万葉とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音声 > 連声 > 万葉の意味・解説 

まん‐にょう〔‐エフ〕【万葉】


まん‐よう〔‐エフ〕【万葉】

連声(れんじょう)で「まんにょう」とも》

多く木の葉あらゆる草木

万世よろずよ

成敗一統に帰し、大化—に伝はること」〈太平記・一四〉


まんよう〔マンエフ〕【万葉】

連声(れんじょう)で「まんにょう」とも》「万葉集」の略。


万葉【マンヨウ】(観賞樹)

登録番号 第2265号
登録年月日 1990年 4月 6日
農林水産植物の種 ばら
登録品種の名称及びその読み 万葉
 よみ:マンヨウ
品種登録の有効期限 18 年
育成者権の消滅 1999年 4月 7日
品種登録者の名称 京成バラ園芸株式会社
品種登録者の住所 東京都墨田区押上1丁目12番1号
登録品種の育成をした者の氏名 鈴木省三 平林
登録品種の植物体の特性の概要
 
登録品種の育成経過概要
 



万葉集

(万葉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 01:13 UTC 版)

万葉集」(まんようしゅう、まんにょうしゅう、萬葉集)は、奈良時代末期に成立したとみられる日本に現存する最古の和歌集である[1]。万葉集の和歌はすべて漢字で書かれている(万葉仮名を含む)[注釈 1]


  1. ^ 平仮名」や「片仮名」の成立以前だったため、例えば、助詞などは音が同じ漢字を当てるなどして表記した(万葉仮名)。「源氏物語の和歌 (コレクション日本歌人選) 」風間書院、2011年8月5日
  2. ^ 万葉集の詠み人は天皇貴族から下級官人防人大道芸人などさまざまな身分人々と考えられてきているが、品田悦一(東京大学教授)によれば、今日ではほぼ全ての研究者から否定されているという[4][要検証]
  3. ^ 第16巻には一首の仏足石歌も収録されている(国歌大観3884番歌)。
  4. ^ 旋頭歌の一つ。



「万葉」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



万葉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「万葉」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||


7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||


万葉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



万葉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの万葉集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS