。 忙し商業漫画家などは、メインとなる著者線画のみを描きベタ塗りトーン貼り背景部分などは、作画アシスタント指示を与えて行わせる分業体制を採る例が多い。この場合ベタ部分×マークなどの指定入っていることが多い。

※この「使用する道具」の解説は、「ベタ (漫画)」の解説の一部です。
「使用する道具」を含む「ベタ (漫画)」の記事については、「ベタ (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「使用する道具」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

使用する道具のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



使用する道具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴーストップ (花札) (改訂履歴)、おいちょかぶ (改訂履歴)、パイ投げ (改訂履歴)、ソッタ (改訂履歴)、準硬式野球 (改訂履歴)、升級 (改訂履歴)、ポンジャン (改訂履歴)、麻雀のルール (改訂履歴)、八八 (改訂履歴)、3B体操 (改訂履歴)、ベタ (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS