山部赤人とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 山部赤人の意味・解説 

やまべの あかひと 【山部赤人】 ○

奈良前期官人歌人三十六歌仙一人。伝未詳万葉集所収長歌短歌五〇首から、聖武天皇に従駕したこと、諸国を旅したことが知られる。短歌にすぐれ、清澄優美叙景歌が多い。後世柿本人麻呂とともに歌聖として仰がれた。生没年未詳。 〔後世、「山辺赤人」とも書く〕

山部赤人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 10:53 UTC 版)

山部 赤人(やまべ の あかひと、生年不詳 - 天平8年(736年)?)は、奈良時代歌人三十六歌仙の一人。宿禰[注釈 1]大山上・山部足島の子とし、子に磐麻呂がいたとする系図がある[1]官位従六位下上総少目[1]。後世、山邊(辺)赤人と表記されることもある。




注釈

  1. ^ 山部宿禰(もと山部連)は、天神系氏族である久米氏の一族で、職業部(cf. 部民制品部)の一つである山部伴造家とされる。また、『日本書紀』天武13年条に山部から山部宿禰への改姓記事があるが、この時に赤人が宿禰姓を賜与されたかどうかははっきりしない。
  2. ^ この一文では人麻呂より赤人の方を評価しているように読めるが、全文を通じて最も評価されている歌人は人麻呂である。
  3. ^ ただし、この「山柿」については、「山」を山上憶良とする説もある。
  4. ^ 大井川マラソンコース(静岡県島田市)の、蓬莱橋付近に歌碑がある。ただし「真白にそ」の部分が「まし楼にそ」となっている。

出典

  1. ^ a b 鈴木真年『諸系譜』第二冊、山宿禰
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ - 山部神社・赤人寺 | 滋賀県観光情報[公式観光サイト]2018年10月08日 閲覧


「山部赤人」の続きの解説一覧



山部赤人と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山部赤人」の関連用語

山部赤人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山部赤人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山部赤人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS