別れとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 別れ > 別れの意味・解説 

わかれ【別れ】

別れること。互いに離れて別々になること。別離。「友との別れを惜しむ」「別れの日迎える」「別れの杯」

別離あいさついとまごい。「故郷別れを告げる」「別れの言葉

死に別れ死別。「永(なが)の別れ」

世の中にさらぬ—のなくもがな千世もと祈る人の子のため」〈伊勢・八四〉

立ち去るにあたって心付けとして与え金銭

「—に七百くだんせ」〈滑・膝栗毛・五〉

[補説] 書名別項。→別れ

[下接語] 暁の別れ生き別れ扇の別れ更衣(きさらぎ)の別れ・食い別れ喧嘩(けんか)別れ・子別れ逆さ別れ四鳥(しちょう)の別れ・死に別れ・終(つい)の別れ・永の別れ泣き別れ夫婦別れ物別れ行き別れ別れ別れ


わかれ【別れ】


あかれ【別れ/散れ】

まってい人々が、あちこちにわかれ散ること。散会

弘徽殿(こきでん)の御—ならむ、と見給へつる」〈源・花宴

所属するもの。分(ぶん)。

桜萌黄(さくらもえぎ)などは、女院の御—」〈増鏡老のなみ


わかれ【別・分】

〔名〕 (動詞「わかれる(分)」の連用形名詞化

① ある人から離れ立ち去ること。別離

万葉(8C後)一五・三九五「昔より言ひける言(こと)の韓国の辛くも此処に和可礼(ワカレ)するかも」

古今(905‐914)離別三八七・詞書「山さきにてわかれ惜しみける所にてよめる」

死別すること。

古今(905‐914)哀傷・八三六「あねの身まかりにける時によめる せをせけばふちとなりてもよどみけりわかれをとむるしがらみぞなき〈壬生忠岑〉」

③ 人の、別れる挨拶いとまごい。→わかれを告げる

一つもとから分かれ出たもの。分派分家などの類。わかり。

今昔1120頃か)二六「加賀の国に御(おは)する熊田の宮と申す社は、我が別れの御する也」

人情本春色梅児誉美(1832‐33)四「千葉之助さまの御分知(ワカレ)の、千葉半之丞さまといふおやしきへ」

(5) その場から立ち去る時、ある事の決着をつけるために心付けなどとして与え金銭

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)五「わかれに七百くだんせ」

(6) 物事決着がつくこと。終わること。

洒落本魂胆惣勘定(1754)中「いか程わざを尽したり共、勝負のわかれに成て」

(7) (分) 取引市場で、損失利益もなく売買解約することをいう。


あかれ【散・別】

〔名〕 (動詞「あかる(散)」の連用形名詞化

① 別々になること。分岐

土左(935頃)承平五年二月九日わだのとまりのあかれのところといふところあり」

② 集まってい人々が、分かれ散ること。散会一説に、退出することとも。

源氏100114頃)花宴弘徽殿の御あかれならんと見給へつる」

③ 別々になっている、あるグループ。分(ぶん)。流れ

源氏100114頃)若菜下かたがた人だまひ上の御方五つ女御殿の五つ明石の御あかれの三つ

別れること。別れ。

浮世草子西鶴諸国はなし(1685)五「此別(アカ)れをかなしみ

[補注]②の用例は、一説に③の意とする


別れ


別れ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

リスト:別れ(ロシア民謡)

英語表記/番号出版情報
リスト:別れ(ロシア民謡Abschied(Russisches Volkslied) S.251 R.104作曲年: 1885年  出版年: 1885年 

作品解説

執筆者: PTNA編集部

リスト弟子アレクサンダー・シロティのために創られた作品彼はラフマニノフピアノ教えたこともあるラフマニノフのいとこである)。短くシンプルなこの作品中にリスト好んでいたロシア旋律が見事に織り込まれている。


ランゲ:別れ

英語表記/番号出版情報
ランゲ:別れL'Adieu Op.433

別れ

作者アリス・ウォーカー

収載図書いい女おさえつけることはできない
出版社集英社
刊行年月1986.8
シリーズ名集英社文庫


別れ

作者高城修三

収載図書尼僧物語 真っすぐ行きなはれ
出版社どりむ社
刊行年月2001.11


別れ

作者沢田

収載図書京都府文学全集1期(小説編) 第6巻(昭和戦後編 4)
出版社郷土出版社
刊行年月2005.10


別れ

作者吉田かつよ

収載図書純愛短編小説集
出版社万葉の会
刊行年月2006.7


別れ

作者瀧千賀子

収載図書冬の月
出版社瀧千賀子
刊行年月2006.8


別れ

作者久七龍治

収載図書愛しき日々
出版社友愛アート出版(発売)
刊行年月2008.8


別れ

作者黒田次郎

収載図書たそがれ
出版社パレード
刊行年月2008.11
シリーズ名PARADE BOOKS


別れ

作者ハインリヒ・ベル

収載図書ハインリヒ・ベル短篇集
出版社岩波書店
刊行年月1989.5
シリーズ名岩波文庫


別れ

作者佐多稲子

収載図書白と紫佐多稲子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1994.12


別れ

作者北原亜以子

収載図書まんがら茂平次
出版社新潮社
刊行年月1995.9
シリーズ名新潮文庫


別れ

作者井上靖

収載図書井上靖全集 第6巻 短篇 6
出版社新潮社
刊行年月1995.10


別れ

作者大藪春彦

収載図書汚れた野望
出版社双葉社
刊行年月1996.11


別れ

作者下林益夫

収載図書第四創作集―28短篇
出版社美濃国出版
刊行年月1998.5


別れ

作者北方謙三

収載図書
出版社集英社
刊行年月1998.9


別れ

作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集16春来る暗夜
出版社八木書店
刊行年月1999.5


わかれ

(別れ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/16 09:25 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

わかれ別れ

  • 破局
  • わかれ (島倉千代子の楽曲)
  • わかれ (映画)


別れ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:23 UTC 版)

和語の漢字表記

(わかれ)

  1. わかれ参照



別れと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「別れ」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



別れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのわかれ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの別れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS