高速化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 高速化の意味・解説 

高速化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

高速化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 07:54 UTC 版)

川島令三」の記事における「高速化」の解説

最速130 km/h運転、路線によっては160 km/h運転を提言また、各駅停車しか走らない路線では快速などの優等列車設定。およびそれを実現するにあたって高速走行・高加減速ができる車両揃えること、曲線部におけるカント量の増加による制限速度の向上、複々線化日勤教育実施保安装置改良移動閉塞あるいはそれと同等の効果得られる川島主張するデジタルATC、駅進入時の速度制限無くすためのTASC導入)等。

※この「高速化」の解説は、「川島令三」の解説の一部です。
「高速化」を含む「川島令三」の記事については、「川島令三」の概要を参照ください。


高速化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 10:03 UTC 版)

船舶工学」の記事における「高速化」の解説

排水量型船体の高速化は造波抵抗粘性圧力抵抗急速な増大化を招き摩擦抵抗比例して増大するが、ウェーブ・ピアーサーのような船型によって大きな抵抗増大避けられ高速生かして1隻で2隻分の働き行なえるなら人件費燃料費船体購入費メンテナンス費などの総合的なコスト勘案すれば必ずしも割高とは限らないといえる。 ただ、東京小笠原航路に就予定で東京都三井造船求めた高速船「スーパーライナーオガサワラ」号の事例では、14,500総トン船体最高速度39knを実現したものの、定員740人で運べる貨物はたった210トンであり、しかも往復700トン以上の燃料消費することから計画白紙戻され完成した船体使い道なくなってしまう事態となったこのように高速船長距離航路運用することはコスト的引き合わない可能性が高い

※この「高速化」の解説は、「船舶工学」の解説の一部です。
「高速化」を含む「船舶工学」の記事については、「船舶工学」の概要を参照ください。


高速化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 06:49 UTC 版)

TEE」の記事における「高速化」の解説

TEE最高速度1957年当時はすべて140km/hであったが、電車電気機関車用いることにより1960年代には160km/h程度で向上した1960年代後半には日本の新幹線影響を受けてヨーロッパで鉄道の高速化関心高まったヨーロッパ初の200km/h運転1965年西ドイツ国鉄試験的に行なったものであるが、恒久的に行なわれたものとしては1967年ル・キャピトールパリ - トゥールーズ)からとなる。この列車1970年TEE昇格した1970年代にはフランス西ドイツ多くの路線TEE最高速度が200km/hに引き上げられた。中でもパリ - ボルドー間のTEEアキテーヌエタンダール表定速度が151.5kmに達しTGV以前ヨーロッパでは最も速い列車であった

※この「高速化」の解説は、「TEE」の解説の一部です。
「高速化」を含む「TEE」の記事については、「TEE」の概要を参照ください。


高速化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 03:48 UTC 版)

達成線」の記事における「高速化」の解説

達成線の高速化は、2005年5月着工された。遂寧成都間は、遂成線として250km/hの運行可能な高速別線建設され従来の線は単線のまま電化された。達州(三匯)・遂寧間は、既存線の改造、または平行別線建設し旧線廃止されることになった

※この「高速化」の解説は、「達成線」の解説の一部です。
「高速化」を含む「達成線」の記事については、「達成線」の概要を参照ください。


高速化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/04 16:16 UTC 版)

スキポール空港駅」の記事における「高速化」の解説

アムステルダム中央駅パリ北駅間を走る高速列車Thalysは、2009年に、スキポールアントウェルペン間にHSL-ZuidHSL 4などの高速新線開業し所要時間短縮された。

※この「高速化」の解説は、「スキポール空港駅」の解説の一部です。
「高速化」を含む「スキポール空港駅」の記事については、「スキポール空港駅」の概要を参照ください。


高速化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 10:16 UTC 版)

竹内関数」の記事における「高速化」の解説

竹内関数を高速化するには、関数呼び出しコスト小さくする、というまっとうな手法と、計算必要になるまでやらない引数のx, y, zの値が実際に必要なのは、関数呼び出し時でなくifの評価時で、しかも常に全部必要としない)か、一度やった計算結果再利用するかして、計算量自体削減する(当然非常に速いベンチマークとしては一種のチートと言えなくもない)手法とがあり、後者には次のような手法がある。 メモ化 一度計算した値を覚えておき、次の呼び出しではその値を使う。 遅延評価 クロージャなどを利用して関数呼び出し計算より前引数計算すること(先行評価)をしない(ただし、クロージャ生成のコストがかかる)。原則として遅延評価る言語であるHaskellでは定義そのままで非常に速い他にもScalaなど遅延評価対応した言語においては簡単に、非常に高速に評価終わコード作成できるマッカーシー版は、メモ化では同様に速い。しかし、マッカーシー版Haskellなどでそのままの定義で遅延評価した場合は、高速にならない遅延評価では計算量減らない)、という違いがある。これは少し動作追いかけて考えてみるとわかるが、本物では z の値をたらいまわしした挙句結局使っていない(捨ててしまっている)ため、遅延評価ではその計算ごっそり行われなくなるからである。マッカーシー版では z を返しているため結局その値が必要になっている、という違いになっている先行評価による tarai(n, 0, n+1) の計算全体において「さもなくば」の側が評価される回数Takeuchi Numberと言う

※この「高速化」の解説は、「竹内関数」の解説の一部です。
「高速化」を含む「竹内関数」の記事については、「竹内関数」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高速化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「高速化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高速化」の関連用語

高速化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高速化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの川島令三 (改訂履歴)、船舶工学 (改訂履歴)、TEE (改訂履歴)、達成線 (改訂履歴)、スキポール空港駅 (改訂履歴)、竹内関数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS